2010_02
27
(Sat)00:56
・・・んまぁ、真央ちゃんが(ミスありながら)自己最高得点で2位なら仕方ないんじゃ…ない?
それが即ちいま現在の実力差、なんでしょう(悔)
にしても芸術性や表現力、人の審美眼に拠る『美しさ』を採点する競技ってのはムツカシイですね。

何事もF1を基準に考えちゃうワタシは
「美しいクルマが速いんじゃない、速いクルマが美しいんだよ」
「いやいや、美しくないクルマは得てして速くないものさ」
「ダサくっても勝ってりゃカッコよく見えてくるしねー」
いつも果てのない議論を聞いてきましたがw、
ブサイクに・崩れながら・みっともなくゴールイン、それでも一番時計の選手が優勝!だって数字が一番だって証明してるから!
そんなスポーツの方がスッキリしてて好きです

*みんなカーリングは本橋サンがカワイイって言うけどサ、個人的には目黒サンの(トリノの地味~ぃ極まるルックスからの)「伸びしろ」にホレた



さて、買ってきましたよ
バンクーバーに合わせたよなジャケ&タイトル。

スポーツスポーツ
(2010/02/24)
東京事変

商品詳細を見る


ちゅーてもオリンピック観戦etc,でまだキチンと聴けてないw
オマケにブックオフで「CD半額セール!」
調子こいて何枚か買ってしまって、音楽飽和状態です。

感想は次回にでも書きますが、
事変も林檎サンもひとつの円熟期に入ったよな…
“手抜きではない、ひとつの境地を見た者のみが持ちうる余裕”みたいなものが出てきた気がします。

まぁそれはそれで
「一ヶ所に落ち着いたら…また壊す!!」
「こう来ると思わせて…裏切る!!」林檎サンなんでしょけど、ね


先日(21日)のコジマ塾、参加のミナサマお疲れでした―。
&パーツご提供のフリークさん・平助さん、謝々!


塾長持ち込みのゼータに始まり・塾長持ち込みのゼータに終わった
不要キット交換会、超スリリングで楽しかったデスねw
(コンペ以外であんなにドキドキしたのって珍しい)

私は比較的平和裏・かつ順当に、第一・第二希望をゲット。
少々の頭脳プレーもありニヤリw
kj1002 第一希望は…ミデア!
だってZIGGYってば無類の『フネスキー』w
…ま、いただいた以上はのんびりでも作らにゃ。


こうして在庫が溜まってゆく。
プラモが好きで・どれもこれも作りたいのに変わりはない。
けど…いかんせん足らないのが制作時間
とはいえ時間はどこにも売ってなくて。

そんなドン詰まりを少しでも解消すべく、先日模型関連では久々の奮発!
前々から欲しかった、高性能・ハイパワーのリューターを買って参りました。

urawa02  urawa01
「買イタイトキガ…買イ替エドキ―!」by徳井w

浦和工業のHD20
トヲルさんやじょんさんもオススメの品、御指南ありがとでした
(wakiちゃんも愛用だそで)

模型制作に十分なトルクがあり・ドリルチャック付き・静粛性が高いこと(夜中に使えなきゃ時間節約にならない)・
そして何つっても“腕力サイテー”な私には必須機能…「軽量」!!w
(いやマジで重い工具は使ってられないんだってば。私が未だカルコでスジ彫りするのも、最大の理由はその「軽さ」にありまして)

今までは電池式の簡易型を使ってたんですが、軸打ちひとつするのも頻繁にストップ、時間かかって仕方なく…「もう限界じゃ―!
これで少しでも制作スピード早まるといいですね。
こういうのを『時間を買う』というのかもしれません。

※実際は未だ作業テーブルの右側?左側?
どっちに置いたら使いやすいのか判らんかったり~
先端ビットが貧相なものしか無くて、そのパフォーマンスを十分発揮できてなかったり。
追々その辺は充実させてゆきたいデス



さてサザビーですが、ディテール入れの前に果てしない表面の穴・キズ・クラック消しに追われてます。
まぁスネなんかはああも無茶なプラつぎはぎしちゃったから…覚悟の上でw

mi-sz153 異素材の境目
「エポパテ→プラ」へ徐々に薄~くならしてゆく箇所。
経験上、こういうとこは必ず浮き・境目が出ます。

何度ならしても消えないんだなー↓つづく
スポンサーサイト
2010_02
16
(Tue)00:50
皆さんもうご覧になったでしょか…
何をって、matさんのVガンダムと・hiponさんのPGゼータを!
まだの方はこんなトコ見てる場合ではないw→matさんサイト・hiponさんHP

Vガンは~ひしひしと感じますね、「キングが還ってきたんだ」と。
何なんでしょうねこの“違い”は。
ひとつひとつの手仕事を丁寧に・愛情と哲学を込めてゆけば…いや、それだけじゃない。魅せ方というか・勘所というか。
作品の質感・発する空気が別モノ。
こうして再びmatさんの作品を拝めるのは本当に嬉しいのですが、果たしてその“何か”は盗めるものなのか…うにゅにゅ(袋小路w)

ゼータはまずボリュームと密度に圧倒され・そこから見れば見るほどスタイルが格好いい。PGにありがちな、大造り・骨太すぎ感は皆無。
…と思ったら胸部フレームはほぼ新造なのか…って何気に胸外装は“逆折れ”だし!
物質としてこれだけ大きいと、バランスを整える眼力はMG・HGの比ではなく求められるワケで~
その労力・全身くまなく精緻なクォリティーを維持する気力を思うと寒気が…
ゾゾツ



…と、おもむろにサザビーを片付け始める私。
いやいや、もちろんプから逃亡する気なんてありませぬ、
それはそれで(依頼者サマの鉄槌を思うと)寒気ww

前回コジマ塾で行われた撮影講習会。
そこで習ったノウハウを忘れないうちに復習するため、いろいろと写真撮影をしとりました(私は作業スペースが撮影場所なので、いったん机から全て引き払わないといけない)。
「聞いた・帰った・すぐ忘れた」じゃ講師陣もキレるってものでw

ちなみに撮影担当だったブラック塾長が『わかりやすいまとめ』を上げてはります→コチラ
コンデジで「何となく初期設定のまま」「漫然と・フィーリングだけで」撮影してるよな―、
という方は必読デス


…さて、どうかな?
我が“写真ジャ伝ワラナイシスターズ”の再挑戦w

satuei01satuei02
え? 大して変わらん?
まぁ「何をすればどうなるか。因果関係が少し判った」だけ大進歩ですw


kojimajuku
このように、コジマ塾では何かしら技術向上・模型ライフ充実の試みも為されてます。
次の開催は今月の21日。現在参加者募集中です。
今回は皆で不良在庫やジャンクパーツを持ち寄る『不要キット交換会』も行われます。→詳しくはコジマ塾ブログまで



さて、枕話はこのへんで。サザビーもっぺん出してきて…と。
本体プロポ、そろそろケリを付けたいところ。
残る牙城は~

1:肩のフレキシブルバーニヤ
mi-sz114  
“肩アーマーを4ミリも切り詰めた以上、このままじゃバランス的に不釣り合い”というのもあります、が
「…どうも他にも納得ゆかないなぁ、いろいろと」(コレが苦労の始まり)

厚みがあって・“ハコ”的なフォルムが「工業製品的」に見えてきだしたら仕方ない。サザビーのような超ワンオフスペシャル機からは、出来るだけ「大量生産臭」は消し去りたいところです。

mi-sz151 ピンクが旧キット
旧キットの同パーツと。正直、旧キットの方が「絞り」と「うねり」が効いてて魅力的。素直にコンバートも企んだのですが、この絞りが強すぎて上腕と干渉。腕が真横に上がらなくなることが判明…!

ん―
依頼者さんと相談
「可能な限り、HGUCキット改修で目指すラインに近付ける(可動を殺さない)。どうしてもダメなら旧キットコンバートに」という結論に…
要は「AかBかじゃない、未知のCを切り拓くべく頑張んなさいZIGGY」てことでw

ハイ、叩かれ奮起!です↓つづく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。