--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_07
17
(Tue)01:34

『テキサスコロニーでつかまえて』

台風・地震、嫌な天災が続きますね。
避難なさってる人たちの姿には、どうしても神戸の震災を思い出さずにはおれません。
お見舞い申し上げ・一刻も早い事態の収拾を願うと同時に、誰もが当事者意識を忘れちゃいけないな、と思います。
今日は読書のハナシから。
ZIGGY、30代にしてスキニーデニムに続いて“永遠の十代のバイブル”に手を出す。

キャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション) キャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション)
J.D. サリンジャー (2006/04)
白水社

この商品の詳細を見る

『ライ麦畑でつかまえて』の呼び名の方が有名でしょうか。
昔っから噂には聞いていたけど読む機会が無くて~吉井和哉さんがビデオクリップの中で読んでるシーンがあって、どこかアタマに引っかかってた、
そんな折に従姉妹が「この本、あと数ページで読み終えるんだけど読む?」とカバンから出したのがこの本だった偶然。
ちなみに彼女は20代、2人揃って遅かりし青春。

感想は…いやー何でしょこの本は。
『○○銘菓』と同じく『永遠の名著』なんて得てしてこんなものと言いますか~例えるなら映画『市民ケーン』を見終えたときの感覚に近い(判りにくい?)

従姉妹に返した際、
彼女はニヤリと「読みきった自分を褒めてあげたい、でしょ?」
2人して「これが10代永遠のバイブルなのは、10代には20代・30代と違って“時間が有り余ってる”からじゃないのか」w
まぁそれはキツい冗談として~描かれていたのは若者誰もが覚える社会とのぶつかり・孤独感・疎外感。
読むことで共感を覚える人もあり・虚脱感で終わる人もアリ。
「コレが面白くなかったらもう年寄り」ではないことを祈りますw

聞くところによるとサリンジャーの著作は何とコレ1冊(!!)なんだそうです。
現在もご存命で、人と交わらず・謎めいた隠遁生活を半世紀近く送ってはるとか。「新作を執筆中」なんて都市伝説めいた噂だけが流れ・この本は世界中で売れ続けている…あーそんな生活してみたひ

さて、結構頑張りましたギャン。
私の納得行く“素体ギャン”目指して全身のバランスを整える作業(ネタだディテールだはそれから)。
前回迷っていた「重装歩兵か・軽装剣士か」。結局は後者を選びました。
作風もそっち寄りだし…何より重装ギャンはMr,さんにお任せしまっさw

①上半身改修。
gyan017

まずは…見て明らかな肩の球体から。やはり「大きい」印象がぬぐえなかったので、外装をポイ。内部フレームを外装として使うことに(我ながら乱暴な方法…)。
凹みをエポパテで埋め、整形。イイ大きさではないかと。
胴との接続部も削り込み、胴に密着→肩幅を狭く。
胴体側も青い外装の左右をプラ厚の範囲で削り込み、横幅を詰めています。

顔は若干上下に潰し、モノアイスリットは0.25板を貼って狭く。貼り方に工夫をしてクリアパーツが使える余地を残す。勿体無いもんね。

その他あれやこれやつづく↓
②ヒザ
gyan016 裏打ちパテが見える下端

前回ヒザ関節を「真っ直ぐ加工」しましたが、ヒザ外装を削り込み更に真っ直ぐに見えるように(実際の曲げ角は変化ナシ)。
また下部を切り上げ&上部貼り足して、全体的に重心を上げています。スネを長く・真っ直ぐ見せる効果を狙って。

③シールド接続
gyan013 → gyan015

コレはパチ組み当初から気になってた点。好き嫌い・個々人の嗜好の問題なんですが、私はMSの立ち姿において
「ヒジの丸モールドは横を向いてて欲しい」派(事実、ウチのギャラリーでもパラス以外は皆そうなってるハズ)。
武器を自然なアングルで下ろしたいが為、ですかね。
gyan014
方法は意外と簡単でした。接続パーツの上腕にハメ込む部分をカット、90度角度を変えて再接着(シンチュウ線で補強)して終わり。
いやーこれは我ながら名案…と思ったらモデグラ作例でもやってんじゃん!w

④腰関節
gyan018 5ミリ棒登場
「やっぱこんだけ重いシールドを持つ(=左右武器の重量差が大きい)MGの腰関節がBJってのはムリあるって」
結局ウチの定番改修、腰関節をプラ棒&PC2個接続に変更。コレで左肩がガクッと下がることは無くなりました。

加えて、前後屈と・左右ひねりを別々に出来るため、こういう効果も。
gyan019

軸を引き出して~前屈。キレイなS字立ちが決まりました。


⑤腰
写真は無いんですが、股間軸を左右それぞれ1ミリ幅詰め。
サイドスカートも1ミリ深く装着できるよに改修。
正面から見て腰が細くなりました。
*たぶん重装ギャンにしてたらここは逆に大きくしてたかと


さて、改修の成果検証。立たせてみましょ
gyan020 ウン、なかなか美麗な立ち姿w

少しずつ理想とするギャンのバランスが見えてきた…かな?
まだ少々足が太い・顔が大きいかも。
顔は…小顔にするもよし、首関節と胴にめり込ませるか…いろいろプランが膨らみますね。ぼちぼち“MG勘”が戻ってきたかな?


最近そこかしこで見かける
ブログスカウター、何となくウチも設置。
数字としてバンと示されるってのはちと怖いもんアリですね。
ってかMaさんの数値、何ですかアレは(唖然)。
ウチとの差を見ると…「ブログの影響力」だけじゃなく「プの腕」をも示す機能があるようでw

スポンサーサイト

COMMENT - 6

ケンタン  2007, 07. 17 (Tue) 07:30

キャッチャー・イン・ザ・ライ!
村上春樹訳ということは最近の作品ですね。
読んだことないんですけど、たぶん読みません^^

ギャンの腰関節、すばらしいですね。
さっそくパク

ちょっと調べてみましたが、キャッチャーインザライは世界で6000万部!!!売れてるそうです。
しかもいまでも毎年25万部売れてるとか。
うらやましい限りです。

Edit | Reply | 

Mr.  2007, 07. 17 (Tue) 19:54

僕は原題派・・

そんなZIGGY氏に「カモメのジョナサン」をお薦めします
サリンジャー、良いですね。
そういえば森博嗣著のキルドレシリーズ
「スカイクロラ」で引用されてました・・
今年は押井守監督作品として映像化とか・・
好きな作家さんの作品を好きな監督が映像化
楽しみが付きません・・

マイノリティ重装ギャンはカモメのジョナサンの心境で作っていきますw
それにしてもこのギャンの立ち姿の凛々しさと言ったら・・
ZIGGY立ち!!

魅せ方が違うよなぁ・・・・。

Edit | Reply | 

ZIGGY  2007, 07. 18 (Wed) 01:38

>ケンタンさん
こんばんはー

コクピットのマクベ乗るスペースは潰しちゃうんですが、腹部関節は効果テキメンの改修ですよ。
実はウチのジオング・ガンダム・The-o・パラス・06Rなども全く同じ構造にしてたりします。

『キャッチャー~』:まぁカゼ引いてない人間がカゼ薬飲んでも仕方ないといいますか、やはり十代のときに読んでこそ価値のある作品…なんですかね。
機会あればドゾ

>Mr,さん
ばんはー 重いギャンは任せたヨ!
Mr,さん見抜いてたもんね、「ZIGGYはポージングにウルサい」のw。
特に立ち姿は~MSにその本質を語らせる、最も難しいポージングだと思う。気合注入してまっす

『ジョナサン』:なにーぃ、オイラに更に限界・限界を突き進み・カベを打ち抜き・別ゾーンに達せよってか??(確かそんなハナシだよね)

そんなMr,さんには中島敦『名人伝』をオススメしまふ

押井さんの作品、哲学的なセリフと“人形”への思いが好き。本気で四谷シモンさんの作品写真集欲しいな…なんてね。
「人の似姿」ってイミじゃMSも同じ哀しさを湛えてんのかもしんないなぁ(またZIG暴走の予感)

*やっとスキニー慣れたと思ったら次はバギーだって!?ザけんなーw

Edit | Reply | 

J-PEI  2007, 07. 19 (Thu) 22:14

「ライ麦畑でつかまえて」ですか~攻殻機動隊にチラっとだけ出てたんで気になってていつか読もうと思ってる本なんですけどね~(なかなか機会が・・・)

ギャン的確に手が入ってきてますね~。確かに肩のボリュームダウンに比べて若干足が太い感があるかも・・・。こちらもボリュームダウンして更に軽装剣士なギャン期待してます。

Edit | Reply | 

Ω-natto  2007, 07. 20 (Fri) 00:17

ぶは^^;

またすんごいギャンが見れそうですね~^^
フレームを外装にする発想はさすがですw

Edit | Reply | 

ZIGGY  2007, 07. 20 (Fri) 01:33

>J-PEIさん
おばんでっす
へーぇ攻殻にも引用が!?
押井作品って示唆に富んだ“粋”な台詞が多いけど…『ライ麦~』には無かったよなw
まぁ動機は何だってイイ、身になるか否かはともかく
いっぺん読んでみてイイ作品?かもですよー
→ウチに「時間の無駄だった」云々の苦情は受け付けないデスw

ギャン:ちーとばっか下半身デブ。
「ウチ帰る頃は足がむくんでブーツ脱げない」娘みたいw
主たる原因はヒザのデカさのよな気がして現在削り込み中です。
“殺陣が美しい”軽やかギャン目指して頑張りマッス

>Ωさん
こんばんはー
どーもΩさん来ると「チェック入れに来たったでー」な圧を感じる気がせんでもないw

肩:内部フレームをオジャンにしちゃう、今回は「MGをHG化するモデリング」なのらw
球体を崩さず薄く削りこむなんて不可能!なんで意外と現実的なプランかな?

まだ素体造りの段階、先は長そうですけど頑張りますでー


Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。