2006_12
25
(Mon)21:11
1/144・MS-06R1Aザク(黒い三連星仕様)をアップしました。
コチラhttp://ziggyf40.blog49.fc2.com/blog-entry-166.html

ax-06R-000

これは(ご存知の方が大半、でしょうが)n.blood氏主宰のコンペ
『もしもしMSV』にエントリーしているものです。
名だたる有名モデラーが参加・空前絶後のWebコンペです、是非ご覧下さい。またギャラリー構成も凝ってる!
http://nblood.jp/C_compe.html

さて、私の06Rに限っていうと~続く↓
スポンサーサイト
2006_10
30
(Mon)22:41
何だか大変なことになってますねぇ、高校生の単位履修不足。
今から補習授業を受けねばならない生徒さんはとんでもない被害者ですが~せめて受験くらいは真面目にやった子が損するよな・アンフェアなことは避けて欲しいですね。
*まぁ学習指導要領自体が「どーなんだかねぇ」な代物ではありますが、だからってそれを弄る裁量は校長には無いワケで

そんなことよりも、学校ってただ勉強だけを教えるとこじゃないハズ。
人生の苦難・岐路に立ち向かうに際し「ごまかし・ズルすりゃイイんだよ」と教えるよな教師…
教師がいじめをすれば生徒も見てる、インチキを指南すればまた~
大丈夫なんですかね。


完成、しましたRクン
msv090 mission completed!

先に完成させてる『もしもし』諸先輩方に倣い~白黒画像で公開。
まだ締め切りまで余裕があるので、いくつかミーティングに持って行き・いろいろ意見伺って・必要ならば修正などして本撮影・そして画像提出と参りたいと思います。

いやー大変でした。おそらく06R1-A勢では一番乗り?まぁ“露払い”程度は果たせますかと…
一人小さくバンザイ三唱です。

反省点も多く~続く↓
2006_10
28
(Sat)00:33
ツヤ消しクリアコート終了~
あとは組んでちょこちょこっと、なんですが残念ながら週末はいろいろ忙しくて…。
現状
msv089 バックパック
こんなん。
動力パイプ取り付けは「イーッ!」となりそうだなぁ。
来週中には完成させたいです。
来週といえばコジマ大隊長率いる『魁!コジマ塾』があるのだ。
それには間に合わせたいのぉ

実は前回~まず出鼻に「…ヤ、ヤバ(汗)」だったのは
“みなさんキチンとした工具箱持ってた”ことw
私? ZIGGY’s工具箱は「もみじまんじゅうの空箱」ですけど何かww
2006_10
25
(Wed)19:00
先週のニュースで「大英博物館の日本ギャラリーが新装」っての見ました。
様々な日本美術、大和絵・屏風・浮世絵・仏像などなどに混じって~なんとガンダムMk-2(!)のイラストが飾られてた。その他『鉄腕アトム』やコミック本など…これもまた立派な日本文化なんですね。
ヴィトンとのコラボで有名な村上隆氏の造ったフィギュア、ニューヨークで現代アートとして取引されたり。

日本人は何かにつけ「コレは芸術」「コレは玩具」と線引きをし、自分で自分のやってることを枠に抑え込んでしまってるのかもしれません。
(“定型”にハマってる自己に安心する人が多いのも日本人の特徴?w)

で~果たしてガンプラはアートなのか。
「アートなものもある」のだとしたら~自分のはどうなのか。
アートならイイのか。そもそもアートって何だ。
プラモがいつまでも「子供の趣味の延長」扱いされてるのはナゼなのか(不当だー)。
ひと昔前、「イイ大人がロック音楽なんて」と言われてたのと同じなのかな。今じゃ普通ですもんね。


そんなことを考えながらデカール貼ってます。
そだ、わずか1日で塗装が済んでしまったのは~まだ私の中で塗装が「ただの単純作業」でしかないからなんでしょね。ウマい人は塗装中もアタマ使ってんだろなぁ。

msv088 再びバラバラ

大判のデカールを貼ろうとしたらめっさシルバリングが激しい。
さては青炭色に使ったジャーマングレーの仕業だな。戦車モデラーの皆さんもデカールは貼るんだし、何で瓶塗料にツヤ消しがあるんだろ。
遺憾ながらいったんデカール剥がしてクリア吹き。
完成、もーちょいかかりそうです。

〈余談〉
大英博物館サン、それだけ現代美術飾るのにスペース割いてんなら~
円山応挙の『氷図』返してよー!
この絵、掛け値なしに「…カッコイイ!」(興味ある人はググってみてね)。
最近思う「リアルって何?」 
細密描写や本物ぽさだけがリアルなんじゃない、てのを思い知らされます。

こんなリアルさ、プラモで出せたらイイなぁ(チョー高望みw)

2006_10
23
(Mon)21:40
終わりましたねー、F1。トーゼン生放送で見守りましたよ。
「ミハエル・シューマッハーワンマンショー」
史上最強のチャンプは最強のまま・一人大暴れして周囲を蹴散らしなぎ倒し・グランプリを去った…とはいえ決勝序盤のバーストがなければ10番手から逆転勝利・もし予選の燃圧トラブルがなかったらアロンソすら周回遅れにしかねない凄まじいラストランになってたかと思うと…複雑。

これを
「10年かけて完全無欠のチームを創り上げた最後の最後にトラブルが集中、なんと残酷な」と見るか・
「タイトルは鈴鹿で決してたのだから・退屈独走でなく魅せるレースをしろってお告げ、本人も楽しめたんじゃないか」と見るか。
一度しかないからラストラン、圧勝or大バトル~両方は選べないんだなぁ。
いずれにせよ昔は“雨用セッティングしたら雨が降る”よな神通力の持ち主だったミハエルが~終盤2戦で運気から逃げられているのは見てて辛かったです。

それにしてもあの速さ・切れ味。改めて「辞めることないじゃん」w。
あの才能が見納めなんて~惜しい。惜しすぎる。
まぁあれほどワーカホリックな人(走ってないと死ぬ系…アラレちゃんのオートバイ小僧のよな)もいないから~このまま隠居の余生送るワケねぇ。
そんなことを思うとまだまだ「ありがとう、さよならミハエル」なんて言う気になれない私です。

なんだかちっとも負けた気がしないブラジルGPでした。

*とか思ったら早々にDTMアウディから復帰バナシが出てるそでw
どーせならアルファかマセラティで戦って欲しいよね、ミカvsミハエル再び!

06R、電光石火の塗装完了
msv087 色が付いたよ

↓続く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。