2009_06
25
(Thu)01:19
カッテキマシタ
三文ゴシップ三文ゴシップ
(2009/06/24)
椎名林檎

商品詳細を見る

椎名林檎名義では6年ぶり(!)となるNewアルバム。
まだ1~2回しか聴けてないので感想はまた。
「林檎サンって何でも出来るのね」程度なんですが~
歌詞カードの写真ときたらもう、このジャケ写が「手ヌルい」ほどのセクシーで…

歌詞がアタマに入ってこない (裸に目移りww

ウン、最近CD業界は配信で済ますリスナー対策に付録DVDとか付けてますが、コレこそめっちゃ効果的かとw
いやもう歌声・歌詞・音・世界観・ルックス・眼差し…全てが容赦無く「最強」です、林檎サン

ところでこのアルバム、先行シングルと思ってた『ありあまる富』が入ってない。理由はいろいろあんでしょが~
ひとつ言えるのは、林檎サンって類稀なポップセンスを持ちながら、
毎回(『勝訴』以降)、自分名義で出す作品ではリリース直後、
大衆が一瞬戸惑う・リアクションに窮するよなこと…やりますよね。
誰もが即、絶賛するものを作れる、のにあえて「…!?」から入ってみせる。
リスナーが最も聴きたそな“いかにも”は創らない。
しかし、ソレが時を経るにつれ「…アレ、正しかったんちゃう?」と認識される。

“作り手”の端くれを自認するならそういうこと、やりたいですよねーw
作品パッと出して誰もが即「イイ!」じゃなく、「…ついに奴も壊れたか」(爆)
でも、見る人の心の奥底に何かが刺さって残る、そして後々…みたいなの。
それってハンパなく難しいこと。
そして凄く、勇気の要ること。



さて、地獄のワンデイからはや10日。
まずは前回以降、露見した『ワンデイの弊害ww』についてのお話。

ひとぉーつ!
「いろいろな経緯をタナに上げて・苛めっ子扱いされる」(への字口)
あ―ぁ 人間から散々小突き回され、向き直った途端にやれ咬まれただの・獰猛だの・危険だの・人喰いだの、トラやサメの気持ちが少し判ったデスw
ガオー

ふたぁ―つ!!
「差し替えパーツ」用意してったてことは…
ウチに一つ、丸々“素”のズゴックがあるワケで(爆)
onsoku015
いやー コレ、きちっと手をかけて作りたいっすね―(引力)

いかんいかん 今はそんな場合じゃな…かった…よな気が…

みぃ―っつ!!!
頑張って・集中して・1日で完成~!ヤター!!

妙な達成感・充実感・高揚感に、
「自分が今、一番やらねばならんこと」を忘れてしまうw

「いや―、終わったね―」「しばらくはのんびりモデリングだね」

違―う!!

あるんですねー
『達成感に苛まれる』て症例(この日本語組み合わせは史上初かもしれなひ)

※コレも全て、「やってみなけりゃ判らなかった」ことで。
断じて「やらなきゃよかった」ではないデスw


ともかくこれではいかん、危機感を持って↓つづく

スポンサーサイト
2009_06
16
(Tue)22:51
さて先週末は告知どおり、コジマ塾にてワンデイってきましたヨ
onsoku
格闘系イベントじゃないけどさながら格闘技。それがワンデイ。
7時間で・当日買ったキットを・筆塗りのみで完成させます。

本格レポはこちら~バティさんmuroクンカケヒさんTakuyaさんとこ等でドゾ
参加メンバー(&リンク)はコチラ

私もレポりたいのはやまやまなんすが、他の皆さんが何やってたか判らんw
ので、『はじめてのワンデイ』セルフレポします。
自分のハナシばっかになっちゃうwけどご容赦を

要はマッハ版制作記です↓つづく

2009_06
13
(Sat)00:24
近頃パソの調子がすこぶる悪く、いつも以上に更新まばらになっとります。
まぁ既に一般的なパソの寿命を超えて使ってるんで、仕方ないと言えば仕方なく…
電気屋の店員さんに
「修理ナシでそんなに長く使えるんですか!? それはスゴい“当たり”だったんですね」とか感心される始末w

買い換えどきなのは間違いないんですが~
どうなんですかね、『ウィンドウズ7』っての。
革命的に性能アップ!!なら騙し騙しの低空飛行(=現状)で出るの待ちたいし・ビスタで十分なら即!買い換えだし
…ビスタ、あんまし芳しい噂聞きませんけど

そんなことを迷いつつ更新です。
書けるときにドカンと書こう オーw


モデラーズサミット・エントリーリスト公開されましたね、
ネット界にゾワゾワ浮き足立ち感が広がっておりますw

「なにをぉっ!!やる前から名前だけで順位諸々決まるんなら、実際に作品並べる意味無いんじゃーぁ!」

…とか息巻いてみたところであの面々、やっぱ気後れしまくるよねーww
『鬼ごっこに本物の鬼が来ちゃった』状態といいますか
(&またこういうイベントの常として、とんでもないダークホースが息を潜めてたりするんだ)

結論:余所様のこと気にしてても制作が進むワケやなし。
→自分の作品頑張る、自分に出来ることはそれだけ。


ケンプはグレー塗装ほぼ完了。
Kämp252 …ほんの一部ですが
エナメルの部分筆塗りに移ってます。
ここは極力“色気”を抑え・無味乾燥・機能優先な雰囲気に
(良い意味で)外装パーツとの“落差”が引き立ちますように。

Kämp253  Kämp254
*濡れたようにテカっているのは、部分塗り分け箇所にクリアを吹いたから。
エナメルをしっかり乾かし・最初は砂吹きの要領でクリアを吹いてけば、
「エナメルの上にラッカー」も可能です。この後のスミ入れに備えます。


あ、一応外装パーツですが、「またおかしな塗装してんちゃうの」てな疑いは杞憂w、今はこんな状態です
Kämp255 サフ~下地の紺をベタ塗り
しかしこちらもまたスンゴいパーツ数だな(眩暈w)

前回も言いましたが、私のサフ吹きは(キズ発見のみを目的にしてるので)非常に薄いです。プラ板延長やパテの箇所もハッキリ判るほど。

そこに、塗りたい色より若干濃い色を下地としてベタ塗りし色を統一~
本番の塗装はそこから。それが上の状態です。
「サフの後半を、1次下地塗りが担ってる」と言えば判りやすい?
その方がモールド埋めるほどサフを重ねてまう心配もナシ・本番塗装も薄く手早く発色します…と思う。

さて、どんな青にしたものか。
外装は焦らず急がず、答えが降りてくるまでにらめっこwです。

ケンプの話はここまで↓つづく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。