--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006_07
11
(Tue)20:58

新人監督には荷が重かった…

W杯、もう大抵の事はみんな書いてるwんで~ま、イタリアが勝ってよかったです。ほんでPK戦なんてドローみたいなものです。
ジダンもいろいろあったんでしょけどアレはイカンですね。何を言われたにせよそれは“ジダンを怒らせる”為に言ったこと。ソレで怒ってたら相手の思う壺。
でもこういった「いわく」が積もってゆくのもW杯の歴史なんでしょね。時折“スポーツマンシップが鼻で笑われる”一面を覗かせるヨーロッパ起源のスポーツ、大好き。
*この一件(本質は違うけど)ミハエルの「ラスカス・ゲート」と重なったのは私だけ?
週末、ジブリ最新作『ゲド戦記』観てきました。そう、まだやってない。試写会が当たったんですわ。
gedo02

以前ここで書きましたが、ZIGGYは20年来の筋金入り『ゲド戦記』狂。
そして「基本的に映画化は反対。でも、どーしても映画化せにゃならんならジブリかなぁ」という“消極的肯定派”
当選しても「やたー、ア○ヒ飲料さんありがとー」は一切無く→「…ま、そんなに映画化したいってんなら、この私がどんなもんか改めに行っちゃるか」モードでした。

ストーリーはネタバレ厳禁なので書きませんが~
一本の映画としては「そこそこの出来」なのではないでしょうか。最近のジブリに多い“ポスト宮崎駿を探せ作品”レベルには達していると思います。『猫の恩返し』とかね。
ただ…「『ゲド戦記』とはああいう話だ」と思って欲しくはない。

原作狂から見た個人的結論を言いますと「息子さん、一発目に“身の丈を超える”代物に手を出してしまったな」
原作と比べ、物理的・地理的・精神的に全てのスケールが決定的に小さい。世界観も偏面的にしか捉えられてなくて…まぁ2時間の映画にまとめようとしたらああなっちゃうのかな~残念。
駿さんが「素直に作ってる、イイ」と論評したそうですが、(親子以前に)同じ創り手として、「まぁまぁエエんちゃうかー」と余裕で見下ろされてるよーじゃダメですね。親父が嫉妬し・ダメ出しするくらいのモンでないと。
私も心根では「グゥの音も出ない傑作を見せ付けて、この私を黙らせてみろ」と期待してただけに…その点は消化不良でした。

帰路、一緒に行った娘(原作読んだことない)が「…今度、本貸してよ」。
彼女も「ちょい期待しすぎたみたい」、その不満が逆に「こんなもんじゃないんでしょ?」の方向に傾いたようです。少し救われましたw
動機はどうあれ、映画をきっかけに一人でも多くの方が原作を手にとってくれたらな、と思います。んでも読むのは映画を見に行った後、になさったほうがヨロシイかと…!

*脚本も途中からハナシの論点がすりかわってて→結末が当初の問題の解決になってない気が…?だとしたら“論理的つながりを欠いた、致命的脚本ミス”ってことに→コレは公開後、周囲の「見たよ」って人に聞いてみることにしましょう。

以上、“タダで観て&お土産に三ツ矢サ○ダーまで貰っといてよく言う”なZIGGYの『ゲド戦記』評でした。小説の映画化って難しいですね。
↓再度紹介。我が生涯、最高の書!
ゲド戦記 1 影との戦い ゲド戦記 1 影との戦い
アーシュラ・K. ル・グウィン (2006/04/07)
岩波書店

この商品の詳細を見る
ゲド戦記 全6冊セット ゲド戦記 全6冊セット
アーシュラ・K・ル=グウィン (2006/05/11)
岩波書店

この商品の詳細を見る



おぉ、ここは模型ブログだ。
<ディアス>
上記のよな理由で週末はほとんど進んでませんSorry。
週明けから再開→果たして私はいつまでデカール貼り続けんといかんのでしょか~自業自得。
08ボール用デカール、「これは使わんだろ」と思ってた(台紙右上の)円弧状デカールが足りないぃぃ!!!何が入り用になるか判らんもんです。今夜~明日中にはデカールもメドをつけたいと願ってます。

msv006

こちら、“エッジモンスター”しんしんサンまで参入(乱入?w)でますます「下手なモン作れんよになった」06R君です。
ところで今さらザクのデザインを云々する気は毛頭無いのですが~ザクって…こんなに腹が無いMSでしたっけ?胸と腰が直結してて、腹が見当たりません。旧ザクはこんなことなかった。
最近ディアス・ジオング・THE-O・キュベなどの「ハッキリと胸・腹・腰の分かれた」MSを作ってたからそう思うのかorHGUCザク特有の動力パイプの細さがそう思わせる(=太く作り変えたら解消する)のか。
ま、「せにゃならんこと発見!」としておきましょう。
今日のところは『おやおやMSV』。
ところでしんしんサンは何色の06Rを作るんでしょ。

次回はもーちょい“制作記”ぽいことを書きたいと思います。

ナニぃ、モントーヤ、先日のアメリカGPをもってF1引退ィ!?
スポンサーサイト

COMMENT - 3

学屋  2006, 07. 11 (Tue) 23:52

コンバンワ。
ワカルw僕も先週(違う意味で)泣かされたクチですから・・・(T_T)
そう!そうなんですよね~!世の中の人に「~ってこんなもんなんだー」と認識されてしまうのがすんごくイヤ!原作読んで~!って言いたくなりますよね(^^;
げど戦記は気になっていたので、観にいこうと思います。原作は小学生の頃に1巻読み始めて挫折した(僕には難しかったのか?)思い出があるので、これも折を見て読んでみようかな、と。

>ザク
確かに腹が無いかもw言われるまで気が付かなかった・・・・(^^;
普段ザクばっかり作ってっから、麻痺してんのカモw

08球デカールは僕も定番です(^^ちっさいレターが使い勝手良くて重宝してます。

Edit | Reply | 

KAZ  2006, 07. 12 (Wed) 00:32

こんばんは。ゲド戦記試写会当選おめでとうございます。
映画の尺(2時間)に話をまとめるというのは本当に脚本家や監督の腕が試されますよね。下手をすると「何かごちゃごちゃしてるけど中身スカスカ」な映画に・・・。私は自分の好きな小説がそんな風になってて悲しくなったことがあります。
ゲド戦記は全くの未見なので今度読んでみたいと思います。
ザクは色々な描かれ方がされているので一概には言えませんが、確かに腹無いですね。個人的には06Rって動力パイプがバリ太い(頭悪そうな表現・・・)マッシブなイメージなんですよね。ジムの頭くらいアイアンクローで破壊しそうな(笑)。

Edit | Reply | 

ZIGGY  2006, 07. 12 (Wed) 22:21

>まず、お二人にお返事
全く、何の権利があって“私の”ゲド戦記をああも変えてしまうの?
加えて「今、全世界の子供がハリーポッターと聞いてダニエル・ラドクリフの顔しか浮かばない」現状を見て欲しい。読者が百人いれば百通りのハリーがいて然るべきなのに。
子供たちの想像力を痩せさせる、小説の安易な映像化は配慮してもらいたいですね。子供たちの歓喜で銭勘定しか出来ない大人が多すぎます。
ゲド戦記:あの文章は、いま読み返しても深淵な・本当に意味あるものです。ゼヒ(映画を観るなら鑑賞後に)読んでみて下さいな→またそのハナシで盛り上がりましょー!

>学屋さん
あの08ボールの右上のんですよ。「何でアレが足らなくなるの?」の正解は~完成を待って下されば判るかと。
ザクはサイド腰アーマーが高すぎるのかなぁ…MGザクには腹部はちゃんとあるのに。

>KAZさん
「めでたい」というか、私は「…ま、自分は当たって当然」w  「ZIGGYドノ、公開前に品定めをお願いします」と送ってきた、と勝手な解釈で→もし私にGoサインの決定権あったらアレは「駿さんに差し戻し」てますよ。無念。

アイアンクロー:ハハ、そりゃイイ!私はもともとそういう「イメージモデリング」から入るので、そういった「絵が浮かぶ」言葉はとても参考になります。マッシブ・ゴツい・粗野だが強い結束・んでもって高速移動。速い。
今はただ、思いつくままに言葉を並べてます。これも大事な過程。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。