--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_06
04
(Mon)18:02

気分は外科医

先月20日に行われた『速攻!コジマ塾』のレポがアップされています。
http://kojimajyuku.blog106.fc2.com/
今企画の立ち上げ~段取り・根回し・裏工作w~そして速攻モデリング・疾走納品~レポ執筆まで獅子奮迅の活躍、ポッキーさんお疲れでした。
当日持ち寄った完成品も上レポ・最下段のリンク先(平助さん・鈴木頭領さんetc,)でご覧下さい…
じゃないと通常コース組は何しに来たんやら判らんもの!w

オマケ:当日私の撮った1枚。
kujihan 閑散。カラスもいやしねぇ
えー…関西最大級の電気街にして「西のアキバ」こと大阪日本橋、日曜朝
9時半の光景。昼間の喧騒がウソのようです。
こんな時間からガンプラ買いに来てる輩なぞおりません、ましてや作りに来てる者など…いたんだなコレがw

このとき私がパラスアテネを持って行かなかったのは
「もう工作終了は目前。パーツ割りが細かすぎて、完成までは外に出せない」状況だったから。なのにまだやってますw

前回に引き続き表面処理、今回はパテ使用箇所のハナシ。
正直言うと私もコレはあまり得意ではなく~イイ手があったら教えて欲しいw。いつも苦労させられます。
ペーパーでキチンと慣らしたつもりでも~サフ吹いてみると「アリャリャこんなハズでは…」
気合い入れ直して開始!↓

パテ盛った面が美しくない。
切削・整形に問題が無いなら多くの場合は
①パテそのものの気泡や劣化・痩せ 
②パテとプラが馴染んでない・食い付き不足。
またはその複合的要因です。
今回は“プラパーツにゲージとしてプラ板を貼り~ポリパテを盛って整形した”腰アーマーを例に。
ポリパテ盛って削ったのは…去年の今頃か?諸事情あって1年間放置、イイ具合に劣化も行くとこまで行って~もう落ち着いてくれてますワ(爆)

一次サフ。
palace089 めくれ
中央下、見事に線が見えますね。ここはパテが反り返って剥離を起こしてる箇所。めくれたパテをナイフで取っ払います。

上写真ほど判りやすい事例ばっかならイイんですが~角度を変えて。
左写真、問題ありそなとこを探します。
palace090 問題探し→palace091
右写真・赤丸で囲った箇所が「怪しい」ところ。
何度もサフ修正繰り返すのはよくありません。ディテも埋まっちゃう&部分的に削り・吹き重ねるうちにサフ層にまで厚み・段差が出来てきてしまうから(何より気が滅入りますよねw)。
『疑わしきは、潰せ。』
ちょっとでも「面の流れが不自然」「…浮いてる?」とか思ったら容赦なくナイフや針を入れていきます。

palace092 無残やなw
ボロボロです。
コイツはアウトだな、って箇所をナイフやケガキ針でえぐる。取り去る。
*特に内部に隙間・空洞が出来てて~ペーパーがけの際は凹んでツライチになってしまうので効果無し!~サフ吹くとまた膨れてる、ってのはヒジョーに厄介です(曲面にプラ板やエポパテ貼った際に起こりやすい)。
そういうのは派手に破壊!空洞に達する大穴開けちゃいます


palace093 瞬着充填
えぐった箇所に低粘度瞬着を流し込む。穴が大きいなら~硬化後、更に流し込む・盛り付ける。

palace094
そしてハミ出た瞬着をそぎ切るように削ります。極力パテ・プラは削らないように、細目の金ヤスリか・当て板に貼ったペーパーを使って。

そしてまたサフ、サフチェック。徹底的に。
2~3度繰り返せば問題箇所は消える…はずです。
これでも消えない箇所はまだ下に空洞が残ってる疑い大。
破壊あるのみ、急がば回れです。

palace095 ライトグレーサフ
突然パーツが変わってスイマセン。
最終サフはこんくらいの厚みです。結構薄い方かも…素材色がスケてます。
発色を考えたらキッチリ同じグレーに統一!するのがベストなんでしょが、あくまで私の“ディテールを埋めたくない”スタイルのせい。ここは人それぞれですね。
どっちにせぇサフにキズ消しを期待してはいけないってのが信条。
キズが目に見えてるなら自分で消す。サフが消すのは肉眼で視認できるレベル以下のキズってことで。

表面処理のハナシ、以上!
この工程のコツを一言で言えば『潔く・執念深く』ってことになるでしょかw
好きな音楽でも聴きながら~じっくりやるデス


さーていよいよ塗装だ塗装。
基本的に配色パターンは変えない予定ですが…バッタみたいな黄緑はヤなんでwペールトーンに振ってやる予定。
→文字通り「不健康ぽく」…生気溢れる花魁ってのもイメージ湧かない
&やはり女子は色白に限るってネ
スポンサーサイト

COMMENT - 8

ぐっちMAX  2007, 06. 04 (Mon) 18:50

毎度勉強になりますm(__)m

ZIGGYさん、毎度です!
こ、ここまでえぐりまくりますかっ!
今日やります^^;
あと22パーツ。結構減った方ですw

で、
え!?
もう塗装っ!!
凹むわ~orz

でもがんばりま~す♪でわまた~^^ノシ

Edit | Reply | 

waki  2007, 06. 05 (Tue) 00:23

こんばんわ~。
パテとプラの関係はいつもやきもきしてますが結局急がば---ってことですね~。

塗装はペールトーンですか。
前回の若沖の記事のとき書こうと思ったんですが色使いの妙はまさにこの作品にはぴったりだと思います。
パッと見は薄い・・・けど力強い(存在感?主張?)・・・みたいな。
あの日本画によくある、くすむんじゃなくて淡いカンジ・・・?
ん~うまく言えない(^^;)

とりあえず女子は色白に限りますww

Edit | Reply | 

RUN  2007, 06. 05 (Tue) 05:05

普通の樹脂接着剤を使うと、ぜんぜんだめですね、塗装後にひけてしまって。やっぱり瞬間接着剤じゃないと駄目なんですね。独自リサーチでは、瞬着派がうまい人は多いんですよね。

Edit | Reply | 

ポッキー  2007, 06. 05 (Tue) 16:50

コジマ塾レポの告知、有難うございますデス
(裏工作?やましいことは、しちょらんですよw)
折角写真貰ったのに使えなくてスンマセンでした。
レポはぶっちゃけ 文章書くより写真の選択・整理のほうが時間掛かっちゃいましたよ
(勿論、貰った写真は穴が開くほど見せて貰いましたッス)

パラスもイヨイヨ表面処理完了っすか!
黄色いラインの表現も含めて、配色のほう
期待してます~(^^)

Edit | Reply | 

ZIGGY  2007, 06. 06 (Wed) 01:52

>ぐっちMAXさん
こんばんはですー
『ぐっちMAXさん救済企画』もとい…何かお役に立ちましたでしょか

えぐるのは~内側の空洞を潰さんことにはいくら表面を整えても無限ループだから。
奥様に聞いてみたら判るですよ、「美しい素肌は内側から」、美容の常識ってネ

しかし22パーツ(没)
いえ、それが多いか少ないかではなく
「今、表面処理で手こずってるパーツ数は22」って即答できるぐっちMAXさん…ハマってますなぁw
表面だけチマチマやってても終わらんので~奥からガーッとやっちゃって下さいー

>wakiさん
ばんはー
そうだwakiさんもパテ大作戦中でしたね!
結局んとこ、トラブルシューティングは早目にやらないとどんどん後で高いツケを払うもので…それは企業の不祥事も・夏休みの宿題も・彼女についたウソも・そしてプも同じってことですわw
*それにしても他サイトで「空洞」に関する事例が無いのはどうしてなんだろ…私がよっぽどパテ扱い下手なんかな(汗)

ペールトーン:実は結構“不得意分野”なんですよ、配色。今回は冒険デス。
実は色ネタはある日本画から持ってきてんですよ。
日本画の寒色って「パッと出る」外向きのチカラより・「引き込む」内向きのチカラに特徴がある気がします。
そんなの狙えたらイイなー

…でも色白の女子+ヴィヴィッドな色の1点使いファッションに弱いZIGGYです(知らんがなw)
*とりあえず髪と・肌と・服の色が同じギャルってのはどうも…色気が見えんデスw

>RUNさん
おばんですー
やっぱ適材適所の使い分けだと思う(私も10ミリを越える幅増しはプラセメント使います、ズレるから)けど~ここは瞬着!
接着剤としての効果に加え、低粘度パテとして使ってますからねー。

近頃はアルテコに加え黒瞬着・シアノンなどなど瞬着そのものも分化・進化が進んでますね。
上手い人ってのはその性能をよく知り・使い分けてるってことなのかなぁ

私?基本的に低粘度サラサラ瞬着の一つ覚えかもw

>ポッキーさん
ばんはですー
作品回収も滞りなく済んだようで~全くもってお疲れでしたー
裏工作:いやードダイ&グフ、余りの出来栄えに「…実は完成済みのをダムズ裏に隠してた?」とかw
(料理番組の「えー、こちらが2時間煮たものになります」みたいな)


朝のバシ写真はZIG的にスッゲ面白かったwんで~こっちで使用させてもらいました。
これから企画言いだしっぺはレポまでやる、って前例になったよで(怖)

パラス黄ライン!
えー、既に一回塗って「…何か汚い」とドボンしちゃいました。イメージ先行の見切り発車だったんで苦戦してますー
どっかに“黄ライン小人”っていません?

Edit | Reply | 

Ω-natto  2007, 06. 07 (Thu) 02:17

表面処理....

あ~~!

私にはマネできん作業ですぅぅ^^;

でも見習いますw(精一杯に)

Edit | Reply | 

かいん  2007, 06. 08 (Fri) 06:55

気泡埋めのパテを塗り込む前に、ちょっと堅めの歯ブラシとかでパーツ表面をガシガシ叩く(毛を差し込むがごとく)と薄皮一枚で隠れている気泡が見つけられるのだ。
こいつらが結構くせ者。
表面処理中に次々出てくるからなぁ。
黒瞬着とかSSPの跡にこれをやるとちょっと気持ち悪いくらい気泡が出てくる事があるぞ。(あ、テク集のネタ書いちゃった)

Edit | Reply | 

ZIGGY  2007, 06. 08 (Fri) 18:03

>Ω-nattoさん
こんちはー

えー
ZIGの第一声
「…オメガさんがよぉ言うワ!」w
あんなにパテを事も無げに使いこなすΩ-nattoさんには無用の記事だったでしょきっと

まぁもともと作業が甘い私なんで、整形外科みたいな上っ面チマチマでは追いつかんですので~外科医の如くバッサリ!
いつもここで「脱パテ宣言」w
でもまたそれを忘れて使ってまうんですよね…

>かいんサン
こんちはですー
(アルテコの如く穴だらけwの)myテクに強力な援護射撃、ありがとですー!

なーるほど、あらかじめ毛先で「薄い殻を叩き割っておく」ってことデスね、気分は絨毯爆撃?
トラブルの芽は早めに・しらみつぶしに洗い出しておく必要があるんで~“面”で攻撃できる固めの歯ブラシは有用かも…あ、工具箱に入ってら(持ち腐れw)

次回から使ってみますー


Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。