--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006_12
29
(Fri)16:29

これがジオンの…ザクか!!

新聞で読んだのですが~
おそうじ専門家の意見。
「大掃除を手早く済ませるコツは、日頃のこまめな掃除です」

…いま言うかよ

皆さん年の瀬、いかがお過ごしでしょか。
偶然にも1/144ザク2連投になります、ギャラリーにHGUCザクをアップしました。
コチラ

ax-06-008 シャア少佐だって…!


最初は「アップしたもんかいな」と憚られた“まんま、素組み”なのですがw~
こういう超基本!もある意味大事かな、と思ったものでアップです。
それにしてもこのザクと前回の06R…同じキットベースなのに方向性・目的が違うとこうも別物になるのですねw

今回いつもと違うのは~クリアの層を厚めに吹いてることです。
以前から当ブログをご覧の方々にはご存じの情報ですが、
今月初めに親友・百姓クンの結婚祝いにガトー専用ゲルググを制作→式場従業員にあえなく落とされてしまった&連中の事の重大性認識が皆無だった、のは記憶に新しいところ。
「作らん人のプラモの扱いは想像を絶するほど荒い。容赦ナシ」と痛感したのであります。
しっかりクリアコートは~少しでも丈夫な塗膜になりますよーに、との抵抗。
そしてこのザクは百姓クンのお友達からの依頼品。
今度は無事に済みますよーに…!

ファースト冒頭、サイド7奇襲のシーンは今なお戦争の恐怖を訴えますね。
あの瞬間まで無敵の新兵器であった“モビルスーツ・ザク”。逃げ惑い・うろたえるしかない人々。
だからこそガンダムの有り得ない強さがクローズアップされるワケで~

それにしても本当に20m級のロボットが木々をなぎ倒し・自分と変わらぬ大きさの薬莢を落としながら進撃してきたら…その畏怖感は凄まじいものでしょうね。

ちーっとばっか小話デスが続く↓
数年前、ホンダが二足歩行ロボ『アシモ』を開発したときに~
技術面では目処が付いたものの、発表前にバチカンに足を運んだ、という話を聞いたことがあります。
ホンダの技術者は
『(神の創りたもうた)人が、人型の機械を創る事は許されるか』を尋ねに行ったそうです。
その答えは
『それもまた、神の意志である』  無事アシモは世に出ました。
「哲学のある企業だなぁ、ホンダは」と感心したのを覚えています。
(やっぱ理系人間ほど想像力が大事。想像力無いから原爆なんか作っちまう)
~人型のロボットの存在は人間に「人とは何か?」を改めて問う。今世紀は『過剰ヒューマン・コンシャス』の時代になる…
てなハナシは論点からズレてきたんでまたの機会にw。攻殻っぽいネ

要は「人の似姿をしたもの」は、戦車や飛行機とは比較にならないほど人の心を(良くも悪くも)揺さぶるってことですね。
人形を愛でる人間は・ロボットに怯えもするのです。
一番最初のアシモが階段のぼって来たのを見たときはホント、驚きを通り越えて怖かったもんなぁ。
そんなのが攻めてこない・攻めない時代を願いましょう。
スポンサーサイト

COMMENT - 6

ぐっちMAX  2006, 12. 29 (Fri) 17:18

ZIGGYさん、こんにちわ。
ザクお疲れ様でした。
これをもらった方はこのザクが
素組みのスタンダードだと思われるのでしょうか^^;
いや~、うらやましいっス。

アシモは今や走りますからね。
アレに走って攻めて来られたらたまらんっスw

Edit | Reply | 

Ma  2006, 12. 29 (Fri) 18:58

ZIGGYさん毎度です!

整面・エッジ出し・フチの厚み調節
実に丁寧な工作ですね。
何処までが「素組み」と言うかはその人の
スキルや何処まで気にするかが出ますね。

しっかりZIGGYさんらしさが出た
「立派な一品」だと思いますよオイラは
キッチリ基本工作済み+αの「素組み」

お疲れ様でした~

そしてご馳走様ですw

Edit | Reply | 

Ω-natto  2006, 12. 29 (Fri) 23:34

こんばんは^^
ザク、とてもきれいな仕上がりですね~^^
Maさんが↑で言われてますが『素組み』とは
言うものの通常の『素組み』とは一線を越え
た別次元の『弄り倒すだけがプラモじゃない!』
という代名詞的作品だと思い知らされました^^;
そして製作お疲れ様でした^^

ではでは~

Edit | Reply | 

えーた  2006, 12. 30 (Sat) 07:19

おはようございます。
ザク拝見しました。
私もよく素組みをしてますが、
なんで、こんなにキレイなんでしょう・・・。^^

方向性によっての完成形の違いって面白いですよね。
もちろん作り手による違いもありますが
改めて、プラの無限の可能性を感じました。^^
ほんと基本工作大事ですよね。実感!
てことで、制作お疲れ様でした。
小話、面白かったですよ♪

Edit | Reply | 

トシオン  2006, 12. 30 (Sat) 21:43

こんばんわ!

ザクお疲れ様でした。
色使いが「アニメ調」をかもし出していて、めっさ良い感じの雰囲気ですね!
同じザクでも、ココまで雰囲気が違うの物になるんですねw

しかし、ZIGGYさんのブログは「プラモ」の話も魅力的ですが、時折組み込まれる「小話」的な内容もとても面白いです~。
一つづつ賢くなる感じですねw

Edit | Reply | 

ZIGGY  2006, 12. 31 (Sun) 02:35

>ぐっちMAXさん
ありがとですー
んー確かに「誰でもパチパチ組んだら即、こうなるもんなんでしょ」と思われる公算大…(泣)
良いではないですか、“爪は隠して”の方が粋ってもんでw
…で、ぐっちMAXさんは再々婚します?ww

アシモ:走るんだもんねー
そのうちアスリートより速く走り・女優より美人で・学者より博識で・営業マンより休み無く働くロボットが生まれたとき、個人の存在意義はどうなるのか…改めて“性能”で語れない人の魅力が問われるのでしょか?
そんなことをアシモに想うのでありやすハイ

>Maさん
ども、非常にウレシイ言葉ありがとですー!

基本工作・素組みを極めるって、言わばペペロンチーノだけで勝負できるパスタ屋のよな・歌声だけでストリートに立てるシンガーのよな。
そこで「十分ZIGGY作品になってる」というのはカンドーでありまっす
*でもまだMaさんみたいな“トウガラシちょびっと”が足らんなぁ~ スパイス入れようとするとついドバーっと、ねw 修行修行

>Ω-nattoさん
ありがとうございますデス!

いーやぁーコレは素組み以上でも以下でもないっすよw、んでも~
世に改造例があふれ・何かと「どれだけ弄ったか」にとらわれがち。
“改造イコール上手い”みたいに。
私も「どこどこを何ミリ~」並べる前にもっと大事なことがあんだろ、ということを思い出しました。
絵描きが行き詰まったら立方体のデッサンに戻るよーな。

んでも素組みポンと出せば「底が見える」ってのは…考えたら結構怖いですよねーw

>えーたサン
ありがとでっすー
いえいえ何を言いますやら、えーたサンの素組みからも“確実な基礎”が見えますよん。

素組みでも十分見れるキット。だからこそ改修においては確かな「目的・主張」が要る。漫然とやってちゃイカン、ってことも再認識しました

その上で見る2機のザク…超脚長&超小顔06R「小西真奈美かオメーは」w
面白いもんですね。

小話:面白かったですか?ヨカッタw
技術者って~「出来たからやった」と並べがち。しかしその前に「出来たからってやってはいけないこともある」とワンクッション、ハードルを設けたホンダって“技術に魂を込めてる企業だなぁ~”って。

その延長線上で考えると、ガンプラ作るときに「MS開発とは、やってはならない技術者の大罪であった」という雰囲気を込められたらプラモが“作品”になるよな気が…また脱線w

>トシオンさん
ありがとーですー
「引っ張られるから」「あくまでアニメそのままでなく、アニメ調」とあえて映像は見直さなかった(私の脳内にあるサイド7急襲のザクこそが正解)のですが、雰囲気出てますか?よかったー
…って記憶頼みかよ!w

06Rは今、手元に無いんですが~並べたいよな・並べたところで「違う世界のザク」で終わるよな。ここまで両機の差異がハッキリしてる、というのは作った本人も驚きデス。
それだけプレーンな・何色にも染まる良キットってことなんでしょねー

小話:ZIGGYの脳にストロー挿して~チュウチュウ吸って帰って下さいなw
ちょっとここしばらくはいろいろあって“抑え気味”にしてたのですが、久しぶりに思うことをザァッと書けて(吐き出せて)私も気持ちよかったり。

んだからそう言ってもらえるのは私も嬉しいんですよ、たまには余計なこともドンドン出してこっかなー、なんて変な自信植え付けちまったかもw

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。