--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008_10
07
(Tue)01:02

穴があったら

よーし、たんこぶさんのご負担を少しでも軽くすべく、ダブルオーの話は書かないことにし…
えぇ、ただ「見てなかった」だけです<語る資格ナシww

気を取り直して。
ダブルオー同様、今まで蚊帳の外だった『崖の上のポニョ』
やっとこさ観に行って来ました。
※夏休みシーズンに混雑・劇中大声でしゃべる分別無いガキどもご自由なお子様ら…に悩まされない時期を待とう作戦が的中。
とはいえまだ観てらっしゃらない方も多いでしょし、ネタバレ的なことは無しで


間違いなくイイ映画。
…な一方で、「賛否が別れているのも判るなぁ」「うん」
『ナウシカ』や『もののけ』みたく、見終えて「考えされられる」のを求めるファンにはアッサリしすぎ、かもしれませんね。

結論。
『宮崎駿さんが世に送り出したもので失敗作は、あの息子だけだ』(爆)てことでw
※『ゲド戦記』原作は私の生涯最高の著。
 それを頼んだ覚えもないのに勝手に映画化~超駄作に貶められてしまった忌まわしや忌まわしや
 →そーいやアレ以降、息子の名を聞かんですね(当然か)



ケンプです。
ここ最近はひたすらブチ穴と取っ組み合い。
結局、こんな具合に行き着きました。

Kämp081
Kämp083


「穴があったら~」…ケンコバの「これが僕なりのゴールデンです!」は笑ったなぁ↓つづく

①ブチ穴
裏ガン王んときに
「ギャンの左胸にあけたミシン目みたいなディテール(コレ)。全ブチ穴をあんな具合にしたいな」てな構想を話してて…その成れの果てデス。

「なんだ、ギャンでは目立たなかったもんだから、
未練がましく使い回しかよ」

な―んて声は聞こえない聞こえな―いww
(ま、アレ以降もあんましその真似・応用も見かけないし。私がやります)

Kämp084 前腕 Kämp085 肩球体
Kämp086 背面

前腕10ヶ所・肩12ヶ所・背中10ヶ所。
基本の作り方はコチラ
別工程で二重円環を作っておき、穴あけ~仕込んで接着、ツライチに整えたものです。ブログアップ前にサフ一発入れて、色味を統一。

厳密に「軽め穴という用を成してるか」と言われると微妙ですが、いつもどおりの「美観優先」。ウチのフィロソフィー(という名の逃げ口上w)。

リブやC面など、もう少しディテール追加するか考え中です。
下手に増すと“成り金趣味の木彫りの家具”みたくなりそうでw
※今の時点ですら、キレイなんだか気持ち悪いんだかキワキワ。
 途中状態をおなじみゲルググ依頼者サンに写メしたところ…「何コレ、キモッ!」と斬り捨てられたw


以上のブチ穴処理、出来映えはともかく…
ぅあーしんどかった!!

②腰
Kämp089 →Kämp087

中央の角バーニア。付き位置が下すぎるのか、股間(腰エリア)の間延び感・
腰位置低い感が抜けません。
気になったので新造しました。
グンゼパンツみたく見えるのは色のせい?こんなとこまでクレオス(グンゼ)にする必要はナイw

Kämp088 比較
実寸差ではそんなに小さくはありません。狙いはあくまで「バーニヤの位置を上げる」こと。これにより腰がキュッと小さく&上に(小股が切れ上がった状態)上がったよに「見える」。
脚長感も増したと思います→キレイな立ち姿に
*お尻側は、ショットガンラックも含めまだ造形中

ディテーリング・塗装ともプラン乱立で、いろいろ考えながらやっています。
引き続き頑張ってみます―
Kämp082



…ちょっと長めに書かせてもらっていいですかね、シンガポールGP。

「ナイトレースに関する心配ばかりしていたが」「それは概ね杞憂。初の試みは大成功」「それよりコースのタフさが際立った」etc,総括。
アロンソは最高にイイ顔してましたね、素晴らしい!


…それはそうと!!
1チーム、果てしなく無様で・情けない戦いっぷりで余裕の1-2を棄ててた
赤いの、いましたね…
本当にアレが99~04年までコンストラクターズ6連覇・この10年でタイトル争いに絡まなかったのはわずか1年だけ(!!)のチームなのでしょか。
「ミスはこれっきり」と言いながら全く治らぬ重症・自らの非を認めて改めることも出来ぬ石頭…いまやチーム力は二流以下?
「本気でファンやめよっか?」怒り爆裂でした。

チームのミスでレースを落としたマッサを「気の毒」「可哀想」と気遣う意見も判りますが、トラブル後の彼の“グダグダ走り”もアタマきたなぁ…
あんな集中力と覇気とプロ根性に欠けたレース、ミハエルなら絶対にしなかった!
(98年鈴鹿、ポールからエンスト→最後尾へ。そこから3位まで追い上げた激走は感動)

点差を見れば「厳しいものの、まだ逆転可能」なんではありますが、それ以上に「今季は決まり…だな」と思わせるモノ多かったシンガポールでした。
脱力。



~最後にヴェロキラプトル化石発掘現場より中継です~

raptor04 相変わらずカッチカチ
依然、強固な岩盤に苦戦中。
古生物学者とは実に地味で・忍耐力の要るものだと、姪っ子は身をもって学ぶのでしたw



スポンサーサイト

COMMENT - 14

nishi  2008, 10. 07 (Tue) 06:06

一個だけでも挫折しそうな穴がいくつも空いてて
なんじゃ?この人!って感じなんですが・・・(汗
マッサは許してあげて(泣

Edit | Reply | 

らいがー  2008, 10. 07 (Tue) 06:24

|ω・`)・・・いや~スゴイね!化石発掘!!(←そっちかw

|ω・`)・・・水に浸すとか、スチームクリーナー使うとかw
       姪っ子に科学の力を是非♪(マテw

|ω・`)・・・ZIGGY開発の穴だからZホール?
      ケンプにコレは新しいでつね~
      更に中心にメタルパイプとか、、、

|ω・`)・・・友人いわく「キモッ!」って言ったのは多分
      ZIGGYタン本人に言ったと思われ、、、(ぁ

|ω・`)ノみーちんぐで見れたらいいな♪

Edit | Reply | 

KAI31  2008, 10. 07 (Tue) 09:10

お早うございます。

パッと見結構穴開けたんだな~位だったんですが・・・何ですかこれ?(笑

>あんましその真似・応用も見かけないし
え~そうでしょう!^^
私だったらこんなの1個だけでも気が狂いそうなのに(爆

でも不思議と違和感を感じさせないディテ構成は流石です!

>シンガポール
雨天は別問題として、ドライ状態なら「有り」ですね!アロンソの激走は久々に興奮しました。
今のフェラーリはホント脆いですね~
何かあると途端にあっちこっちに散らばってw

いかにミハエル時代のチームが凄かったかってのを再認識させられますね^^

Edit | Reply | 

ケンタン  2008, 10. 07 (Tue) 21:14

こんばんは。

ブチ穴。
やりましたね~^^
自分も一度トライしてみましたが、平面に作るのはなんとかなっても、これだけ曲率の大きい面に円を崩さずに取り付けるのはものすごく大変だったんじゃないかと思います。
しかも隣り合う穴がほとんどくっついてるんじゃないですか?

>>※今の時点ですら、キレイなんだか気持ち悪いんだかキワキワ。

うちのヨメもこういうブツブツ感のあるデザインが嫌いで、水族館の魚が群れてるだけで気持ち悪がります。
自分は全然平気なんですけどね。
好き嫌いが半々なのがほんとのキワキワでしょうか。

この穴の間から何が覗けるのかが楽しみですw

姪御さんはいい勉強になりますねw
自分の息子も化石ホリダーになりたいらしいのでプレゼントしてみようかと思ったんですけど・・・悩んじゃいますw

Edit | Reply | 

学屋  2008, 10. 07 (Tue) 21:57

イヤイヤイヤイヤ、、、、

こんな穴フツーは出来ないってw

やっても1個か2個でヒーヒー言ってるってw


本体に穴開けて埋め込むにしても、しっかり角度を決めてやらないと穴内側の壁面が揃わずガタガタに見えちゃうし(これは背面のキツイRのところでもそれに沿ってしっかり配置されてる!キョーガク!!!orz)

プロポーション改修も堂に入っててカッコイイ!
これも完成が凄く楽しみっす(^^

Edit | Reply | 

dumber  2008, 10. 07 (Tue) 22:10

お疲れ様です~(^^)

ブチ穴…すんげえ考え込んだ後答えを見て…唸りました…(;^^)


でもコレだけは絶対参考にしません できませんw

腰部…角バーニアの位置が変わると、あんなに見た目も変わるんですね。

面の構成もあるんでしょうか?

しかし益々美脚になりましたね(^^)
また次の展開が非常に楽しみっス!

Edit | Reply | 

Takuya  2008, 10. 07 (Tue) 23:24

先日はお疲れ様(いつの話だ!)

『崖の上のポニョ』
子供は子供で深いこと考えないで楽しめる映画。

大人は…
最初、「???」だと思ったのですが、
見終わってからじわじわとボディブローの様に効いてくる深さがありました。
上っ面だけ見ると「ただの単純な映画。結局何言いたいの?」と思われがちですが
今までのジブリの中で一番深く考えさせられたかも…
DVDで早く もう一回、見てみたい作品です。


しまった!この前のコジマ塾でみんなの作品をまったく見てない(ジギちゃんのも)
いったい、何しに行ったのか(爆)

で、見逃したケンプ。
>ブチ穴
うっわあ これまたMSかよ!(褒め言葉)

私がこれと同じことやるとしたら…
コンピュータにカッティングしてもらいます(笑)


私、年末まで山にこもりますんで でわ

Edit | Reply | 

Asian  2008, 10. 07 (Tue) 23:28

こんばんは~Asianです。


普通は真似しようなんて思いませんよ^^;
もしいたとしたら、カナリの根性の持ち主ですね~
あれだけの数をこなそうと思うだけで発狂しそうですorz
コレだけでも凄いですが、何か他にも引き出し持ってそうで期待してます!
ではでは~

Edit | Reply | 

J-PEI  2008, 10. 07 (Tue) 23:35

ZIGGYさんこんばんわです~。

って相変わらず目も眩むようなディテですね。
しかも計32ヵ所~!?(裏声

ってか真似・応用なんてZIGGYさん以外にできませんから!何かの修行のように見えてきてしまいました。

やべ,こっちも気合い入れて作業しないと!。ZIGGYさんも(発狂しない程度に)頑張ってくださいね~。

Edit | Reply | 

ZIGGY  2008, 10. 08 (Wed) 01:55

うわー
ブチ穴にコメいっぱーい
「みんな、穴が好きねぇ」(違)

>nishiさん
おばんです!
なんじゃこの人って、こんなことしか出来ない人デスw

んでも基本はエバグリのパイプなんで削りやすいし~
穴あけも、外径に合うリュータービットがあるし。
“一度、図に乗れば”後は黙々と調子よく進むもんですよ
…おそらく、もし途中でトラブッてたらマッサみたく破れかぶれになってたと思うけどw

マッサー!
だからオマエはいつまでもフェリペマッサなんだー!!(判ったよな判らんよな怒り)
ホース引きずってでもチェッカーまで走れー!


>らいがーにょんサン
ヤだよー、穴に自分の名が付くなんてサ(赤面w)
んでも、キュベからディアス・06R・ギャンなどなど~無意識下に&根本的に『円環・波紋・放射状』なデザインが好きなんだろネ。

うわ、あの女なら言いそー
「そんなのやってるアンタがキモイ」(かなりの辛口・毒舌・ドS)ww

ケンプは明日連れてくデスー(てか、コレしか連れてけそうなんが無い)

ラプター:えー、姪っ子には「結果じゃない・プロセスを楽しめ」と教えてるんでソイツはダメだ!
(なまじサッサと発掘されて「また買ってー」言われちゃかなわん、という事情もあるのだ!w)

>KAI31さん
おばんです!
ハハハ、私はKAIさんの32倍アタマが狂ってるのら(マテw)
いやいや、確かに工程自体は骨が折れますが、作業レベルはそんなに高いもんじゃないんですよ。エバグリは本当に精度高いし。
そう、ただ慎重さと大胆さのバランス…そして「飽きない」こと、かな?

んでも、マジで「でけた…けど、頑張った割には主張の薄い仕上がりになったなぁ」と、軽く肩透かし食らった気分だったんで、
こんなに反応デカイのはビックリ!
嬉しいです。
KAIさんもゼヒ、グフにこれを導入…(悪魔の囁きw)

シンガポール:ホント、アロンソの晴れやかな笑顔で救われたGPだったですねー(中盤、かなり落胆のズンドコ)
何か「落日感アリアリ」というか、ミハエルの遺産を食い潰し~もう残高が少ない感じがひしひし、ですよねー
*富士からあの意味不明の信号をやめ、ロリポップに戻すそで!「遅きに失したが、やれ!」

ところであのコース。
頭上の構造物が低い&多いの、気になりませんでした?
高速での追突…例えば92年エストリルでのベルガーvsパトレーゼの事故。ウイリアムズが宙を飛んだの覚えてます?
ああいうの見てる古いファンには「ちょっとアレ、怖いねー」な気分になったりするデス

>ケンタンさん
こんばんはー
そだそだ、ケンタンさんトライしてましたよねコレ!
屈曲の大きい面対策はデスね、今回はコトブキヤじゃなくエバグリのパイプを切って使ってんですが~
厚みを多めに取ること、です。今回だと3ミリ幅でカット。相当飛び出させて固定し、その分カーブにも対応~削ってます。
でも、サフってみたら「穴同士、もっとくっつけれたな…!」と悔しがってるのがホンネなんですよ。

奥様:何と!「女子供に媚びてガンプラ作ってるZIGGY」の名折れじゃ!w
判りますよ、水中の土管にアナゴがビッシリ入ってるのとか、ですよね。
奥様には「小花柄だと思ってくだされ」と(ムリ?)
ま、真の美とは、気持ち悪さと怪しさと危うさとエロスのナイフエッジ上に成り立つもの…って、これも得意の逃げ口上(爆)

ラプター:ある意味、全然進まないのもいい勉強、かな?
最初、「一回掘ってオシマイなの!?」と割高感もあったのですが~こんなに硬いとは!苦労を買ったと思えば「元は取ったろう」な思いですw


>学屋さん
ばんはーっ
そだそだ、学屋サンに言ったんだよね「アレを全ブチ穴に」構想!
→って、まさか「出来るワケねぇだがや」「ナニ無茶言って自分を追い込んでんだZIGGY」って内心笑ってたんちゃうやろなー!!w

学屋さん知ってるー?「ヒーヒー」もね、32回言ってたら「ヒヒヒ」に、最終的には「…ウヒッ」になるんだよ(狂)
お医者さんにコワーイ注射打たれる前に終わってヨカタよー

*マジメなハナシ、屈曲キツイ箇所の角度決め。内壁の方向を揃える苦心。
「さすが学屋さん、苦労したとこを見抜いてら!」 驚きデスた。
→というワケで、学屋サンには“こっちの世界”に入信する資格は十分にございまーすw

>dumberさん
こんばんはー
全くもって疲れましたよー今回ばかりはw。
結局はいつもどおりの
「ウダウダ悩んでるヒマあったら、手を動かした方が早い」だったんすけどね。

「…ま、なんとか出来んじゃない?アタマでは思い描けたんだしサ」
こういう勘違いwって、創造の場面では意外と大事だったりするんですよね。
(文句の多い人間ですが、根は「人類は、思いついたことは実現できる生き物だ」と本気で信じてる楽観主義者でしてw)

腰部:そですね、「直角を無くすことで、面の流れを軽やかに!」というのは心がけたつもりで。
ケンプのデザインの中で唯一“重い・固い・モサい”箇所だったと思うので、イイ結果になったんじゃないでしょか(やはり楽観的w)

引き続き頑張りますー

>Takuyaさん
どもっすー
「いつのまにかいた」Takuyaさんと「いつのまにかいない」ZIGGYなのらw

『ポニョ』!
そう、「こんな終わり方でいいの?」「ブツ切りだよねー」「ここまでリアリティ無視か」などと浅薄なオトナは片付けてしまいそう…だけど、“全てが何かにつながっている”感が残るんすよね!
「ファンタジーだからこそ、現実の雑事に囚われず“真実”を伝えられる」てなコトバを思い出します。

*個人的にはBestジブリは『もののけ』。
あの「うっわー、重いなーぁ」感は堪らんかったなぁ
でもきっと、ポニョでも語られてることも根幹は一緒、なんでしょね
→そう思うと駿サン、更にスゲ!(どうか息子の失態の責任取ってゲドのリメイクを…)

先日の塾は~
Takuyaさんはアレでしょ、“秘伝・超音波メッタ斬り”をしに行ったんでしょにw

コンピュータカッティングかぁ…待てーぇ!「プラモデルつくり」の初期衝動はどこへ行ってしまうんだー!(反逆)
てゆっか、こんな屈曲キツいパーツを切れるの?「薄いプレーン板を切って曲げる」にせよ、やはり複雑な曲面がネックになるよ!
もし「チッチッ そんなの無問題ョ」だったら…アナログ旧世紀モデラーは何をすりゃいいのやらw

山篭り:もういっそ、『至難呪』と書いてシナンジュと読もうぞww
「どーせ完成しやしねーって」と軽口叩きつつ、内心では超期待してまーっす

>Asianさん
おこんばんはー
そう、いつも「スゴイスゴイ」とおだてられつつ~気が付いたら誰も着いてきてない・横道わき道まっしぐらのZIGGYモデリングww
既に何度か発狂してるので、意外と正常に戻れるかもしんないですね…

んでも技術的には(エバグリの精度に助けられての工作なので)そんなに至難の業、でもないんですよ。意外と重要なのは…焦らないことかな?
瞬着でなくセメントを使ってるので、「今日はここまで!」というノンビリ感が硬化時間となり~翌日、となりにデカい穴を開けても大丈夫、だったりしました。
他にも引き出し…あるにはあるんですが、基本的に“模型界から持ってきたものでは、ない!”ので翻訳・転用に手間取ったり&諦めたりしてます。
気長にやりますー

>J-PEIさん
どもーこんばんはスー
確かに32箇所はキツかったデスね、
「修行」のような・「賽の河原」のような。

…でもキットの背面穴は、もともとは14個ですよね!クリアランス的に無理だったので10個に減。
それでも何箇所か、バンダイのプラ厚をもってしても割れました。
サフの下はカナーリの継ぎ接ぎ・手術跡だらけだったりします(汗)

J-PEIさんも追い込みですよね、リンク先のコジマ大隊長サンが同じFAガンダム製作中なんで、見比べながら楽しんでますよー

発狂は…ダイジョブです!
もう十分したので、もう狂うのも飽きましたww
(アタマにブチ穴も・10円ハゲもあいてないし)

さーてディテール続きしよっと

Edit | Reply | 

たんこぶ  2008, 10. 08 (Wed) 09:18

>たんこぶさんのご負担を少しでも軽くすべく
そのお心遣いたしかにうけとったぁぁぁщ(゚Д゚щ)
だがしかし!
あいやしかし!
手前如きに遠慮は要りませぬ!
だぶりゅおーに関して万事想いのたけを綴ってくだされ!
さぁ!
さぁ!
さぁ!

わるのりしすぎw

>ブチ穴
最初に「ここから触手(ヒートロッド)が出てくるんだ!」と思ったボクは人間失格です。

Edit | Reply | 

hide  2008, 10. 08 (Wed) 23:01

脱力。

お久しぶりです、こんばんは。

シンガポールで、「アルバース2世誕生」&「もう今シーズン終わった臭がプンプン」で同じく脱力。
まさに情けない戦いっぷりで・・・全力でミハエル時代の貯金崩してますな。ヒューマンエラーなんて信じられないミス連発で頭痛いっす。
以前コメントにあったように「落日は08から」本当に当たりそうで恐ろしいです。

今回、勝負所でのアロンソの走りは天晴れ。あの走りはさすがですね。多少?の運はあっただろうけど素直にひとこと「おめでとう。」

Edit | Reply | 

佚  2008, 10. 09 (Thu) 23:41

こんばんは!

昨日は相談に載ってもらってありがとうございました~。
解決…はしてないけど、方向性は見えてきたので。

ところでZIGGYサン、ワタシは「キモッ!」とは言ってません。
ニュアンスがちょっと違うデショ…。
でも「ZIGGYサンのアタマの中についてはそんな感じ」だと思ってます…。想像通りだね!

Edit | Reply | 

ZIGGY  2008, 10. 10 (Fri) 01:28

>たんこぶサン
どもですー
「穴という穴からウニウニとヒートロッドが這い出してくる」地獄絵図!!
なーんか『我輩は猫である』(by漱石)に出てきた、“蛇飯”のエピソードを思い出します…
*注釈。
山奥で道に迷い~民家に一夜の宿を求めると、出てきたのは若い娘さん。「お食事作りますね」と言うのでソーッと覗いてみると…
彼女は生きた蛇を大量に鷲づかみ、煮えた鍋に放り込んでゆく(驚)!鍋の蓋には丸い穴がいっぱいあいてて、熱くて蛇はそこから頭を出す→次々と蛇の首をモグラ叩きのよに斬ってゆく娘さん。
火が通ったらうまい具合に背骨もツツーッと引き抜けて、「お客様、支度が整いましたー」
腰を抜かして逃げ出した~
という、どこまでホントか判らんハナシでw。

ハイ!仰るとおり、蛇飯に関して万事思いのたけを語ってみまし…
え、違う??ww

00はデスねー、SEED同様、決して「面白くないに決まってら」なーんて理由で見てないんじゃないんですよ。
ただ、「見たら面白いんだろけど、これ以上手を広げたくない」というか~
“情報あふれかえる世の中、これぞ引き算の美学なのじゃ”なーんてこれまた逃げ口上w
→結果的に、知らないガンダムやMSの名に囲まれてたりするのねんw
ま、こんなモデラーが一人くらいいたってイイじゃないすか
わははのははは(ガンプラサイト管理者失格ながら反省の色皆無)

>hideさん
おぉ、失意の友よ!(号泣)
いま思えば、バレンシアでの給油マン引き倒し&危険なピットアウト事件は「天からの最後の警告」だったのかも?ですね。
それを無視し・過ちを正さなかったしっぺ返しを、まさか天王山・楽勝の展開で喰らうとは…
よくよく思うけど、「F1って、ホンマによく出来てるワ」w

ミハエル時代も多少のヒューマンエラーはあったけど、それを繰り返さない・アッちゅー間に修正し・更に強い戦闘集団になって帰ってくる凄まじさがありました。
それがこうも脆く崩れゆくとは…もうドメニカリはクビじゃ!w ミハエル監督を呼んでこーい

*やっとこさロリポップに戻すみたいですね。
「一回笑われる方が・笑われ続けるよりみっともなくない」ことにようやく気付いたようで…

アロンソには喝采!
なんと言いますか、骨太さ・「アイツなら任せられるゼ」感(即ち、「アイツでダメなら誰がやってもダメなんだろう」、という一蓮托生感)が違いますやねー

>佚ッチャン
え?じゃぁ例の“痛ましい妹”案を採用?(ゼッテー違う、笑)

あ、ホントだ。「キショイ」だった
まー 魚肉ソーセージや“くまぎん”みたいなもん?
「穴」つながりで言うと、「同じ穴のなんとやら」ってヤツでサァ

またメールするねー


Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。