--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006_11
10
(Fri)21:25

HGUC ガンダム

HGUCガンダムです。
05年初頭の作品になります。
ax-78gun001

ax-78gun002

↓続く
〈こちら素組み〉
ax-78gun011  ax-78gun012


〈工作〉
「好キットにつき、下手にプロポーションは弄らず丁寧に作る」をコンセプト。
1:頭部
小顔&後ハメ・アンテナシャープ化など、定番改修。フェイスは若干奥まらせてセット。襟パーツにアゴの「逃げ」を作り、アゴを引けるよに。
ax-78gun003

2:胴体~腰
胸部フィン周囲のシャープ化。バックパックはFGよりコンバート。
腰周辺にはVer.kaディテールを「それっぽく」足して。
連邦Vマークは別パーツ作り直し(エポパテで型を作り→熱したランナーを押し当てて複製)。

腰内部にはポリキャップ追加→前後の「屈み・のけぞり」に対応。
念のため股間軸には1mmシンチュウ線を通してます。

3:手足
肩アーマーもFGから。手首は(握り手のみ)コトブキヤの金属パーツに変更。
手首のポリキャップは丸見えなのでプラ板でフタを。
右腕のシールド用穴は塞ぎました。

スリッパ~つま先はバンダイエッジを排除、シャープに。
足首にはダミーシリンダーを入れてます。足首関節もシンチュウ線で補強。
ax-78gun006

4:武装
ライフル、スコープにオレンジの透明プラ板をハメてそれらしく。
サーベル後端にもVer.ka風アンテナ(ステンレス線)。
バズはほぼノーマル。丁寧に塗り分けて。

シールドの厚みはあえて残して。防御兵器だし・このサイズでエッジ無くしたらフォルムが変わってしまうw。
オマケとしてFGのシールドを斬り~ダメージ加工。黒い三連星と対決したときの「半分シールド」を作ってみました。
ax-78gun009

ax-78gun010

対峙するのがリックドム(ジオノ)なのはご愛嬌w

コアファイターはひたすらマスキング。宇宙用にキャノピーは漆黒に。
ax-78gun008


展示スタンドも即席で制作。
コアファイターを飛行状態で展示出来る棒も付属、数種類の展示形に対応します。
ax-78gun004

ax-78gun005


その他、全身にスジ彫り・彫り込み・切り欠きなどでディテールアップ。エッジ処理には気を配って。
ax-78gun013  ax-78gun014 工作終了時


〈塗装〉
白:青緑っぽい白~純白へのグラデ。
青:コバルト+蛍光ピンク+白。同じくグラデ。
赤:シャインレッド+黄+白。  〃 。
黄:黄+オレンジ+白。
グレー:ファントム&ジャーマンにパールコート。
デカール後、ツヤ消し(UVカット)。

ax-78gun007
なんちゃってラストシューティング…!

〈これからガンダム作る人へ〉
…ったって、ほとんど誰もが通って来てる道ですよね。
さすがに最新HGUCと比べると見劣りしますが、そう「キビシイ」キットではないと感じます、今も。
本文にも書きましたが、胸フィン周辺をシャープにするだけでかなり“1/144ぽさ”は軽減すると思います。(注:パテで裏打ちしないと穴が開きます)
ax-78gun019 *黒マジックで塗った箇所



ご覧頂きありがとうございました。
最後に大判写真を数枚。
ax-78gun015  ax-78gun016

ax-78gun018

ax-78gun017 同時制作のゼータと。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。