--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006_03
16
(Thu)21:12

ジオング、好き?

あーエラい雨でやす。今日はトップコートどころじゃないっすね。
ジオングは昨日でデカール一段落。アタマ疲れました(笑)
特にデカールって「ここで終わり」ラインが無いんでやめ時が難しいですよね。
クドくならず・寂しくもなく。全体の美観を高める上でかなり重要なアイテムという位置づけです。

ちなみにデカールは
・機能デカール→機能や注意書き。着艦~整備時に読めれば良いもの。整備士用。
・標示デカール→敵味方&所属艦・部隊の識別。稼動時に周囲に読めるよに。戦闘員同士用。
・ハッタリデカール→意味不明だが、よく模型誌でも部分的に集中して貼られてるもの。デザイン的な工夫も。SFメカっぽさの演出。模型を見る人用。
と分けて貼ってます。今は分けてるけど、これらがシンクロできれば私もデカール上級者かな?なんて思ってみたり。
GFFでお馴染みの「斜め貼り」なんかは標示とハッタリの見事なシンクロ例ですね。
今日はマークソフター塗って、浮き・ズレの最終調整といきますか。

Ze054
こんな風に小さな回転TV台の上で回してバランスみながらデカール貼り。中華みたい(笑)

↓ところでジオングって~続く
ジオングって不人気MSなんですかね。
それともどう考えても「売る気無いでしょ」なキットのせい?
ZIGGYは実はファーストの中でも1,2を争う好きなMSだったりします。

脚の無い特異なスタイル・手ぶら・未完成・シャア機なのにグレー・ラスボスの割にはアッちゅー間にやられちゃう。
でも何と言いますか…その「存在の哀しさ」に惹かれちゃいます。
最終機にジオンの名なんか付けちゃって、最後まで「センチメンタリズムで戦争には勝てない」ことを解せなかったジオンらしい。ちょうど戦艦大和やビスマルクのよに。
そしてぶっつけ本番の出撃にてガンダムと相討ち。ちゃんと完成~テスト出来てたらどうなっていたか、歴史の「if~」の詰まった機体だと思うのです。
せめてホワイトベースのエンジンを撃ち抜くのはジオングにやらせてあげたかったなぁ…なんてこれもまたセンチメンタリズムか。
「戦場はドラマのようにかっこいいものではない。現場にいてもこんなものだ」
スポンサーサイト

COMMENT - 2

Munyu  2006, 03. 17 (Fri) 21:57

 なるほど~、思いは深いですね。

 私は深い理由はないのですが、なんとなくジオングはどうでもいいかな派です。ギミック大好きの私としては奇天烈ギミック満載のジオング好きになってもよさそうなもんですが、なぜかいまいち。

 寂しい機体なのかもしれませんね。

Edit | Reply | 

ZIGGY  2006, 03. 19 (Sun) 18:22

>Munyuさん
そそ、その寂しさに惹かれるか・薄いと感じるかの差だけだと思うんですよ。
しかし「足なんて飾りです」の境地に達してたジオンの技術陣。早くも“重力に魂を引かれて”なかったんだなぁ。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。