2006_02
17
(Fri)18:45
「ZIGGYは技自体はそんなに特筆すべきものはナイ」
自分で口酸っぱくして言ってきましたが~あえて言えば今日のは難しいですよ。
昨日“パーツ上にテンプレを作る感覚で”やった「薄彫り」。続いてはそれをガイドにし、ある程度まで彫る「浅彫り」です。

ナイフの刃の側を使います。su011
刃をパーツに平行に当て、力は前方向に。薄彫りの線をなぞるように、切っ先で押し割るというか切り開いてゆく感覚。でも力の入れすぎには注意。押し開いて→引く時にならす。この繰り返し。一辺ずつ。

では、ZIGGY流スジ彫りで一番大事なこと言いますよ。
『恐れるなオーバーラン!』(別名・佐藤琢磨方式)。
要するにですね、「カドがはみ出したらマズい」と怖がって彫るから直線がヨレる・ズレる・カドが丸まるなどの原因になるのです。オーバーランしたら埋めればイイんです。
ヨレ・ズレ・丸まりの修正は意外と難しいものです。だったらオーバーラン覚悟で・でも線自体はピシッと彫り→その上で修正した方がよっぽど速い&正確。
彫って&埋めるまでをひっくるめてスジ彫り作業、と考えています。

↓ホントに大丈夫かよ続く
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。