--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008_03
23
(Sun)00:35

「ジオンはあと10年は戦える…!!」

ギャラリーにMG・ギャンをアップしました。

ax-gyan000
コチラhttp://ziggyf40.blog49.fc2.com/blog-entry-275.html

何かと忙しくってアップ遅れました。ようやくこれにて終了ー。
いっやー、普通に手の遅い私ですが、それを考慮しても異例に時間を喰いましたね。
原因は迷いつつの工作と・何といっても今回初トライの『宝玉塗装』にあります(ラピスラズリ・ヒスイ・マラカイトetc,)。
工作と並行して、裏で塗装プラン練り(ネタ繰り)~テストの繰り返し。
実際の塗装工程も非常に手間のかかるものでした。
ご覧になって「…こりゃ時間かかるワケだ」とご理解いただけたら幸いwデス
*設定の説明も異常に長くなっちまいました(没)

詳しくはギャラリー記事に譲りますが↓つづく


毎回、何らかのテーマ・表現すべき主題を決めてモデリングしていますが、
今回の新しいチャレンジ。それは~
文化・人種・民族・宗教などの背景が一旦リセットされた「フラットな視点」から描かれた宇宙世紀。それゆえあえて描かれていなかった…神頼みとでも言いますか、スピリチュアルな側面を切り口にしてみたことです。
*旧世紀にこだわるマクベのMSならでは?

軍隊・兵器って実利主義・効率一辺倒・無味乾燥かというと~意外とそうじゃないですよね。
機首に描かれた顔・ピンナップガール。士気高揚のカラーリング・命名。
聖戦・大和魂・神風・ナチスのオカルト傾倒などの一種「神頼み」的なものもその一つかと。
MSの全身を、霊力のある(と信じられている)宝玉で覆うアプローチ。
“無機質な機械に人が込めた思い。人間の強さ・弱さ・気高さ・罪深さ”が見えるよな演出を目指しました。

何はともあれアップ完了。
ホントに長々と制作にお付き合い&コメント下さったみなさん、ありがとうございました。
当分は改修困難な(新しめの)MGは作りたくないですw
ax-gyan027

〈撮影。毎回苦労するブルーについて〉
色味ですが、蒼色は現物はもっと紫味の強い(=こんなに鮮やかなブルーではない)ものです。どうにもこうにも補正が限界。これ以上イジると今度は藤色が狂ってきます。
再現性のあるカメラを使う機会があったら、撮り直したいところですね。
*近々、RUNさんのサイト『MODEL RUNNER』でもこのギャンをご覧いただける予定。
そちらはRUNさんのデジイチ撮影なので、(過去作品キュベレイ・06R同様)紫が正確に出てると思います。アップしていただけた折には、こちらでも告知します。
http://modelrunner.net/



〈今回制作の参考文献〉
岩石と宝石の大図鑑―岩石・鉱物・宝石・化石の決定版ガイドブック岩石と宝石の大図鑑―岩石・鉱物・宝石・化石の決定版ガイドブック
(2007/03)
ロナルド・ルイス・ボネウィッツ

商品詳細を見る


色の名前色の名前
(2000/04)
近江 源太郎、ネイチャープロ編集室 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

COMMENT - 25

Ω-natto  2008, 03. 23 (Sun) 01:52

.....

.......

これはプラモではありません!

美術品です!^^

ルーブルに置いてもらいましょう!w

っというのは半分ジョークでマジプラモの域超えてますよ^^;
凡人には発想のつかない塗装法、ディテ、工作...etc
え~いつものZIGGYさんの言葉をお借りしてw

勘弁して下さいw

完成&撮影UPお疲れ様でした~!

Edit | Reply | 

ケンタン  2008, 03. 23 (Sun) 07:15

最初みたとき、「これって石貼ってんの??」と思ったんですけど、全部塗装なんですね・・・
孔雀石・・・本物にしか見えないんですけど^^

スタイル、ディテ、塗装、そこからでてくる雰囲気(オーラ?)が怖いというか精神的にくるものがあります。

この塗装法にたどりつくまでにも長い時間がかかったと思います。
ご苦労様でした。
そしていいもの見せていただいてありがとうございました。

Edit | Reply | 

misaki  2008, 03. 23 (Sun) 15:41

ギャン見ました。
面白い表現ですね。マ・クベらしい感じ。
こりゃ苦労するわ!って見てました。
お疲れ様でした。

でも、ギャンっていいかも?って思った作品ですよ。正直、ギャンってあまり好きじゃないんですが、今回は面白かったです。ですので、脱帽ですよ。いや、これは良いです。

ホントにお疲れ様でした。

Edit | Reply | 

ぐっちMAX  2008, 03. 23 (Sun) 16:47

ZIGGYさん、ギャンおつかれ様でした!!
これはZIGGYさんしか思いつかない表現方法だな~と。モニターに釘付けです^^
どーゆー塗装方法なんだ??と、画像観ながらそればっかり考えてましたw

筋彫りも塗装表現に合ったデザインですね。
半ツヤだからこそ、孔雀石のピカピカが目立ちます。

脅威の工作レベルに圧倒され続けてきたギャンですが、
最後で塗装に全て持ってかれた気分です^^
いや~ホントすごいっっ!!
次回作も期待してます^^

Edit | Reply | 

J-PEI  2008, 03. 23 (Sun) 17:47

ギャンお疲れ様でした。
あ~,やっぱりこういったアプローチの仕方は「流石ZIGGYさん!」ですね。
それにしても見事に宝石が表現されていますね~。もうただただ唖然としか・・。時間がかかるのも納得です。

こういったテーマを決めてそのイメージを反映させてやる技法って色々な人がやってますけどZIGGYさんの作品って別格(というか異次元?)なイメージがあります。(良い意味でですが・・)

本当,お疲れ様でした。ゆっくり休んで次回作も頑張ってくださいね~。

Edit | Reply | 

たろくん  2008, 03. 23 (Sun) 20:08

こんばんわ。ご無沙汰しております。
ギャン、お疲れさまでした。
細部の作りこみやプロポーションの改修も大変な労力だったと思いますが、塗装も手間がかかってると思います・・・
マクベの性格を落とし込んだというこの作品、いやはやさすがに素晴らしいです。
画像でも素晴らしさが伝わってきますが、実物はもっとスゴイんでしょうね。機会あれば拝見してみたいものです。
いいもの見させていただきました。次回作も楽しみにしています。

Edit | Reply | 

KAI31  2008, 03. 23 (Sun) 20:08

ZIGGYさん、こんばんは
>ギャン完成
本当にお疲れ様でした。

これは次元が違います。
塗装に込めたコンセプトが普通では無いです!

はは^^
これは私の塗装の参考にはならないはずです(笑
まあ私は全く持って出来ませんが・・・orz

改めて「ZIGGY流」を見せて頂きました。
いや~凄すぎです(^^;

Edit | Reply | 

コジマ大隊長  2008, 03. 23 (Sun) 22:43

いやぁ完成乙!!
なんだ道理で時間掛かってるなぁとおもったら
実際石彫って作ってたのね(爆)
プラモでやればMGギャン出てるのに~

え?プラですって?
エイプリルフールにはチト早いですねw

Edit | Reply | 

カワシマ  2008, 03. 23 (Sun) 23:39

模型秘伝帳「石の巻」があるというのはこの辺ですか?
てっきりサッキー竹田が持ってたと思ったんですが、ジギー竹田の聞き間違えだったようで。

しばらくぶりでございます、お疲れ様の一言では済ませられそうにないですね。
絶句してこんな茶々しかコメントできませんが、また今度じっくり見せてくださいね。

Edit | Reply | 

nishi  2008, 03. 24 (Mon) 05:08

こいつはすげぇ~や
想像もつかんところから色々持ってくるねぇ・・・
マ様によるマ様のための機体
完成お疲れ様です!!

Edit | Reply | 

まつおーじ  2008, 03. 24 (Mon) 07:24

完成、おめでとうございます。
なんて書けばいいんでしょう…言葉が出ないっす。
すげぇー!いいもん見せてもらいました。
サーベルの色といい艶といい…あぁ…たまりません。
設定の落とし込みも流石ですね。
納得しちゃいましたよ。
パイプもいつもありがとうございます。
少しでもお役に立ててうれしいっす。

Edit | Reply | 

haharu  2008, 03. 24 (Mon) 09:27

なんか、プラモって言うより、彫像ですな・・。
多くのモデラー諸氏は、プラスチックらしくないガンダムを作るって、ひとつの呪縛になってると思いますが、これはまったく違った角度からものを見てないと出来ませんな。
まぁ、考え付いても私には到底無理なんですが・・・。
製作過程見てるだけでも、気が遠くなりそうなのにさらに追い討ち・・。
すばらしいもの拝見しました。お疲れ様でした。

Edit | Reply | 

Takuya  2008, 03. 24 (Mon) 10:18

完成おつっす。

また実物で見ないとその真の素晴らしさが分からない作品を作りやがってーっ!

最初、画像を見た時、表面のウニョウニョ塗装に「???」でした。
遠目の写真だと油絵の具を使ったウェザリングに見えてしまったからです。
これに関しては実物見てから「ほえ~っ」っと感嘆の声を上げることにします。
何にしろ、塗装表現をこの方向性にし、皆の意表をついて驚かせた事は成功だと思います。
逆に意表をつくほどのインパクトある塗装法だけにディテールや造型の「ガンバリ」が薄らいでしまった感があります。
もう少し、アウトラインの造型はハッチャケても良かったのではと…。
剣のデザインはいいですね~ お気に入りです(^^)
私的な好みで言いたい放題しましたが、多分ほとんどのコメントが褒め言葉で終わってしまうだろうから一人だけでもこういう天邪鬼がいてもいいのではと…(けなしてるんじゃないですよ)

でも、実物見せられたときは
きっと言うでしょう 私

「おお! いいねえ」

そして 小声で

「死ねばいいのに…」

Edit | Reply | 

たんこぶ  2008, 03. 24 (Mon) 10:40

お疲れ様です!
これはすごい・・・
どんな風に塗装したらこうなるのか、想像もつかないです。
っていうか、あれでしょ?本当は石を削ってギャン作ったんでしょ?<そっちのほうが大変

とにかくお疲れ様でした!

Edit | Reply | 

DOOVA  2008, 03. 24 (Mon) 11:06

長いこと待ちましたが、待った甲斐があった!
想像の域を超えた作品です!
言葉が思いつきませんが、ただただ感動!
ガンプラで泣けるもんなんだなぁと実感しましたw
ホントおつかれさまでした!

Edit | Reply | 

Asian  2008, 03. 24 (Mon) 12:27

ご無沙汰しておりますAsianです。

ギャン見させていただきました^^

思わず見入ってしまう作品に久々に出会えたような感じがします。

塗装方法なんですが、未だに理解できてません(+ +;)
最初は塗装に目が行ってしまいましたが、全体のプロポーションもカナリ異なってるのがわかります。
パラス・アテネを見させていただいたときもそうでしたが、人の手はここまで出来るものだと驚いていましたが、今回も見入ってしまいました。
ありがとうございました。 製作、お疲れ様でした^^

Edit | Reply | 

学屋  2008, 03. 24 (Mon) 18:14

コンバンワ!
まず一言!!!


頭おかしいわ!www


イヤ、失礼しました(^^;

っつーか何じゃこりゃぁぁぁぁぁ!!!

フツーでは絶対に思いつかないモチーフをガンプラに投影するだけではなく、高いレベルで「石」を表現してしまうその技術力、構成力の凄さ!!
抜刀のポーズ写真が卒倒するほどカッコいいです(^^

各部形状アレンジも出色の出来ですね。
シールド形状&ウラのディテール、サーベルが物凄い好きっす!!
フロントスカートの形状も絶対僕では思いつかないw
その他ポイントを挙げ出したら枚挙に暇が無い!!ww

これは是非是非実物を拝みたいものです!
あ、僕、4月にコジマ塾行きますww

製作お疲れ様でした!

Edit | Reply | 

Ma  2008, 03. 24 (Mon) 18:57

ZIGGYさん、ご無沙汰してます!

いや、凄いわ!凄すぎる!!
改造も凄いんだけどなんせ塗装は度肝を抜くw
表現や色の感じが石にしか見えない!!
微妙に曇って見えたり透き通る感じがまた。
まさかとは思ったけどやっぱ筆塗りで模様は書いてたのね、、、、
凄すぎる!美術品だわこれは
プラモの壁はとっくに越えた感じ?

パクれるもんならパクたい(爆
MHのヘルマイネを大理石調に!と
考えてたオイラには凄い衝撃作品でした~

「いやー表現に限界は無いんだね」
と勉強させて頂きました!!

Edit | Reply | 

suu  2008, 03. 24 (Mon) 20:46

はうぅっっっっっ!!!!
なんですか!?これは、、、

またトラウマがひとつ、、、、、orz

とにかくお疲れ様でした。。。
しばらくゆっくりとお休みください(爆

Edit | Reply | 

ZIGGY  2008, 03. 24 (Mon) 22:37

感謝感謝感謝

皆さん、コメントありがとですー

>Ωサン
ありがとです、しかし実際は…
ナマでお見せしたかったのですよ!

んまぁネタ的にはこうでもしないとΩサンのギャンには対抗できないかなーと、
キワモノ路線・超裏技に逃避wしてみました
→ありがたすぎる褒め言葉、勘弁してくださいw

ガンプラに限らず、全ての作品は美術品たりうる(同時に作り手も作家たりうる)、と思うんすけど~世の扱いはそれとは程遠いッスよねぇ。
その辺、模型誌に頑張ってほしいところで(モデラーを職人・労働力として見るだけでなく)。

とりあえずこのギャン、ルーブル…は厳しそうなんでMOMAの玄関前にでも置いてきますw

>ケンタンさん
ありがとですー
どっかで『模型とは~塗装により質感表現をする造形である』てな定義を聞きましてね、金属感表現は多々あれど(本物の金属使っちゃう手もアリ)~じゃあこういうのはどう?ってな偏屈トライですw。

何となく、怖さ・異様さ・不気味さが伝わる(=必ずしも諸手をあげて美しいとは言いがたい)雰囲気が出てたらビンゴ!ってことで。
ケンタンさんのギャンからは完成大きく遅れましたが、どうにか決着できてよかったですー

>misakiさん
ありがとです!
よくウチで書くことなんですが、「リアル」って「実物っぽい」ってだけしかないの?という話。
実物の無いアニメメカ、アニメの中での存在を落とし込むことも立派なリアルなのでは…と思い作ってますんで、「マクベらしい」ってのは嬉しいお言葉です。

ギャン、嫌いですか?
まぁ私はワンオフ・スペシャル専門みたいなモデラーですんでw結構好きですよ、こういうの。
好き嫌いはともかく~少しでもギャンの印象・存在感が強まればHappyですねー。

>ぐっちMAXさん
ひらがなで書く「おつかれ様」。
その心は~「お疲れ様」じゃなく「お憑かれ様」ネきっとw

ありがとですー
全くもって、皆さんの反応伺ってると~苦労した工作なのに、塗装で吹っ飛んでもた感じで…こんなことなら素組みに宝玉塗装ドーン!って出しときゃよかった?
やはり“模型の真理は塗装にアリ”、なんでしょか。

途中、ぐっちサンにお話した(記憶がある)んですが~変ちくりんなスジ彫りも、「無駄さ」「戦場知らぬヌルさ」の演出に一役買ってたらイイなぁ、と思います…じゃなきゃ救われないワタシ

>JーPEIさん
ありがとですー
実際「○○さんより上・下」とかいう評価なんかど-だってよくってw~
「唯一無二のものを作ってる」ことこそがモチベーションになってるよなもの?ですから。

で、行き着いた先がこんなギャン。
おぉ、異次元空間に送られて・誰も付いてこないと思ったらエラい横道に逸れてらw
次回作は、もうちょいマトモに作りたいですね。
たまには「やっぱ仲間に入れてよ-」ってなものでw

>たろくん
どもー、ちょいおヒサです!そしてありがとです!
プロポ・塗装・ディテ、散々手間食ったけど~やっぱ自分にとってギャンってこういうこと、だったんすよね。
「なるほどなー、あり得んこともない…あのマクベなら」と感じさせることが出来てたらビンゴ!ですー
*パラスんとき同様、こういうキワキワのヤバめなのを、たろくんに褒めてもらえると嬉しいなぁ…いや、深い意味は無いケドw

現物、結構頑丈なんで、問題なくオフとか連れてけますよー。
そんときは改めて評価ヨロです!
(実物は~色味・ツヤともにもーちょい落ち着いた雰囲気。蛍光クリアも入ってるんで、昼光下だとまた面白いデス)

>KAI31さん
おぉギャン仲間、お先に抜けましたヨ!
ありがとです&私もKAI31さん完成まで応援しまっす
「次元が違う」「普通でない」→「別の世界のモノ」「アタマおかしい」とも取れてw…いやいや、それでOKですハイ

うん、硬質的なKAI31さんのギャンにこの塗装は合わないかも(&迷走状態に火に油確実)。
→しかしご覧くださいこの「ある種・工作の苦労は何だったんだ」状態!w
塗装如何で作品の存在はどうとでもなる(良くも悪くも)ワケで~KAI31さん、ここからが本勝負、気を抜かず頑張ってくださいー

ファ~ァ ワタシはゴロ寝w

>コジマ“○ホガニー”大隊長ドノ
そーそー、ミュシャ・エッシャー・クリムトの次はロダンに挑戦なのだよ…って、違わーい!(第一、本物の石使ってたらスケール感合わないってば)
前に言うてたやん、「船大工の次は~」って。結論を言えば、プラを宝玉に変えるインチキ錬金術師やってたのサw

それにしても時を同じくして(打ち合わせもナシに)、二人揃って「新しいまだら塗りのトライ」やってたとは…怖っ
また現物並べて見比べたいやねー
サンキュ!

…でも正直、若冲の境地はまだ遠いにょ(遥)

>カワシマさん
ありがとさ-ん
「サッキー」懐かしすぎ(爆) 思い出せなくてググッたでよw

ラップさんでカワシマさんに「ギャン胸の円形スリット」のハナシされて~
「…あぁ、アレかぁ」てな反応だったでしょ?
今だから白状すると「…そんなこともやってたっけなぁ&でも現状、アレって目立たない・もっと目を引くことやってんだよなぁ」だったのありますw

また現物前にじっくりダメ出しプリーズです!
カワシマさんも例のブツ、そりゃベクトルこそ違えどエネルギーとしてはギャンと同等か・それ以上で仕上げたんだろなぁ…と期待しつつw

>nishiさん
どもー ありがとでーす!
ますますキワモノ・ゲテモノ路線まっしぐら(まっさかさま?w)の成れの果てですー
だって普通にnishiさん達と同じネタで・同じ土壌で作ってたら勝負になんねぇんだもーんw。
みんなの目の及ばぬ遠くで・隠れてネタ繰りする隙間産業デス

んでも「確かに!マクベらしい!」と映ってたらスッゲ嬉しいっす!
またオフなどあれば現物連れてく(てゆっか当分はコレでしのぐ所存)んで、見たってくださいー

>まつおーじさん
ども、いつもどこかでお世話になってる気がしますが~今回もありがとでした!
そーそー、「既存のガンプラに使われた形容詞では表現できない」カンジ…
早いハナシが「変ちくりんでマクベらしい」(爆)ならOKデス!
設定は…まぁこのまんまポンと出したらホントにただの変ちくりんで終わるwんで~設定の洪水で見る人を「その気にさせる」モデリング。
たまにはこういうの過剰なのもいいっしょー

またfAさんにコレ連れてお邪魔させてもらうです、笑うなり鼻血だすなり存分にドゾーw

>haharuさん
ありがとです!
ありますよねー、その呪縛。やはりプラも金属も“工業製品”という意味では同じな以上、どうしても足枷は付いて回ります。
と同時に、どー足掻いても本物の金属パーツには勝てない不条理感…
「だったら石でやっちまえ」という全く違う角度アプローチ…楽しんでもらえたら幸い!デス

いやいや、haharuさん器用だもん、出来る人間がいる以上、不可能じゃないって…
問題はこの塗装法、応用分野が思いつかないことデスw
(一発限り?もったいねー)

>Takuyaさん
まずTakuyaさん、前回パラスんときは「だれがほめるかボケー」だった(爆笑)のに成長してますやんww
→きっと通知簿に「おともだちに思いやりがもてるようになりました」と書かれることでしょう

そ、そかー油絵の具って手もあったか(遠い目)
まぁ結果が十分すぎるほどにセンセーショナル!みたいなんでヨシとしまっす

で、確かに「工作頑張ったのはどこへやら」w。実はあんだけ頑張ってたのは…サフ段階に至ってもなお、ヒスイの塗り方が確立してなかったからなのら(「ベタで塗るか・宝玉か」ギリギリまで判断遅らせたので、「ベタでもそこそこ見れるディテールを」と頑張ってた)。

ハッチャケ造形ねー、また苦手な分野を突きつけてくるよこの兄ちゃんは…
*凄まじいシールド改造案もあるにはあったんだけど、たぶんそれやってたらシナンジュどころじゃなく完成しないと思われま(殴w)
サーベルは、ファンタジー系RPGの挿絵にあったのをアレンジ。
そういうアレンジ・パクリでもいいから、少しずつ設定画から解放されてかにゃなー

あ、的を得た指摘・批評は大歓迎なんで無問題!ありがたいですー。
…てか、わざわざ自分の作品を展示すんだから、もーちょっと批評される責任も・賞賛を受ける権利も堂々とあってイイと思う最近

返す刀でTakuyaさんが1/100ギャン(リテイク)、どーいう手で来るのか、あぁ楽しみだなぁ→「ZIGちゃん塗っといて」はナシねw

小声で「死ねばいい」→いや、ゼッテー「しねしね大合唱」になると思ふww

>たんこぶサン
うわぁわざわざコメありがとですー

そう、実は先日、フラリとアフガンを通りかかった際~超偶然にもギャン型のラピスが・中国でもギャン型のヒスイが落ちてましてw(ホントにラピス&ヒスイでできたらサイコーだろーなぁ)

しっかし誰も工作の記事なんか読んじゃいねぇww

いつまーでも更新チェック欄に「ギャン」ばっか書かせてスマネでした、
よーやく別のMSを書いていただけますんで!
→それはそれでまた延々とw

>DOOVAさん
ありがとですー
泣いたらダメ泣いたらダメってw
ワタシん中でDOOVAさんて、一番作品を並べたら対比が面白いモデラーさんの一人なんですよ!
そのDOOVAさんに「感動」だなんて、その事実にこちらが感動→そして感涙w
久しぶりに「振り切った」「外れまくってもうアタマのネジが残ってない」限界モデリングですが~やってみてヨカッタ!
対極のジョニザク、“ぶっさいの”楽しみにしてますよー!

>Asianさん
おヒサです&ありがとです!
あの日パチ組みしてたギャンがこういうことになっちまいました(どうでもいいけどめっさ前のハナシだなぁ)
私自身、「やりたいことはやった」けど、世間の皆さんに出したら果たして
「賞賛か・総スカンか」判断つかなかった代物で…
でもそう言ってもらえて報われたー、な思い。

塗装法は…ホント、「本物の石の特徴を見切る」しかない(というか、それが見えたらどんな手順でもOK)だと思うデスよ。
で、プロポ!判っていただけてマジ嬉しい(涙)。
自分の思い描くギャンとしては、かなり満点に近いバランス出たと思てます。

んでも工作・塗装ともに“人の手の限界”には…まだまだ甘い?かと。
まだ頑張りますよー

>学屋さん
ナニィ?アタマオカシイダトォ??

…うん、知ってる(爆)

ハッハッハ
どーだ「キ○ガイに刃物」とはこういうことだ、と開き直るZIGGY
そかなー、オイラは金褸玉衣見た瞬間に「あ、これギャンだ」と思ったんだけっどなぁ
そこから自然に「マクベ=鉱物資源」「パワーストーン」「ガンダム=悪魔」ってワードがつながってきて…やっぱオカシイよね
別にいい先生とか紹介しなくてイイですw

工作も注目してくれてあんがとー!
そしてポージング、「華奢な体躯に無理してオーバーサイズな武器
→振り回されるよに振る」イメージ(だからスタンドの支えが必要w)。

現物はプラなんで、拝んでもご利益とか無いっすよw
エ!?学屋さん、塾にって6日の!?
オイラぁF1バーレーンGPなんで欠席ですぞい(汗)
うわーヤベェ 時間あるかなぁ…

>Maさん
どもー ありがとデス!!
以前言うてました金褸玉衣、こう決着しましたー!(…思えばめっさ前のことw)

もともと「MSの色、青ならナゼ青なのか理由があったらイイな」って思いがあって~「青い素材なら青くて当然」って。
と同時に、ここに呪術的な意味合いを込めたら…てな着想。それを与えてくれたのはMaさんのギャプラン(に描かれた六芒星)だったんですよ感謝!

基本的に工作偏重でやってきたけど、頑張ってみてヨカター 
塗装も面白いや!
*Maさんなら大理石くらいチョロいですってばマジ
(大理石は透明感が必要無いので、むしろヒスイより楽デス)
是非トライしてみて下さい…!

「表現に限界は~」:月面旅行然り・ケータイ然り、もともと“人間とはその頭で想像出来たものは実現出来る生き物だ”ってな信念があんですよ。
上例に較べりゃチッポケな小手先技だけど~「ヒスイの塗装」が思い描けた、なら実現も出来るはず…と信じて黙々とやった、その甲斐あって嬉しいデス!

>suuさん
ありがとですー
ちゅーか「なんですか」って何ですかこのコメントww

トラウマ?いやーこのパワーストーンはあくまで偽モンですんで、そんな効力は無いハズ…とりあえず今なら御祓いとしてマクベの壺を格安でドゾ(霊感商法に走るZIGGY)

なんだか完成してから撮影~アップいろいろと「休めてないのにプも出来てない」状態w。
さすがに疲れたんで休みま…と見せかけて、またどっかにネタ探しに行ってきますー

Edit | Reply | 

フリークショウ  2008, 03. 25 (Tue) 00:55

こんばんは!
ついに完成ですね~おめでとうございます!!

・・・これ以外の言葉をしぼりだすのに丸一日かかってしまいました;^^
マイナス思考な私は、他人様のすごい作品を見ると凹んでしまうことも多いのですが、これに関してはもうそんな次元を超えちゃってますね~
むしろ「プラでここまでのことが出来る!」と意識の中の壁をスコーン!と突き破ってくれる感じがたまらなく爽快^^
工作も塗装も超・超絶なのは今更言うまでもないことですが、この新しい塗装法をこれだけ繊細な工作を重ねたキットに施す勇気にも感動!
模型道に迷った時、何度でも見に来たくなる作品だと思います(私はいつも迷ってますが・・・)

本当にお疲れ様でした!
いつか是非実物を拝見したいです^^

Edit | Reply | 

misaki  2008, 03. 25 (Tue) 08:17

嫌いというのではないのですが、
いまいち印象があまり薄かった感じでしょうかね?テレビで見てた世代じゃなかったので、そういうのもあって、後から知ったので印象があまりなかった感じでしょうか。

でも、マ・クベは変わった人物だな、こういう趣味、思考がありそうとは思ってたので、面白かったです。ああ、こういうとらえかた?もあるよね!みたいな。

おっしゃるとおり、リアルだけが全てじゃないでしょうし。勉強になったし、非常に楽しめました。で、ギャンは今は大好きになりそうです。作ってみたい気持ち出てきましたよ。

Edit | Reply | 

ポッキー  2008, 03. 25 (Tue) 22:08

ども!ポッキーです
コメントの嵐になることが判っているので
少々気が引けますが
コレを見ちゃうと、なんかコメを残したくなるじゃないですか!!
毎回ZIGGYさんのアプローチには期待していたのですが
今回は特にやられましたー ダウンですw
パワーストーンときましたか!
変化球どころか、種目すら別に感じられます。(良い意味で)

僕なんか、スケールモデルのように鑑賞に耐えうる、キャラクターモデルを・・・なんて思ってましたが、
目線が違いましたね
こりゃ”美術品”クラスですわw

この仕上げをやろうとした心意気!
すげーです(^^)
色んな意味で乾杯(完敗)ですwww

Edit | Reply | 

keita  2008, 03. 26 (Wed) 04:10

お見事!!

こんばんは!
素晴らしいアイデアですね。
といいますか、それを具現化する技術も凄い・・

この今までに誰もやらなかった表現、ギャンと言うMSの選択、ZIGGYさんの中でのギャンの形の再現、全てが高次元でまとまった感じですね。
僕には作れませんw

もうね、モニター前で「ほぉ~。はぁ~。ひょえ~~!」と感心しまくりです(^^)

まさに『表現とは 身を削ることなり』

お見事!!




PS

これって今年のオラザク大賞作品ですよね?(笑

Edit | Reply | 

ZIGGY  2008, 03. 27 (Thu) 00:52

>フリークショウさん
どもー ありがとですー!
一日脳を絞ってのコメw、有り難いです。

そですねー、実は藤色の調整にホワイトのドライブラシを行ってるんですが~コレは怖かった…ピキッといったらお仕舞!ですから。
その反面、実は何度か「ドボン→ベタ塗りに逃避」が頭をよぎったんですよ。それを思い止まらせたのは…あの外装ペラペラ薄でした(爆、シンナー風呂に耐えれるわきゃねぇってネw)
普通に組んだ代物だったら即、諦めて撤退してたかも。その意味では逆によかったのかな?

しかーし『超絶』って言葉にはまだ遠いですってばマジで。もっと研鑽重ねて上達せねば…問題は(何度も言いますが)この塗装法の応用分野が無いこと…いっそのこと、ニセ宝石の密造に手を染めちゃろうかと画策w

そりゃ現物はお見せ出来ますよー
「フッ 写真ほどではないわぁ!」となりませんよーに(祈)

>misakiさん
再コメ恐れ入りますー
いや、別に私の好きなMSをmisakiさんが嫌いだったらどうとか、気にしてないですからー(全ての人の価値観が同じだったらこの趣味は成立しないでしょし)。
「印象の薄い脇役」だったら「徹底的に嫌われる敵役」の方が価値もあるしw

>ポッキーさん
ありがとさんですー
毎度毎度の横道モデリング、そう簡単に尻尾は踏ませんデスよw

そしてどですか、コレがイタチ筆の底力ッス!
「お前の力で塗ったのではない、得應軒のイタチ筆の性能で塗ったのだ!!」w
…この仕上がりと引き換えに、1本オシャカになりました(泣)

スケモの方法論ではどー行ったって「…でもさ、誰も実物のガンダム見たことないじゃん」なんですよねー。
それも楽しかろうけど、「キャラ・SFモデルならではの・観念的な“リアル”ってのもアリだろ…」と前々から思ってまして、今回もその帰結(のひとつ)。
作品に劇中のマクベ&ギャンの存在を落とし込めてるなら、それもまた立派な“リアル”だろう…と。
*私、学生時代に数学って大嫌いだったんすよ。理由はいろいろあれど「正解がひとつしかないなんて面白くない」…そゆことw

あ!ポッキーさんのご感想も有り難いデスが~それより(爆w)気になるのは~奥さま、どう言うてはります?
その辺も含めて、現物お見せする折には聞かせておくんなましー

>keitaさん
ども、ありがとですー!!
途中何度も「この塗装、出来たら凄いって」「無茶!潔くドボンしろって」の綱引き、もはや一体どちらが悪魔の囁きなのか判らんよになってた(重症w)ですが~最初の判断を信じて突っ切ってヨカタ!

こうしてコメ頂くと、私なりの「ギャンってこうだと思う」が表現しきれてた&
画面の向こうにも伝わってたんだなーと判って…嬉しい!!
もう身を削りまくって即身仏デスw

「僕には作れません」:keitaさんはこんな“裏道”に手を出したらダメですww
でも、その気になれば(私よかずっと高効率・本物ソックリに)出来ますってば!

オラザク:大賞はムリムリーw

でも、何か獲れると思います?
・・・出してみよっかなぁ
(上原さんに伺ったら~現物コンペ向き・写真の出来栄え次第だなぁー、だそで)


…というワケでkeitaさん、今年の受付け開始までに審査員になっといて下さいw(根回し攻勢)

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。