--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006_09
04
(Mon)17:22

MGガンダムMk-Ⅱ(Ver,1.0)

ax-Gmk-Ⅱ001 ax-Gmk-Ⅱ002
MGガンダムMk-Ⅱ(Ver,1.0)です。05年前半頃の作品になります。
*小さい写真はクリックすれば別ウィンドウで拡大画像になります

<素組との比較>
ax-Gmk-Ⅱ022 ax-Gmk-Ⅱ023

ax-Gmk-Ⅱ024 

ax-Gmk-Ⅱ008

ax-Gmk-Ⅱ009

ax-Gmk-Ⅱ010

ax-Gmk-Ⅱ007


続く↓

<工作>
腰高・甲高・肩に力入りすぎ。そういった印象を解消し、すっくと四肢を伸ばして「美しく立ってる」スタイルを目指して。

1:頭部
発光ヘッドに交換。シンチュウ線接続で発光ユニットは着脱可能に。全体的に小顔&シャープ化。
*目が光ってるよに見える写真は、片側の目から入った光が内部で反射した為です

2:胴体
エポパテ&プラ板で囲って大型化(特に前後厚アップ)。両胸カメラは切り離し&その脇にPG風のメカモールドをのぞかせました。
内部は肩関節を引き出し式2重関節化。コクピットのクリアランスが無くなってしまったので→前に移設。
ax-Gmk-Ⅱ014 エマ中尉

 股間ブロック&スカートは縦に延長。裏もプラ板でフタ。

ax-Gmk-Ⅱ011

3:脚
太もも延長。
スネは前外装のみ延長。ふくらはぎアーマーを「穴があくほど」削り込み、ラインを細く。
*脚長になった印象がありますが、すねフレーム自体は延長してません
フレームの削りこみ・パーツの移設によりヒザ曲げ角をアップ。
ax-Gmk-Ⅱ013

4:足
とにかく薄く・平たく・前後に長く。
併せてアンクルガードを幅広に→視覚的に更にソールを薄く。
ax-Gmk-Ⅱ027 → ax-Gmk-Ⅱ028

ax-Gmk-Ⅱ015
足裏塗り分け

5:腕
肩アーマーは大型化。裏もフタ。
上腕延長。前腕はクサビ型に延長。手首はハイマニ・ZZ用に交換。

6:バックパック
開口・メカっぽいパーツを入れて。
ax-Gmk-Ⅱ012


7:武装
ライフルはほぼノーマル。
バズは大きく作り直し→腰のラッチもその径に合わせ大きく。
シールドフチを薄く。L字型の接続パーツを新造→シールドを外側に付けられるように。

ax-Gmk-Ⅱ016

ax-Gmk-Ⅱ017

ax-Gmk-Ⅱ018


8:ディテール
各バーニヤは開口~フチを薄く&裏側からスリットプラ板を貼り込み。
その他、各所スジ彫り・彫り込み。エッジ立て。様々なネット作例やPGを参考に。

〈工作終了時〉
ax-Gmk-Ⅱ025 ax-Gmk-Ⅱ026
注:ガングロなのは発光ヘッドがメッキ仕様で~落としたらナゼかティターンズ機だったからです。ちなみに発光ヘッドの方が頬ダクトが深い、コレもナゼか不明。

ax-Gmk-Ⅱ019

ax-Gmk-Ⅱ020

〈塗装〉
一切のデータ失念(スイマセン)。
ただ、エウーゴMk-Ⅱは「淡いグレー」ではなく「白(=ゼータと同じ色)」というイメージがあったので白で塗っています。
デカール後・ツヤ消しクリア。この頃は水転写ガンダムデカールなどが無く、取り揃えにとても苦労したのを覚えています。


最後に大判写真を数枚。
ax-Gmk-Ⅱ003  ax-Gmk-Ⅱ004  ax-Gmk-Ⅱ005

ax-Gmk-Ⅱ006

長文お付き合い頂き、ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。