--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006_10
25
(Wed)19:00

アート禅問答

先週のニュースで「大英博物館の日本ギャラリーが新装」っての見ました。
様々な日本美術、大和絵・屏風・浮世絵・仏像などなどに混じって~なんとガンダムMk-2(!)のイラストが飾られてた。その他『鉄腕アトム』やコミック本など…これもまた立派な日本文化なんですね。
ヴィトンとのコラボで有名な村上隆氏の造ったフィギュア、ニューヨークで現代アートとして取引されたり。

日本人は何かにつけ「コレは芸術」「コレは玩具」と線引きをし、自分で自分のやってることを枠に抑え込んでしまってるのかもしれません。
(“定型”にハマってる自己に安心する人が多いのも日本人の特徴?w)

で~果たしてガンプラはアートなのか。
「アートなものもある」のだとしたら~自分のはどうなのか。
アートならイイのか。そもそもアートって何だ。
プラモがいつまでも「子供の趣味の延長」扱いされてるのはナゼなのか(不当だー)。
ひと昔前、「イイ大人がロック音楽なんて」と言われてたのと同じなのかな。今じゃ普通ですもんね。


そんなことを考えながらデカール貼ってます。
そだ、わずか1日で塗装が済んでしまったのは~まだ私の中で塗装が「ただの単純作業」でしかないからなんでしょね。ウマい人は塗装中もアタマ使ってんだろなぁ。

msv088 再びバラバラ

大判のデカールを貼ろうとしたらめっさシルバリングが激しい。
さては青炭色に使ったジャーマングレーの仕業だな。戦車モデラーの皆さんもデカールは貼るんだし、何で瓶塗料にツヤ消しがあるんだろ。
遺憾ながらいったんデカール剥がしてクリア吹き。
完成、もーちょいかかりそうです。

〈余談〉
大英博物館サン、それだけ現代美術飾るのにスペース割いてんなら~
円山応挙の『氷図』返してよー!
この絵、掛け値なしに「…カッコイイ!」(興味ある人はググってみてね)。
最近思う「リアルって何?」 
細密描写や本物ぽさだけがリアルなんじゃない、てのを思い知らされます。

こんなリアルさ、プラモで出せたらイイなぁ(チョー高望みw)

スポンサーサイト

COMMENT - 3

KAZ  2006, 10. 26 (Thu) 02:07

こんにちは。デカール貼りは面白いんですけど、結構神経を使うんですよね。肩こりにご注意ください(笑)

>プラモがいつまでも~
先日nishiさんが書かれていましたが、日本では未だに「大人になってもプラモ作ってるような奴ら」を放火殺人犯と同一視するような言説がまかり通ってますからね。

Edit | Reply | 

ぐっちMAX  2006, 10. 26 (Thu) 06:15

おはよーございます。
デカール厳しいっスね。
ただ漠然とデカール貼ってる身としては、いつもと同様に参考になります^^

先日、ローカルニュースで、
50代くらいの年配モデラーさん達を中心とした模型サークルが取り上げられてました。
この世代はやっぱりスケールモデラーばかりっスね。
30代のガンプラモデラーも入ってるみたいでしたが、ニュースではさっぱり触れられず…(涙
模型とガンプラとの格差も、結構あるんでしょうね…。

あ、そうそう!
僕の表面処理なら気になさらないで下さい。
前作では2ヶ月くらいかかりました(滝涙
で、では…ま、また……。

Edit | Reply | 

ZIGGY  2006, 10. 27 (Fri) 01:58

>KAZさん
こんばんは、
この世には3種類の人間がいて
「肩が凝る人種」「凝らない人種」「凝ってるのに自覚症状の無い人種」だそうで。
私は3番目(らしい)んで大丈夫ですよハハ。

まぁそういう妄言吐きは(村上隆さんのよに)権威あるトコが評価した途端にコロリと意見を変えるもので、相手にするだけ時間の無駄wですが~ 
彼らに「そうじゃない!」と文句言うだけでは現状は変わりません。我々が「そうじゃなくて、こうなんだ」と否定にとどまらない反証を提示できていないからこそ、“プラモ作ってる大人なんて…”論がまかり通るんでしょう。
→そういう意味も込めての「ガンプラはアートなのか」「アートだったらイイのか」「そもそもアートって何だ」スパイラルでして…

ま、いずれにせよ先の妄言はプラモを生業としている方々に対して非常に不見識な発言だと思いますね。

>ぐっちMAXさん
こんばんはですー
あれ?何かデカール貼りに参考になる考え的なもの書いてますっけワタシw
まま、何か参考になれば結果オーライでよかったですよ(チョー無責任)

そかー、同じモデラー間でも「キャラ模型なんて」という上位・下位概念があるんですね~。

現物の無いキャラ模型だからこそ~何て言うのかな、前衛芸術や抽象画のような「アートっぽさを前面に押し出した作品」が許されやすいと思うんですヨ。
→そこを多くのキャラモデラーは“リアルにするにはスケールモデルの手法を取り込まねば”に終始しがちだから~“スケールが上・キャラが下”ってな上下関係が出来上がってるのかも。
そんな思いも込めて「緻密な描写の極を経て~キャリアの果てに最小限の筆で本物の“リアル”に達した円山応挙はカッコイイなぁ」なんて、ね。
…スンマセン、よく判らんハナシでしたw

2ヶ月…2ヶ月!? ぐっちMAXさん、そんなにサフチェックってたら~最終的には「ガンダムが埋まってるプラパテの塊」になりますってー

ヤスリ同様、やはりここも“最小限の工程で終わらす”のが「本当にウマい」人なんでしょねー自分で言ってて耳が痛ェや

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。