2006_04
29
(Sat)22:14
未だモデグラ今月号と出会ってませんZIGGYです。

ガン王の話題(不満?)渦巻いてますね。
現物を目にしてない我々が順位を云々するのはアンフェアというものでしょうが、やはりあの「ぞんざいな扱い」は大いに怒って然るべきですよね。
takayo4さんをして「しばし燃え尽きた」と言わしめた力作(香港・台湾代表さんも同じく、でしょう)をあんな紙面で片付けるとは…釈然としませんね。
それにしても“takayo4さんが大賞じゃない”って結果を自分が負けたかのごとく感じてはる方の多いこと!これが日本代表の重みか…想像を絶するものなんだろなぁ。
ディアス。
Dias030

「しんどくなったら顔をやれ」の格言に従い(そんなのあったっけ)、モノアイを交換。
奥にはナゾの金属パーツが光る。
顔がキマるとモチベ上がってきますね。十字線etc,はまた次に疲れたときの楽しみに。

ディテアッププランは固まりつつあります。実質作業は全く未着手。
すなわち「パネルラインなど考える」だけで1週間はかかってた計算。
ま、いつものことです。

モデグラの嶋村ディアスをベースに、「あんだけ航空機デカール揃えたらタイヘンよ」とデカールチューンをパネルラインに置き換える方向で。
ここは一つの挑戦です。面白いモチーフも投入してみます。

連休中にどこまで行けるか。ちと静かに集中します
→早々に十字線彫ってたりして(笑)

*スイマセン、スジ彫りの発想について少し書こうと思ってたんですが、どーも文章が上手くまとまらなくて…また書きます。
自分の文章を中途半端な形で出したくはないんでー

スポンサーサイト
2006_04
27
(Thu)19:05
プロフィール欄に画像を加えました。写真自体はブログ立ち上げ初日に出したものです。
(確かJ-PEIさんだったと記憶してます)立ち上げ時に「ZIGGYさんブログ始めたよ。美麗キュベがお出迎えしてくてるよ」と宣伝してもらったのがずっとアタマに残ってたんですよね。
「それってイイなぁ」「でも更新のたびに順送りで見れなくなってまうなぁ」と。
昨日何気に管理者ページいじってて→「あ、コレだ」。

「百鬼キュベレイ、アップ秒読みか?」とご期待頂いた方スイマセン。
いつまでも“ネットモデラーの祭典の優勝作品がネットで見れない”なんて異常事態を続けはしませんから、しばしお待ちを(ちょい事情がありまして…急がんでイイですよRYUさん。メールは行ってます?)。
今日、ZIGGYも本屋へ。電ホ・ガン王確認してきました。
確かに順位云々以前に「扱いの小ささ」に不満。3者3様の「渾身」が…アレですか?
順位は時の運・採点者の求める方向性・恣意性などあって水物、当てにならんです。
しかしアナタ達が設定した場に真剣に臨んだ者にあの扱いはねぇだろ。
読者は結果以上に入魂の作品そのものを見たいのに。

首傾げつつ~F1速報持ってレジへ。件の「カワイー」娘が前のお客さんの精算終わるときに横の「デビュー直後のアジカン後藤みたい」な店員(♀)突如立ち上がって「こちらへどーぞ」
…一体何の嫌がらせよ(笑&怒)

お声かけよっと思ってたらtakayo4さん、ヘイズルをアップして下さってますね!http://takayo4.nce.buttobi.net/食い入るよに見たいと思います…すっげ。

ディアス。
相変わらずあーでもないこーでもないと苦戦してます。最難関がスネ装甲の前後割りライン。中央からパカッと割れた分割線には色気も味気もありゃしない。
いくらリズミカルなパネルラインを考えても→あそこで流れが分断されてしまいます。

だからってずっと「考え中」も申し訳ないんで、少し手を動かした箇所を。煮詰まったときはアタマだけで考えてもダメ。やれるとこをやる→そこから答えが出てくることもあるって。
Dias027

後頭部、エリっぽい箇所。厚み部分にスジ彫り。

Dias028   Dias029 こちら素組み

こちらも同様。お尻のバーニヤ。えらいブ厚いなぁ。
うすうすオフェンシヴかけよーと思ったのですが、この方が情報量増しますね。
ここから「うすうす」してもイイかもしれません。
*最初この箱バーニヤ「おいおい、スカートと合ってねぇぞ」と曲げようとしたのですが、コレで設定通りなんですね(笑)。つくづく面白い造形のMS。
しかしこうして見るとコーン型バーニヤがチャチいなぁ(嘆)。
内側はジオングみたく多層構造すりゃイイんですが、外面はなんともしがたいです。

ま、こんなとこで。
「スジ彫りばっかクローズアップして見ないでよー」「もっと“総合力”で魅せられるモデラーになりたいよー」言うといてそのスパイラルに自分でハマり込んでる気がぁー(汗)。

2006_04
25
(Tue)17:56
サンマリノGP。いろいろウラはありそうですが面白いレースでしたね。
ともかくミハエルを「もう遅い」「衰えた」とか言ってた一部のF1記者の妄言は消し飛んだ。それが気持ちいい。
*私は未だ、ミハエルはアロンソやライコネンより1次元上のドライバーだと思ってるのだ
辞めるかどうかは彼の自由ですが、それを煽っといて→いなくなってから懐かしむよな記事を並べる連中はもうたくさん。

レース報道についてもうひとつ。「日本でやるときだけ放送して人気出ると思うなよ日テレ」。
インディですよ。毎度のことながら酷いですね。
その放送自体も芸能人並べてバカ騒ぎ、真剣に戦ってるレーサー・チームに失礼。
その点(いろいろ問題は多いですが)少なくとも全戦放送してるフジは最低限の仕事はしてます。
さてリックディアス。
2~3日あいちゃいましたね、「プラモ制作記」なんで→進んでなければ更新のしようがない。

ディアスのスジ彫りを含めたディテアップ。
シャーペンと消しゴム片手にあーだこーだ、苦戦してます。
まぁディアスに限ったことじゃなく、毎回こんなもんです。
「公開でプラモを作ってる」「多くの方が毎日見に来てくださってる」のは判ってんですが、急がず慌てず・以前どおりのペースでやってます。
ここで手を抜いて徒に完成を急ぐことは、結果的に期待を裏切る&それ以上に自分にウソをつく行為かと。
…しっかし見れば見るほど嶋村さんディアスが「正解」に見えてきて抜け出せなくなってくるなぁ。
こういう“唯一無二の正解にハマって袋小路”っての一番嫌い…なんですがアレはスゴイや。

そんな中考えてること。「ディアスに似合うスジ彫り&ディテ」とは。
ディアスは1年戦争で言えばゲルググ・ドム的位置づけかな。
決してGMやザクじゃない。かといってガンダムでもない。
ある程度の量産性・汎用性を確保しつつ&そこそこスペシャル。
例えばアナハイムで製造されたディアスが地球に降下→地上でカラバが(同じ設計図を元に)修理パーツを用意してて、それがピタッと合わなきゃならんワケですわ。
キュベレイやTHE-Oみたいな複雑怪奇な超ワンオフ機と同じ発想でディテアップしてたらプップクプー(n.blood語録より。「チッチキチー」同様意味はよく判らんですが下位概念らしい、笑)。

ですんで「ある程度のシンプルさ」と「ある程度のスペシャルさ」を天秤にかけてやってます。
*あ、そーだn.bloodさん。ずいぶん前から何気に「ディアスとアルファ75って似てるよなぁ」とか思ってた私って…感染してます??
同時に「シトロエンBXにも似てるかも」。赤車と青車の合併症を起こしてる模様。

そだそだ、40000ヒットありがとうございます!
引き続き頑張りまっす。
2006_04
22
(Sat)02:32
珍しく夜中更新です。
ちょい週末バタバタしそうで、更新できないかもしんないので。

皆さん、ご主人様が育児に関してウルッとバナシをしてる間に→
何でもメロンパン入れにしちゃう謎の召使い“セバスチャン”にご用心。
召使い…メイドカフェみたいなもんなのかな。
「お帰りなさいませ、ハヂーメ様」(笑)
さて、ディアス以外にも少々やること多くて参ってます。が、チビチビやってます。
ディアス特有の太もも。変わったデザインですよね。
サイドの排気ダクト(?)、またも嶋村ディアスに挑戦。彫り込みます。
Dias025   Dias026 こちら、素組み

立体感アーップ!!
…したと思うのだが。ま、塗り分け時にその答えは出るでしょう。

脚・スカートのスソ同様、方法としては
①キットに元からあるスジ彫りをカルコで深く
②その線に沿って彫刻刀(平刀)で彫る
③ヤスリ・ナイフ(カンナがけ)でならす
④それでもキレイにしきれない箇所は、タミヤ流しこみセメントをサッと塗る
…こんな手順。
①が本当に面倒ですが、コレをしてるか否かで仕上がりの差は決定的です。後で直すのは大変!急がば回れ、面倒がらずにやりましょう。

現在、リックディアスのスジ彫りプランを考え中。
いろいろ「コレいけるんちゃうん」てなモチーフあったのですが、当てはめてみると結構…苦戦中。
そんなこんなで更新遅れるかもしんないですがスマンです。頑張ってます。

そうそう、百鬼キュベだってそろそろアップしないとね。
アレで私は世に出たんだもん、このままではZIGGYの存在理由が…(汗)
楽しみにしてくれてる方も多い→と思いたい(笑)
2006_04
20
(Thu)18:44
いつまでも暖かくなりきらんですねぇー

nishiさんのセンチザクがアップですね。http://www.geocities.jp/nishizx7r/index.html
どこまでもひたすら丁寧な作りこみ。改パ&元キット&自作改修箇所を「何の違和感もなく」「なおかつnishiテイストの下にまとめ上げる」技…そして普通に早い!
ああいった「一見サラッと」な作品ほど学ぶとこ多いんですよね。何か一つの技で目立つのではなく、総合力の高さで「何気なく」見せる。ZIGGYの最も目指すところでありますハイ。
それに比べなんて遅いんだかなぁ我がディアス。やはり「にらめっこタイム」の長さが最大のネックかと。
最初の頃言ってて→「もう結論出たんでオーケー」言うてた“ウ○コ座り”、こんなカンジで。
もうコレ以上は無理です(大改修or固定ポーズになる)、ご勘弁下さい…。
Dias022   Dias023 こちら素組み…じゃない。Fスカート外した反則技(爆)
自分では「いいんじゃない?」と思ってます。もともとこのポーズするにはもも・スネが長すぎますわ(これ以上腰を落とすと後ろにコケる)。
フロントスカートを外さず前かがみ出来るよに改修。そして何よりバズの延長を利用!
ジオングのときもスミ入れで使った技なんですが、「造形が限界に突き当たったら→見る人の目線をコントロールすればいい」手法です。
両脚の間の△エリアに何もないから空疎感・腰高感→そこに砲身を下ろすことで目線を下へ誘導するワケで。*実際、劇中ではマズルが地面スレスレまで来てます
見る人の立場になって考えたら「どこをイジればごまかせるか」が見えてくると思ってます。だまし絵の手法かな…姑息?
Dias024 「…こんなものか」

ある意味、素立ち以上に「ディアスらしい」ポーズですね。
2006_04
19
(Wed)18:24
『燃やせ!』に出没する“セバスチャン”って誰。
ハヂーメ師に次ぐ第三の人格かな。

MGギャンってサーベル光るんですね。どういう経路で電源取るんでしょか。
MG-Gyan
久々にマ様フィギュア付属か…微妙。どーせなら北宋の壺がよかったな。しかしギャン自体はカッコイイなぁ~…イカンイカン。
さてと、浅い&太いキットのスジ彫りを直してます。
スネ・尻スカート装甲の断面、多重装甲ディテ。気持ちは判るのですが、いかんせんキット状態だとおそらくスミ入れもままなりません。
嶋村さん風に深く彫り込んで・段差も強調してやろうとしたのですが→結局コレだけで一晩かかっちゃいました(笑)…以前も言いましたが「モデグラ恐るべし」。
Dias020   Dias021 こちら、素組み

効果のほどは…微妙ですね。塗り分けしたら映えると信じましょう。

<私信1>
RYUさん、お誕生日おめでとうございます。
プレゼントに…もうすぐ宿題送ります(笑)。塗り絵が最終選考段階。
作るより選ぶほうが難しいもんです。

<私信2>
yumoさん、BBS見たよ!なーに自分のこと棚に上げて私だけ「狼」扱いしてんすか(笑)。
yumoさんだって立派な狼…いや、「狼の皮をかぶった怪物」ですよん。
でもあのn.bloodさん(!)が私のTHE-O見てくれてたってのはウレシかったなぁ~。このお方はまた「狼の皮をかぶった神」ですもんね…くわばらくわばら
2006_04
17
(Mon)18:23
野球って好きでも嫌いでもないんだけど、野球中継が嫌い。
いつまであんな斜陽のスポーツ中継で後の番組見てる視聴者に迷惑かけ続けるんだろう。当然のように延長し・押して悪びれもしない。
せめて後の番組開始時に両チームの監督・主審・中継のディレクターが出てきて「チンタラ試合やって申し訳ありませんでした」とアタマ下げなさいって。そんなことを思う毎年。
更に閉口するのがMaさんとこでも出てるけど、オク関連の詐欺。
被害者の怒りは当然。同時にガンプラ作る側目線でも「自分は何の努力・創作もせず、ウマい人を選んでタダ乗りしてる」姑息さに「連中は恥ってもんを知らんのかね」と思います。
『表現とは身を削ることなり』。美学も機知も無い犯罪が増えましたね。気をつけましょう。
以前keitaさんとこにも書いたことですが、堀江さんが「人の心は金で買える」と言い放ったのも、逆説的に言えば「金で心を買われるような人が増えた」ってことなんでしょう。

さてと、ディアス。週末は忙しくってあんまし進みませんでした。
バズの大型化、皆さんから賛同いただけてうれしいです。
作業自体は(良く削れる金ヤスリさえあれば)それほど難しくはないです。ので是非参考にしてみて下さい…ご親切にバンダイさんも「ほら、幅増ししやすかろう」とモナカ割りしてくれてますし(笑…そろそろ何とかしてよ!)。

Dias019   Dias001 全身・素組みとのバランス比較

全パーツのヒケ・反りを消し、プロポ改修もほぼ終わり。やっとこさ素地が出来上がった、てなとこでしょうか。「キットのマイナス面を消す」前半を終えて中盤戦、ここがスタートライン。
ディテールアップに移りましょう。ここから華麗なZIGGYスジ彫りショー開始!!…といけばそんな楽なことはない(笑)。地味にやってきます。

それにしても前にも言いましたがポリキャップ固すぎ。バラすたびにどっかピン折ったり壊してる気がします(汗)。
完成する頃には満身創痍、自立出来ないかも…バズが松葉杖になってたらゴメンナサイ
2006_04
15
(Sat)18:50
うわー近所のキッズランドでゼータVer.2が半額切ってるぅ~(30個限定)
いやいや、ここはグッとこらえて。どーせディアスetc,片付けた頃にはもっといいキット出てるって。私は在庫に埋もれて暮らさないぞ。
個人的にはnishiさんので勝手に作った気になってるし(タダ乗り)。

MaさんのガザCがアップ!http://www.geocities.jp/polo6njp/newpage6.htm
早ぇなぁ~月刊どころか『週刊Ma』の亜光速キットレビュー。北海道の模型屋さんには“表面処理・サフ済み”キットでも売ってんでしょう。
しかしあのMS、いつ見ても“蟲人間”ぽい(笑)。映画『ハエ男の恐怖』で合成されちゃった哀れな天才科学者を思い出します。すごいデザイン。
Maさん、来週号も楽しみです。

一方、我がチンタラ・ディアス。
Dias014
バズが大きくなりました。
縦方向にも2ミリ強アップ。マズルは新造、少し斜角をつけます(これも含めて結果的には35ミリほど長く)。砲身下のパイプ等はこれから。ディテアップ時に「本体との統一感」を考えながら。
1/100だから現物でいうと3.5メートルものバランス変更…
長すぎ?どーかな、持たせてみましょ
↓続く
2006_04
14
(Fri)18:38
『ごっつ』見て育った世代にはイマイチ篠原涼子が“カッコよく年を重ねた大人のオンナ”キャラって言われてもピンと来ねぇんだよなぁー
さて、わざわざ私まで触れなくってもみんな見たよね、ゲソ。
語るに及ばず。「バカバカしさもそれを全面に押し出し・渾身の力で貫徹すればカッコよくなる」って見本ですね。てゆっかフツーにかっこいいんだもん。

少しディアスに疲れてきてたんですが、元気もらいました。
あの楽しさこそガンプラ!(ガンプラ?)ZIGGYはいささか忘れておりました~再開!
そこでふと思う。「あんなの先に出されてコジマ大隊長タイヘンだぞ」
→「…あれ!?たしか大隊長、自分もディアスやってるって…でもディアスじゃないって…」
→「…ディアス改造、シュツルム・ゲソ?」(笑)
関西人のAAP(アホ・アホ・パワー)見せたって下さい。

さて私のサクット・ディアス。
最大の難所・クレイバズです。どこがバズだ。
ここだけ「サクッとゾーン」逸脱。“バズさえ大きくすればドッシリして見える”のならむしろここは「最小限の改修で最大の効果」を出せる、オイシイ箇所と言えるのかも。

まずはグリップとフックを切り離し、砲身をカット。実に30ミリの延長を行います。今まで多くの幅増し・延長やってきましたが30ミリというのは過去最大。
Dias012

普通は2箇所ほどでカットし、全体のバランスを崩さないよに延長するんですが今回は砲身のみ。劇中でもこんなカンジでしたから。
ドダイからアムロ、7年ぶりの撃墜。「当たった!」「…まぐれだ!!」のシーン。
*それにグリップ以降(銃床)を延ばすと、先述の「バインダーとの干渉」が余計ヒドくなるんで

お次は横幅。ショートでもバズってあるけど薄いバズは無い。ごっつくします。
Dias013

幅は2.4ミリ。
銃床をいったんカットしたのは、ヤスリがけをしやすくする為、というのもありますが→どっちみち次の作業で切らんとイカンのですよ。
これによりマガジン脱着ギミックが死んじゃいますけど気にしな~い。
途中から実体弾(炸薬兵器)なんだかビーム兵器なんだかワケ判んなくなりますからね、コレ(笑)

昨日はここまで。結局1日では終わりませんでした。粉まみれです。
次回は高さを増し~各パーツも大型化&新造。バズの形に戻してやります。ドカーン!
2006_04
13
(Thu)17:45
整面・整面。そして現状。
Dias011

何だかんだでドッシリ感出てきましたね。
先述の嶋村さんのディアスは胸を「上方向」へ上げてましたが、ZIGGYは「前へ」出すことに。

見ての通りエッジ立て・C面加工・うすうすオフェンシヴはまだやっとりません(胸もトンガリすぎ)。この辺は表面ディテールの際に。
「重MSだけどデブじゃない」ディアス、ここの薄さ・シャープさでその印象をコントロール出来るかな。

とにかく今は「面の精度」に集中。
実は今回から初めて「やすりほう台」使ってます。重宝しますね。

それにしても(巡回サイトの進行具合見ると)手が入ってねぇなぁ~我がディアス君。
ま、改修量を争うもんじゃありません。いいキットはその良さを生かしてかないと。

そんな中ですが今日は最大の改修ポイントに移ります。一気にやりたいけど…できるかなぁ。
パテとプラの粉まみれになること必至。頑張ります。
2006_04
12
(Wed)18:11
「Powerd by yumo」。
カウンター回る回る。yumoさんどーもありがとデス~わざわざご秘蔵のTHE-O Ver,yuまで引っ張り出して下さって(笑→http://www.geocities.jp/a2crafts/index.html BBS参照)。
で、今日のタイトルはTHE-Oとは無関係。
確か最近、どこかのサイトで完璧に仕上げられたシュツルム・ディアス(MGディアス改造)を見たんですよ…どーこだっけなぁ。
いやね、別にシュツルム作るゾなんてご乱心!起こしちゃいないんですが、アレってもともと“クワトロ用ディアス”として後から起こされた画をリファインしたものだって言うじゃないですか。だからその「記号」を見比べたいなぁって…
→探してるものに限って見つからないのか・見つからないから探してるんでそう思えるのか。
こんなのに限って完成後にポンと行けたりするんですよね。

ディアス、整面が終わりません。改めてMGってタイヘン。
特に苦手な「平面の集合体」MS、腕を磨くには最適かと。

比較的簡単に重MSぽさを出す工作。
Dias008  Dias010

左が改修後…ったって見たまんまか。
(カトキ画稿を参考に)ひざアーマーを大きくし、ここの空疎感を無くします。合わせてノズルも台形に削る。
キュベで散々苦労して、ちょっとエポパテ拒絶反応だったんですが~やはり便利は便利ね。

今日の疑問①
Dias009

足。机が汚くてスイマセン。赤丸で囲ったダボ穴…「受けるピンが無ぇ!?」(笑)。
バンダイさんでもこんなこともあるんですね。

疑問②
どーもカトキ画稿と顔が違うなぁと思ってたら→頭部カバー(ファランクス)の開くラインが全然違うでやんの!!
とはいえ劇中設定に近いのはむしろキットの方。ZIGGYは別に『絶対カトキ教信者』ではないので
「…ま、いっかぁ」
最終的にカッコよくなりゃ何でもアリです。
2006_04
10
(Mon)17:27
黄砂、凄かったですね。塗装中の皆さんご苦労様でした。今日明日の雨で少しマシになるといいな…って雨だとまた塗装できないのか。ご苦労様です。
昔、学校の机に黄色い粉が降ってて「黄砂やー!」言うてたら→前で掃除係が黒板拭いてただけでした。
昨日のkeitaさんのブログは大変に伝わるのものの多い文章でしたね。
質問する行為への賛否云々以上に、「改修」の本質的意義に感銘受けました。
大切なのは「どれだけやったか」ではなく「何を・何のためにやったか」。
keitaさん作品のクオリティは「明確なビジョンを持った取り組み」の産物。

「質問」に関しては…以前、弓道とアーチェリーの違いを聞いたことがあります。
いかに「簡単に当たるよに」作られたアーチェリーの弓と較べ、弓道のそれは「当たりにくいように」作られているそうです。ナゼか。
弓道・剣道・柔道から書道・華道・茶道まで。この「道」って何かご存知ですか?
この「道」とは神社の参道のことなんだそうです。
森(=杜)の入り口にある鳥居をくぐり、自らの足で山を分け入って奥へ奥へ~本殿を参る。
“神に参る行為“とは「終着点で拝礼すること」ではなく、その「分け入ってゆく過程」なのだ、と。
だから本殿はあえて簡単に参れない山奥に造られている。
弓道とは“何点とったかゲーム”以上に「弓と対話しつつ自らを磨いてゆく過程」なんですよ。

質問をして~自販機のよにポンと答えをもらう。それは本殿の前にヘリで降ろしてもらうよなもの。そんな答えよりも、自分で求め・分け入る行為の方が自らの研鑽のためになる気がします。
その「道」には唯一無二の正解など無く、全て違う。
keitaさんを筆頭とする超絶モデラーさんもそうしてこられたんでしょうし、だから出来るのは「答えの提供」ではなく「ヒントを示す」こと。
そんなことを感じました。ZIGGYも画面から精一杯学び取っていきたいと思います。
ハイ!30000ヒット御礼企画、ギャラリーをアップしました。
ジオングに続く2作目はHGUC・THE-Oです。
theo014

これはキュベレイを出品した百鬼2ndに脇役として連れてったものなんですが、会場では“主役を食わんばかりの?“人気。「THE-Oってエラい人気あるんだなぁ」と初めて知りました。
*それまではあまり好きでもなかったし・大して思い入れもなかったり(笑、爆弾発言)

斉ちゃんHP『Z祭り』http://www.geocities.jp/daiku8080/
でご覧になった方も多いかと思われますので、全て新規撮り直しショット。
似たポージングが多いのは…お許しを。決して「駆け込みで作ったのでアラが多く、それを隠してる」のではナイナイ(汗)。
またご感想・ご意見などありましたらお寄せ下さい。

〈ディアス〉
出来のいいキットは一箇所イジると辻褄合わせにまたイジる箇所が出てきて~
ウ~ン、誰か「サクッと」なんて言ってましたっけ((笑))
2006_04
10
(Mon)17:22
ギャラリー2作目はHGUC・THE-Oです。
少々時間軸が戻りますがご勘弁を。
theo001

◆テーマ
求めたイメージは「小林版画稿+清王朝の皇帝+さるかに合戦のウス」!地面に落ちたらズーン!!って地響きしそうな黄色い塊。
世俗での生き方を忘れた「歪んだ天才」シロッコの内面が物質化されたかのような、人型を逸脱したMS。
(劇中のフォルムから大ズレしない範囲で)いかにすればその “異様さ・曲々しさ”を強調・演出できるかに腐心しました。
いつもは『リズムと統一感』を掲げるディテアップも「あえて調和を崩し・不協和音を奏でる」ような方向で。“芸術的”というより“狂気の沙汰”を目指してGo!

ax-theo029

ax-theo030


こちら、素組みとの比較(インスト写真引用)
theo002   theo016 正面


theo004   theo017 背面


theo005   theo018 上半身


theo006   theo019 下半身


↓制作記・詳細写真はコチラ。ちょっと長いヨ
2006_04
08
(Sat)23:37
…Maさんは一体何を作る気なんだ。

さっきまでWOWOWでZ劇場版(Ⅰ)を見てました。去年映画館で観たっきりだから9ヶ月ぶり。
あ、そういや言うの忘れてたけどZIGGYも先日行きました、Ⅲ(遅!!)。
3部作の中では一番面白かったんじゃないですか。
まぁ「ずーーーっっっと戦闘」だった気もしますが。
一緒に行ったのはガンダム全く知らない娘。それで3部作付き合わせた(笑)んですが、それでも十分面白かったと言ってたんで→我々はやれハショりすぎだ・あんな濃密なストーリーを詰め込むなんて無理だとか言いますが、アレはアレで出来のいい映画だったってことなんでしょう。
個人的には3部作を観て世の矛盾・混迷を知り、政治家になろうって子供がいたらいいな、なんて思いました。富野も言ってましたね、「自分がアレだけ作品作ってきて、いま改憲論が大手を振ってるのが信じられない」と。
そーだ、パネルラインも眼も無いキュベに一人勝手に「…何か違和感」感じてたり(笑)

ジオングは無事に依頼者サンの元に届きました。スッゲー喜んでくれてて何よりです。やっぱ本人のリアクションは報われますね。
写メ届きましたZe086

左は去年作ってやったガンダム。故郷を遠く離れて再会、か。
クソ、あの女め。あれほど“カトキ立ち”を教えたのに実践してねぇ(笑)。

ディアス。
私が参考にしてるディアス作ったMaさんも(おそらく)参考にしたであろうモデグラ・嶋村豊輝さんのディアス。あれ、最小限の改修でサラッと作ってるよに見せといて→見れば見るほど「とんでも作品」だわ。どこがキットレビューじゃ!スネのフレア断面とかハンパじゃねぇ。
いつも雑誌作例には「影響されすぎないよーに」と気を付けてるんですが、アレを突き抜けるのは容易じゃないですね。完コピすら出来る気がしない。“サクッとゾーン”ってナニよ。

*30000ヒット、サンクスです。
theo000

御礼につき次回、アップします。「賢しいだけの子供が何を言う!」
現物ご覧になった方も・まだの方もご期待下さい。
2006_04
07
(Fri)18:57
実は最近眼の調子が悪い。「使いすぎ」ではなく、単にコンタクトが合ってないだけなんですけど。しばらくメガネ暮らしだったんだが~どーも邪魔になってイカンので眼科へ。
視力検査中、「輪の切れ目は?」と聞かれ「丸や」と言い張る横のオバチャン。「眼科の前に行くとこあるやろ」と内心ツッコむ。
さーてディアス。
予想はしてたのですが整面に時間かかるなぁ。
皆さん、「ウ○コ座り」の件は忘れてください(爆)。
いえいえ放棄じゃなく、結論出ました。その気になれば過去記事自体を削除!「なんのことー?」てなオトボケやってみたり。

それより大事な素立ちバランス。ひとつのポージングに気を取られてここをおろそかにするのはおバカちゃんです。
でですね、永野MSの考察・イラストで有名な某サイトで「ディアスのサイドビューはキュベレイに似てる」との記述を見たのですが…ゼータ登場中、無骨と流麗の両極に位置するよなMS。
果たして?
Dias007

うんうん、胸の張り出し・「胸~腹部~腰」の構成・ヒザからつま先までの広がり。同じ源から全く違った方向へ進化した生物のようなもの、と考えていいかもですね。
その「進化の方向」を見誤らなければ似て非なる・どこか同じ臭いのするディアスが見えてくるかも。
2006_04
06
(Thu)18:12
ぉお、takayo4さんとこでGM寒冷地仕様がアップ!
http://takayo4.nce.buttobi.net/勝手に宣伝スイマセン
相変わらずの「アラ・スキ皆無」。
ホント、あの神の手を私のとコンバートしたい…(かなりタチの悪い“ニコイチ”になりそー笑)。

春はお別れの季節。
本日、ジオング発送してきました(まだやったんかいぃ!!)。
すぐズレるフェイスの固定・腕のラピーの剥がれ防止・梱包などに時間かかってまして。
女性だから壊れたの直せない!とは思いませんが、何せ組み付けがかなりシビアでしたので…私のせいか。
お別れの瞬間は淋しいけど、見ず知らずの人に渡すワケやなし。彼女とは長い付き合い(おそらく今後も)なんでまた会えるでしょう。元気でな、ジオング。
*実はコレ、塗創館さんのM-1出られないかなと思ってたら→公開済み作品アウトだったのね知らなかった(涙)

フッ切ってディアス。あんまし進んでません。
サボッてたのではなく、得意の「にらめっこモデリング」。
→ウ○コ座りに関しては~昨日くらいでOKでは?実は昨日のですらフロントアーマーを外してました(捏造~!)。
やはり作画系のアニメではカット毎に微妙に四肢のバランス・角度変えてますって。むしろ変えないとダメ。CG映画のメカがいまいち動きにダイナミックさを欠くのはそこに縛られてるためだと思う。

どーしても完璧にしたかったら…「ジャーン!私も素立ちとウ○コ座り、2形態作ってましたー」ってやるしかない、ですよね?ね?(笑)

まぁフロントアーマーを外さずに屈める手法を考えます…アレ?ここって「サクッとゾーン」の外?
2006_04
05
(Wed)21:28
「やってみてから言え!!」(byジェリド)のセリフが浮かぶような昨晩。

「ディアスといえばグリプス潜入の際のウ○コ座り」なんて軽口叩いてみたら→ぐっちMAXさんのご指摘通り「アリャ、できねぇ」(汗)
Dias006「…やってみるさ!」(シャア)

今は(反則技使って)これが精一杯。やろうと思えば大改修ですね。
「男らしく」パッと見切りつけるか・「男に二言はねぇ」と吐き捨てて心中するか。どっちにせよ男って損な役回り(笑)。
こうして見るとMGディアス、このポーズするには足長&腰高すぎですわ。
でもそのためだけに脚切って→せっかくの美しい素立ちバランスを崩すのも本末転倒。
ま、落としどころを探りながらの改修になりそうです。

こちら、昨晩の成果。
Dias005

特に目新しいことはやってません。スネ装甲のライン変更・肩が後ろに反る&アゴが埋まるよに改修…もとよりディアスにアゴなんぞあるのか。

全身の「カタマリ」感が増すにつれ、バズの貧相さが顕著ですね。
そーそー、しんしんサンが日記で触れておられるよにサーベルも短いですね~最近。
特にボディから広がる形状の付加物の付いたMS(キュベのバインダー・ゼータのフライングアーマー+スタビなど)。サーベルの尺よりその付加物の方が長かったりすると→ポージング時の“(仮想上の)間合い”がオカシくなります。

「小顔」「武器大きく」「サーベル長く」「下半身大きく」
…いつか皆さん連名でバンダイに要望書出します?(ヤな客だこと)
2006_04
04
(Tue)21:27
ピンバイス壊れたぁー。
ネジ山が切れたようです。通算2本目。
仕方ない、新調し&壊れたのには使用頻度の高い刃を入れて→ガチガチに接着しましょう。
「こうして壊れてゆくごとに刃の交換の手間が省けてゆく、よかったよかった」と考えるしかない(凹)。

さてディアス。多くの方からコメント頂き「やっぱ時代はゼータね」と実感です。
どこまでを“サクッ”ゾーンとするかはよく判らんですが、とりあえず股間軸の移動&幅増し。
完全なMaさんの受け売り(許)。
Dias004

相当の負荷がかかる箇所ですんで、中心軸をズラした位置、斜めにシンチュウ線を2本入れてます。

股間軸を前方に移動すればS字立ちが出来る、か…さすが「巣立ちの鬼」Maさん。
それに加えヒザ周辺の内外装を削り「ヒザが逆に反る」方向の改修もしてみた…んですが、効果は希薄だなぁ(笑)。時間対効果という意味ではイマイチの改修だったようです。早くも「サクッとゾーン」逸脱。

こちら、改修後。写真が暗くてスイマセン。
少し「ドシーン」感が増したでしょうか。
Dias003


このキットって↓続く
2006_04
03
(Mon)17:16
オーストラリアGP。
なんとZIGGYの住んでること超大雨で→5分ほどスカパーが「受信できません」てな事態に…ナメた真似を。
『セイフティ(マージン)カー』:4回も出動したセイフティカーのことではなく→アロンソに大逃げを打つセイフティマージンを与えたミッドランド勢のこと。ヤツらはルールを知らんのでしょうか、アロンソ加速中に減速してキミを抑え込むバカがあるか。
おかげでアロンソvsライコネンの大バトルを奪われた世界中のF1ファン。結構アタマきました。
熱しにくく冷えやすいホンダのタイヤ。熱が入るまでいいように抜かれてくバトンを見るのは悔しいものです。
そしてミハエル…あんな凡ミスする人じゃないのに。今まで彼の引退説を一笑に付してきたZIGGYですが、一瞬マジで心配になりました。
さーてプラモプラモ。ぼちぼち次のん始めましょう。

次回作はこちら。
赤ディアス!
Dias001   Dias002

「クワトロ大尉が一機落としたって!?凄いな…」(カミーユ)
「大気圏突入だ!いい加減にしろ、エマ!!」(シャア)
「デカいだけで勝てると思うな!」(ロベルト)
「…人の善意を無視する奴は、一生苦しむぞ!」(アムロ)
「これが戦争だろうが!」(ジェリド)
パイロットが多い分、いろんなシーンを想起させる機体ですね。

↓続く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。