--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_04
04
(Sat)01:10

1/1200 ガウ

ax-gaw001    ax-gaw002
旧キット・1/1200ガウです。
劇中イメージを捉えた素性の良いキットですが、ぽっこり寸詰まりの・
かなりファットなフォルム。
もう少し航空機ぽさを出すべく改修しました。
08小隊版の設定画や・オリジン画稿を参考にしています
※余談ですが、オリジンで安彦さん描く艦船モノって凄まじくカッコいい(特にチベ)

ax-gaw004

ax-gaw005

ax-gaw006

コチラ、素組み
ax-gaw024  ax-gaw026

詳しくはつづく↓

ax-gaw025 ax-gaw023
素だとかなりの「ポッコリ」「デコっぱち」ですねw。
これを「航空機ぽく」、具体的には低く・薄く・広く改修していきます。

《工作》
主翼は3ヶ所でカット、内から順に2、1.5、2ミリの計5.5ミリ幅増し。
近すぎだったエンジン間を少しあけます。
ax-gaw012    ax-gaw011
左:エンジンのフィンは全て0.25ミリ板で作り直し(40枚)。奥にスリットプラ板を仕込んで。
右:両翼のカタパルトは新造し大型化。前方にはシャッターを付けて。
実はこれでもキット付属のドップ入りません(ギリギリアウトw)


ブリッジ周辺は一旦切り離し、下に埋め込ませ・後斜する形で再接着。
垂直尾翼は大型化。機体尾部を延長し、取り付け位置を後ろに。
ax-gaw009
胴体はエポパテで「しもぶくれ」「あんこ型」に。
単なるおデブにならぬよう、ゆるーいエッジを立てています。

ax-gaw014   ax-gaw013
左:後方。斜め下に生えた尾翼は基部ごと新造。
エンジン噴出口はディテアップパーツで。
着艦や空中給油には必要かと後方ブリッジを追加(エポパテの塊)。
でも「…これがあったなら、ああもマトモにWBに叩かれやせんだろ」と後で気付く(汗)
右:裏面。 爆撃はここから。
それにしてもどういう機構で離着陸してんでしょね、ガウ。
車輪が出るとしたら下の尾翼が邪魔…どんだけ車脚長いんだか

最後に全体にスジ彫り&貼りディテ。
過去作グワジンザンジバルよりスケールが2倍なので、気持ーちクドめに。

《工作終了》
ax-gaw028  ax-gaw027  ax-gaw029
ax-gaw030  ax-gaw031
※かなりスマートに。
両翼&尾翼延長・ブリッジ埋め込みは、MSの手脚延長・小顔化に相当するのかも


《塗装》
紫:ラベンダー(フィニッシャーズ)+蛍光ピンク+ホワイト+ブラック
赤:マイカレッド(フィニッシャーズ)+ホワイト+ブラック
グレー:ガンダムカラー・グレー20

スミ入れ&デカール後、フィニッシャーズのスーパーフラットコート
→明灰白色でドライブラシ。

グワジン同様に、機体上面にはインシグニアとして巨大なジオン章。
ガルマの乗る旗艦にのみ描かれてる…としましょう
ax-gaw015
ノースロップの全翼機みたいなフォルムは綺麗ですね


スタンドは3ミリ棒&ポリキャップ接続に変更。
プチMS4体並ぶスペース無かったので、ステージ作ってあげましたw
ドップは0.3ミリ真鍮線で接続。
ax-gaw016  ax-gaw020

《オマケ》
付属のプチMSたち。
棒立ちが切なかったwので、各ブロック切り離してポーズ付け。
こうして見ると、バランス悪くないですね…やるな旧キット!
※ズゴックの爪・ザクのシールド・バズーカは作り直し

ax-gaw021  ax-gaw022
何せちっちゃい!ものの1センチほどですw
ax-gaw034 キット状態


最後に大判写真を。
ax-gaw032   ax-gaw033


重力下で初めて交戦した敵・ガルマ。
市街戦で見せたブライトの機知・シャアの謀略・ガルマの壮絶な最期、ガンダム前半の名シーンのひとつですよね。
当時は「裏に何か大変なドロドロがあるんだな」とか感じてましたが~
今改めて観ると、ただ悲運のガルマに肩入れしてる不思議。

ax-gaw010

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。