2007_10
31
(Wed)20:29
10/31、ハロウィン。
「そもそも何のイベントなのかよく判らん」日本人と・そこに根付かせようと必死の商魂がせめぎ合い…果たして浸透してるのか否か、未だピンとこないです。
*ケルト民族の先祖の霊を迎えるお祭りと・キリスト教信仰が融合したものだそう。「日本でいうお盆」と聞きましたが、だったら(わざわざ新たにハロウィン云々言う前に)キッチリとお盆の行事をやるべきなんじゃないのかなー

そういや大学生の頃、10/31に合コンがあって~行ってみたら相手グループの体型に「…あ、そういや今日はカボチャの日だったな」と思い出したことがあったデス(爆)
オクで溢れまくってますねHGUCヤクト・ドーガ。
残念ながらCD買いまくった余波で見送り(兵糧攻めだw)なんですが、実は一番と言ってもイイくらい好きなMS。
(ガンプラ復帰時、「ヤクトドーガがMGで出たら、それを作ってガンプラやめよう」と思ってたほど。その思いは今も)
パソで完成品を眺め「あー自分だったらここをああするなぁ」な妄想モデリング。いつか、アレンジが出尽くした頃に作ってみたいですね。

…でもって現実に戻ろうギャン。
基本的には(スジ彫りをメインとした)彫りディテ&キズ埋め・ガタガタの処理などなど、まことに“華の無い”作業が続いています。
ここの頑張りが完成時のクオリティに…とでも考えないとやってらんねえw

それじゃブログ更新になんないので、パッと見で判る改修箇所を紹介。
①靴底。
キットのベターッとしたラインが重かったので、わずかに切り欠きをしたのですが「…まだ重い」とシックリきてなかった箇所。
思い切って更にカット、ショートブーツ風の土踏まずを作ってみました。
gyan125 修正前→後 gyan126
ウン、“ええかっこしい”なキメキメMSのギャンにはこの方が「ぽい」気がする。

gyan127
ソール部がカーブしたことで使えなくなっちまった足裏は新造。屈曲をライターで炙って出そうとして、1枚パァにしてもたw

②太もも外装
gyan128 クランクに変化を
一度キチッと前後割りラインを整えたのですが、それはそれで潰してライン変更。ちょい色気を出してやります。

gyan124 美脚を目指し改修・全景

脚以外もがんばる↓つづく

スポンサーサイト
2007_10
24
(Wed)01:04
全世界のフェラーリ&キミ・ライコネンファンの皆さま、
おめでとうございまーす!
この私もその一人、信じられない幕切れにバンザ―イ!!!! ヤター!
地球の裏側での大逆転劇、ドラマチックすぎる初戴冠。
夜中の3時に狂乱大騒ぎのZIGGYでした。

ブラジルGP。
普通に「だってあのハミルトン&信頼性抜群のマクラーレンだよ、堅実に走ってチャンピオンに決まってんじゃん」と思った!多くの人がそうだったはずです。それがあんな事態に…そして1点差の結末。
バーニーさん、シナリオ出来過ぎ。
ついでに言えばポディウムで舞ったスッゲ大量の銀紙…
銀色に覆われたフェラーリに「スパイ疑惑のキツい洒落ですか」なんて思ったりw


ハミルトンの1年を通じての戦いっぷりは見事でした。
ただ、F1王座をルーキーが獲る、というのは私も少し抵抗…「チャンピオンに値するドライバーだ。しかしいきなり王座、果たしてそれはイイことなのか?」な思いはあったもので~この結末でよかったのではないでしょか。
彼はこれから何度も・何度でもタイトルに挑めるでしょう。

アロンソはカナダ&ハンガリーの理不尽・筋違いのペナルティが無ければ3連覇だったでしょね。
孤立無援・四面楚歌での激走はチャンピオンの名に恥じぬものでした。
いくつも「タラ・レバ・カモ」を挙げればキリ無いですが…よしましょうや。
んなこと言い出したらキミほどそれにやられてきたドライバーなんていやしないんですから。
一体何度「今季はもうアウトだ」と天を仰いだことか…

『最終的に誰が勝ったってイイんです、1年の激闘が面白ければ』と
繰り返し言ってきた私(それなりに敗戦総括も考えてたw)も
『…とは言うたものの、そりゃ応援してるドライバーが勝てば嬉しいわけで』
『それが歴史的な大・大・大逆転劇ならなおさら格別なわけで』
いやー恐ろしく気分よくシーズンオフを送れそうです。
開幕前、ミハエルの不在ばかり心配でしたが~本当に面白い07シーズンでした。これだからF1はやめられない…まぁ何を犠牲にされたって絶対にやめないけどねw

*緊張の糸限界~歓喜最高潮の瞬間にポンと終わってしまってた07年。
「気楽に見れる消化レースのひとつも欲しいわなぁ」
何と勝手なファン心理w

マクラーレンからニコ&BMW勢に関して提訴の動きがあるようですが…ま、ダイジョブでしょう。
何せフェラーリは政治的争いになるとコース内以上に『無敵』ですからw

…とまぁ今回くらいは“ガンプラ<F1”ブログでご勘弁下され
週末は心はインテルラゴス。挙動不審で作業にならんかったwので~
主にシールドのみです。
gyan121  gyan122
サーベルを収納する(ハメる)箇所にはエネルギー補給ケーブルぽい工作を。

ニードルミサイル周辺、「ちーと密度が甘いかなぁ」~↓つづく
2007_10
16
(Tue)21:43
アルバム発売雨あられ。嬉しい悲鳴を完全に通り越し~もはや悲鳴デスw

「頼むから1枚ずつじっくり聴かせてくんろ―!!」

five-star(初回生産限定盤)(DVD付)five-star(初回生産限定盤)(DVD付)
(2007/10/03)
YUKI

商品詳細を見る

空洞です空洞です
(2007/10/10)
ゆらゆら帝国

商品詳細を見る


『five-star』
シングル集ですが、いろいろ思うところもあり『長い夢』が好きです。
YUKIちゃんいつまでも可愛いカッコい色っぽいなぁ。
「一般的な女子は自分をこう見られたいと思うもので」的概念を平気でブッ壊してもなおカワイ綺麗。これは凄いことでさぁ
このまま和製ビョークまっしぐらと願いたいところ…
もちろん「ジュディマリ再び」な希望もありますが。

『空洞です』
一方、「日本語ロックの最高峰」とも評されるゆらゆら帝国(私もそう思う)。
ゆらゆらのCD、胡散臭さ・いかがわしさ満点w、“カッコいいとカッコ悪いのナイフエッジの上をギリギリ”の楽曲ももちろんながら、
Vo,坂本慎太郎さんの60年代サイケ全盛・流線型やオレンジ色が流行最先端だった頃の、退廃とレトロフューチャーな匂いプンプンなジャケ写~イラストも楽しみなのです。

“誰もが「イイね」って言うものなんて、その実は大したもんじゃなかったりする…ことが多い”と信ずる(私のよな)ヒネた方はドゾ
=毒気の薄い・当たり障りない万人受けする音楽がお好みの方にはオススメできましぇんw
さてギャン。
プロポ改修はほぼ終了したので、こちらの『空洞です』を満たしてゆきます

ヒザ・サイドの開口部。何かしら人とは違うことしたいタチなんで
「普通にダクトってのも…なぁ(しっくりこない)」
大きく切り欠き、エポパテを詰め~整形。内側からフレームが飛び出してるよに。
gyan106 gyan107 …地味かな?

モチーフはそう、コレ。
gyan116 〈Ver.ka78取説ヨリ〉
以前から「カトキぽく」言うてましたが、その一環です。
*ka中央から露出したフレームは(せっかく上げた)ヒザの重心が下がっちゃうんじゃないか、と危惧して考え中。

“他人と違うことをする”こと自体が目的化してしまっては本末転倒ですが、知恵を絞って脇道逸れて・アタマに落雷ドカン~創造の過程がモチベーションとなるのならそれも愉しい模型道ってことで(意味不明?w)

腰へ参りまーす↓つづく
2007_10
10
(Wed)00:54
中国グランプリ!
「F1、超ヤバいっす」(いい意味で。 by ZIGGYザイルw)
ホントに誰がシナリオ書いてんでしょね面白すぎ。
昼間っからTVの前で絶叫~床を叩きまくってました。

もちろんハミルトンは好きです(というかグランプリドライバーは全員尊敬に値する。リタイアして「ざまぁみろ」なんて思うことは有り得ません)が、
何よりタイトル争いがもつれることが最優先ー!
「もうひと波乱無いものか」と願ってた私には面白すぎるリザルトでした。
ハミルトンのタイヤ消耗は…マクラーレンの『熱入りの早さ』の負の面なのか・単なる経験不足か。
どうあれワールドチャンピオンシップには必ずや壁が存在する。楽なタイトルなぞ無いってことですね。
最高の舞台は整い~最終戦ブラジルへ。
早く2週間後が来て欲しいよな・このハラハラ臨界感がずっと続いて欲しいよな。最終的に誰が勝ったってイイんです、1年の激闘が面白ければ。
…ナニィ、ブラジルに中嶋一貴が出るって?

トップランナー以外にもトロロッソ大殊勲など様々なドラマ凝縮の上海でした。
Sアグリは抜かれちったけど~こちらも面白ければ・盛り上がればオールOKなのです。

※それにしても、ラスト1戦のこの時期に至っても「現所属チームから去り~他のF1チームに移籍」が決定してるドライバーが1人もいないってどーゆーこと?(交渉中or残留・引退・他カテゴリーに参戦、のみ) 全てはアロンソ次第で玉突きゲームは一気に…オフシーズンも楽しそうだなぁ

いやーかくも没我の境地に浸れる・愛すべきもののある私は幸せで(F1観戦歴は一応21年目w)
…没我。ちゅーことはそーだよ、進んでないギャン。

前回、生き恥を晒した「表面ガタガタ」、クレバスの走ってたパーツをチビチビと修正。
力をかけすぎるとバリッといくんで作業は慎重に。ウソじゃないさ、だって現実にやらかしたもん…ポテチをヤスってる感覚ですw
gyan098 スッキリ美脚  gyan099

右写真はもも&ふくらはぎ外装の前後割り。
削った継いだ貼ったするうちに合わせ目がピタリと合わなくなっきてたんで、丁寧に修正。
(ただし最終的にこの分割ラインで行くか否かは未定。とりあえず技術鍛錬の為にも一度ピシッと合わせてみたかっただけw)

前腕形状、そろそろキチンと出しとかないと。
gyan097 …ま、こんなもんで
白く幅広の袖口がクレリックシャツみたい

腰サイドアーマーの分割ラインをエロく…もとい、色気を込めて変更。
gyan100 →開く gyan101

このヌラッとしたラインは可動時になかなかの艶を見せてくれる…予定。

*以前から写真をキチンと見てくれてる方にはお判りですが、あちこちにパネルラインの素案を描き込んだりしてます。
腰の分割ラインもそれに合わせたもの。
前々から「いつまでもスジ彫りばっか言われてるよじゃアカンよなー」
と同時に「だからってその辺のデザイン性を棄てるのも違うよなー」と思ってて…自分なりに“スジ彫りのデザイン性を表面だけの2次元世界から解放→全体の立体構成に還元・同調させ~馴染ませる”試みをやってるつもりです。腰分割もその一環。

さて全身バランスをば↓つづく

2007_10
02
(Tue)00:18
んだからアルバムラッシュ。こうも集中するものでしょうか

娯楽(バラエティ) 娯楽(バラエティ)
東京事変 (2007/09/26)


この商品の詳細を見る

印象に残る詞は~「贅沢するには妬まれなきゃいけないね」
“贅沢”とは物質的な豊さだけでなく・自らの置かれた環境も指すんですかね謎。 「芳しいのを睨まないで 欲しがらないなら」 
うひー聴いててゾゾッとくる詞。
それはさておき、林檎さんが作曲は全て他メンバーに委ねたこの1枚。
そのせいかは判りませんが過去のアルバムとは趣が異なってて…面白いです。最近の林檎さんは「~に徹する」モードなのかな?

さてケイカクセイ無し、出たとこ勝負甚だしいギャンです。
「随分前から“そろそろディテを”言ってていつまでプロポ沼にハマってんの」
「そりゃ沼地の泥が踏み固まるまでさ」
「ZIGGYもギャンにはかなーり苦戦してるねぇ」
「Yes! ラクしたいならそもそもプなんて作んないw」
真面目なハナシ~
ディテールにやり過ぎ・時間のかけ過ぎは厳禁。客観的に「クドくないか」を見つつの丁々発止~
なのですが、プロポーション改修には神経使いすぎということは無いと思ってます。不満があるなら完全に潰すべし、ディテはそれから。
美人とそれなりの娘ではいくら入念に化粧してもおのずと…おっと不穏当な発言w


ひとまずパテ・プラ板使用のパーツにサフ1発入れてみます。
形状把握・キズ確認・パテ目止め・気分転換・ウサ晴らしなどなど
gyan088 ドリャッ

さてどんなもんかいな
gyan089 ウギャ
「見なかったことにしたい」とはまさにこのこと。キズというより裂け目だなw
自業自得なんで瞬着・アルテコ粉でチビチビ埋めていきます。
しかし外装ペラッペラなんで「この程度のキズなら削れば消えるな」もままなりません、これもまた自業自得。

そして気になってた(おそらく最後の)ポイントに…手をつけっかぁ
↓つづく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。