2015_12
24
(Thu)02:00
ax-gara02  ax-gara03
HGガラッゾです。
2012年春ごろの作品になります。


求めたイメージは漠然と「天より降り来たる者」
稲妻、雲海・浮遊感。様々な宗教画に描かれた降臨者。
『ヱヴァ・破』のMk-6登場シーンのような感じ、といえば判りやすいかも。
00原作見てないのをいい事にw、自分なりの「美しい」ガラッゾに仕立てました。

ax-gara01

ax-gara7s


こちらパチ組み(取説より)
ax-gara60   ax-gara61

詳しくは続く↓
スポンサーサイト
2015_12
24
(Thu)01:59
2009_11
18
(Wed)22:41
AX-cam001   AX-cam002

旧キット・1/1200量産型ムサイです。
出来の良いキットゆえ、各部ディテアップを中心に仕上げました。

AX-cam011

AX-cam008

AX-cam009

AX-cam013


こちら、パチ組み。ケータイ写真しかなくてスイマセン
AX-cam038

工作・塗装など詳細は↓つづく
2009_11
09
(Mon)00:17
MGケンプファー・塗装&ディスプレイ編です。

ax-Kämp024

バーニィ
「…隊長!このように目立つ塗装をされては狙い撃ちです!!」
シュタイナー
「甘いなバーニィ。“迷彩塗装”の意味を習ってこなかったのか」
「…迷彩の意味、でありますか?」
ミーシャ
「木を隠すなら森の中。光を隠すなら、“光”の中ってな」
ガルシア
「ハハ、そいつはいい!」
…てな会話が交わされていたかどうか。

一応これでも大真面目に迷彩塗装、のつもりなのです



(モデラーズ・サミット時の説明文と重複しますが)
劇中、ケンプファーの出撃は12/22の夜だったそうです。
ということは(2009年現在の私達の常識で考えると)リボー・コロニーの
繁華街はクリスマスムード。まばゆいイルミネーションでいっぱいのはず。

ケンプファーがサイクロプス隊に支給された時点で
“夜間、賑やかな繁華街を急襲・コロニー防衛部隊の攪乱”が想定されてたとしたら…その舞台に見合った迷彩塗装が施されてた、としても不思議ではないのでは?

(=漆黒の塗装や通常の都市型迷彩では、クリスマスの街ではかえって
“浮く”)と考えました。

「アウトフォーカスライト(玉ボケ)」について
光をボンヤリしたボール状や・五角型や六角型にボカして見せる撮影テクのことです。
そのまま夜の街をキッチリ描き込んでも迷彩の意味が無い(光学迷彩じゃあるまいし)ので、この技法でボカシた夜景を塗装した、というわけです。
ちなみにボケ(Bokeh)はカメラ業界では全世界共通用語になってるそうで


ax-Kämp021

ax-Kämp020

ax-Kämp022

《素組み比較》
ax-Kämp089  ax-Kämp090


能書きは此処まで↓具体的にはつづく

2009_11
03
(Tue)22:01
MGケンプファーです。
2009年10月に行われた『モデラーズ・サミット』にて銀賞(2位・準優勝)をいただきました。
ありがとうございます。

ax-Kämp001   ax-Kämp002

《制作テーマ》
“ケンプファーを『クリスマスのイルミネーション瞬く夜の市街地を急襲』
という運用に特化した仕様&カラーリングに仕立て、
劇中のキャラクター性を工作&塗装の両面から強調してみました。
《工作》 
プロポーションを改修、美人バランスに。 武器(バズ・ショットガン)もスクラッチした上で・大気内・重力下での高速移動をイメージさせるような、エアロパーツ(ダクト・スポイラー・フィンetc,)でデコレート。
《塗装》 
都市型夜間迷彩…いわば夜景迷彩
いや、クリスマス仕様なので聖夜迷彩と呼ぶべきでしょうか。
アウトフォーカスライト(玉ボケ)という撮影テクによる写真をイメージソースに、イルミネーション光の滲む夜景を描き込んでみました。
一夜限りで虚しく散った“徒花(あだばな)”の煌びやかさが出てたらいいな、と思います”


以上がモデラーズ・サミット出品時の解説文です(一部修正・補筆)。
このような方向性で改修・制作しました。


ax-Kämp018

ax-Kämp019


《こちら・パチ組み》
ax-Kämp087  ax-Kämp088


長きに渡った制作。
詰め込んだ情報量も膨大なので、2部構成にしています。
まずは工作編から↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。