2010_06
11
(Fri)18:33
「…ええい、いい加減オメーにゃ愛想が尽きたわい!」

いきなり乱暴な書き出しでスンマセン
相手はウチの骨董品パソコン・通称“バドエル”w
近頃前に増してフリーズ甚だしく、
「貴様で検索・更新etc,するのも今日限りだ!」
パーンと最後通告突き付け~鼻息荒く電気屋さんへ
おーい、パソコン買いに来たったぞ―!

※もちろん事前に下調べ~機種もほぼ絞り込み。
「買い換え判らんこと質問リスト」まで用意(典型的パソ音痴の行動パターンと自覚はしつつw)


乗り込んだのです。が…

無い。

お目当ての機種が、無いのですよ。
店員さんつかまえて聞くと
「あぁ、それでしたらもうすぐ新しいの出ますよ」(卒倒w)

…というわけで断頭台に登ったバドエル、しばし延命。
あれだけブチかまして出てったのに、手ぶらで帰ってきて
「なーぁ、もーちょっと頑張ってみよっかー?イイ子だからさぁ
別れバナシ叩き付けて出てったものの、愛人が留守で仕方なく帰ってきたよな気まずさww

「ブログ更新したいが、作動不良に阻まれ延び延びに」なサイクルがもうちょっと続きますが、皆さん申し訳ないですご辛抱ください…
パソ前でイラついてる私よりマシですんで(爆)

危うく知らずに買うとこだったと思えばラッキーだったんでしょが、何だかなぁこの虚脱感w



パソは無くともプは出来る。
サザビーはディテールアップの真っ最中です。悩みながらもぼちぼちと

①首の動力パイプがチューブに置き換わりました。
mi-sz208 動力パイプ
今はやや浮き気味ですが、中に針金を通してやれば落ち着くでしょう。
ちなみにこのチューブは壊れたヘッドフォンのコード再利用。
コレ、塗装もOK&塗ったあとグニグニ曲げてもハゲない不思議な素材。

その他、首周辺のフレームにもスジ彫り・プラ材貼り足したりしています。

②肩口のフレーム。
mi-sz209 テープで仮止め中
開口後、どういうデザインにしたものかかなり悩みましたが~
最終的には肩から生えるフレキシブルバーニア3発を汲んだ意匠に。
丸3つを三角形に配し、隙間はフレーム風に処理。

毎回言ってる気がするけど、ホント「メカメカしい」ディテール考えるのって
大の苦手!教本でも無いもんかなぁw

mi-sz210  mi-sz211
ヤなことはまとめて片付けましょう。
左:③脇のフレーム。地味にスジ彫りを重ねてく作業。
右:④ヒザ裏。ここはあまりクリアランスが無い(太ももと干渉する)ので、
薄いプラ板を駆使。

目立たないとこほど手抜きすると目立つ気がするんだなぁ↓つづく

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。