--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_01
08
(Fri)01:25

嵐を裂いてゆけ

こんばんは、2010年一発目更新です。
もう「あけましてナンチャラ」云うてる時期でも無し、皆さんよろしくー
年賀メールくれたソウルメイトw、センキューベイベー

年末年始は~
急激に寒くなりましたね、風邪引く以前に首が短くなりそw

テレビもそろそろマンネリ化かな?
ダウンタウンは笑ったがさすがに6時間は長すぎ(疲)
*個人的には花子姉さんの泥酔が無く残念。
 ブラマヨ小杉は出てたが吉田の姿は無く…またも「やってもた」んかな


それよりいくつかのCSチャンネルが、ミッシェル・ガン・エレファントの特番組んでくれてたことに触れたいですね。
もちろん「こんな形で観たくはなかった」のが本音ですが、アベ訃報の直後はこうした番組が無く「…え…」 絶句
なんのなんの、世の中はミッシェルを忘れてなんかなかったんだ
それが嬉しかったです。

そうそう、『究極のベスト盤』も出てるんだ
THEE GREATEST HITS(初回限定盤)(DVD付)THEE GREATEST HITS(初回限定盤)(DVD付)
(2009/12/16)
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

商品詳細を見る


それにしてもCS・久しぶりのライブ映像(計12時間強!)に思ったのが~
私、ずっとミッシェル解散に納得してなかったんですよ。最後の最後までカッコ良くなり続けてたから。
それが…何故だろう。納得してしまいました。
「アベがいないんだから仕方ない」消極的肯定じゃなく・
断じて「何だ、いま見たら下降線・落ち目だったわ」でもなく~
ミッシェルの出来ることは此処まで!だったんだな、と。

仲間割れでも・ロックが嫌いになったワケでもなく、
“表現者”として、リセット(環境の変え時)だったのかな…
上手いこと言えないですが、解散から6年を経てやっと
「…その気持ち、何となく判る」
そんな2010年始まりでした(なんじゃそら)


さてプラモは~
…まぁ「いくつ作るか」数値目標はいーや。
自分らしい作品を一つでも残せればそれで結構
いつ「いま制作中の作品が最後」になってもいいように。
そんな気分で・制約も締め切りも無く・悔いも残さず・しがみ付かず作りたいと思います。
…てな能書き・抱負云々より制作経過だよねw、
サザビーはプロポ改修終盤戦。1/1からヤスってますよ。
上半身の小型化に入りま…その前に。

1:頭部
mi-sz068
なんでこうもヘルメットの「ポコン」が目立つのかなぁ…と思ったら、MGと較べて圧倒的にツノとカメラが薄いんですね。
ゆえに(前から見たら)余白が多くてメットの「ポコン」が目立つ、と。

というわけで、ツノ・カメラ・アンテナを大型化してみる。
長さは変わってないまま厚く。ついでに前へ移設
mi-sz069  mi-sz070

※旧キットのツノを移植すりゃ楽かと思ったけど…メットとラインが合わなかった(没)

ようやく本題、上半身は小さく・下半身は大きく↓つづく


2:胸部を削り込み。
エポパテで裏打ち後、前面は穴があくまで削る
天面は切除、前斜する形状に(前から見たら小さく)。
前方に向かって「すぼまってゆく」ラインに。
mi-sz071 mi-sz073
さーて後先考えずこんなことしちゃって、「胸の3本スリット」はどーすんべw


3:腹部装甲(メガ粒子砲の上)も削り込み。
これは横から見た際の“S字強調”のためでもあります
mi-sz072 腹をへこませる
判りにくいけど、センターの“くちばし”も少し削ってます。
出来ればもっと派手に幅詰め・小型化もしたいんすが、んなことしたら全身のライン、リテイクのスパイラル(怖)


続いて下半身。
上半身は小さく・下半身を大きくすれば『重量感・巨大感・威圧感』は増す(顔は小さすぎるので例外)のでしょが~
それと私の求める『美人バランス』との両立
うーん、思ったよりハードル高そうネ


4:フロントスカートを1ミリ厚く。ちょっと隙間が貧相だったもので。
mi-sz074

※これだけのプラ板工作、いっそ新造した方が早かったかも、とよぎりますが…
ぶっちゃけ私、この方が好きなんです(断言w)
プラ板とパテでゼロから新造する技も「すごーい」 感心はしますが、
個人的にはキットを切り・幅増し幅詰めした“爪痕”が見える方が「気持ちいい」。
極めて偏向したフェティシズムww


5:つま先
mi-sz075
足の甲をまたぐブリッジ状の部分が「つま先との隙間が広い&パーツが薄い」ので、
ご覧のよにブリッジは低く新造&厚みをアップ。
mi-sz076  mi-sz077
スリッパが低く・肉厚になれば重量感(下方向への安定感)も増すでしょう。

その他
6:前腕外装にプラ板貼り足し。
mi-sz078
ヒジ関節に渡って「包み込む」感を出したかったんすが、こりゃちょっと貼りすぎw。また調整せにゃ

7:サーベルの穴は抜きの関係で浅かったので、深く彫り直し。
mi-sz079 最終的に貫通
1.5ミリのノミがジャストサイズ

8:バックパック
ずいぶん前に「ライフルのストックとの干渉を無くす為に幅詰め」と言って両壁まで削り落としてそのままだった(ポリキャップ丸出し)ので、囲い直し。
mi-sz080
マイナスモールドも市販パーツに変更。


全身。
やたら“白飛び”するんでホワイトバランス変えて撮ってみる
mi-sz082

サザビーって付加物のやたら多いMS。
ぶっちゃけ、あんだけデカいライフル&シールド持たれちゃプロポ判らん(多少変なMSでもカッコ良く見えらぁw)!!
なので、最近は武器無し・ファンネルコンテナもプロペラントタンクも外し、
限りなく“裸”の状態でプロポバランスを見てます。

毎夜「さて、何やろっか」とか悠長なこと言って取りかかり~
しかし実際「あっちもこっちも、やらにゃならんことだらけ」に追われる、そんな作業がしばらく続きそうです。

よ―し、次は何をやろっかな(反省ナシw)

スポンサーサイト

COMMENT - 8

かめちー  2010, 01. 08 (Fri) 07:09

毎度~☆

今年も宜しくですo(^-^)o


>“爪痕”が見える方が「気持ちいい」
分かります!その気持ち!(≧▼≦)

むしろ、塗装しないで切り貼りした部分がわかる状態で「完成」にしちゃう場合もあります(^^ゞ

ガンプラの作例も途中写真に目が行くくらいです(≧▼≦)



しかし、サザビーって「カッコよく」作ろうとするとこんなに手間がかかるキットなんですねぇ…(・・;)


いやはや、お疲れ様ですm(__)m

Edit | Reply | 

keita  2010, 01. 08 (Fri) 19:00

新年あけましておめでとうございます
本年もよろしくおねがいします(^^)

時期遅れすまそw

サザビー!
いきなりやばいのやりますなw

こんどはどんな塗装かw
いい意味で改造よりもそっちが気になってしまいますが、もちろん、改修内容も「どんなことすんねん、こやつw」と見まくってやりますので、よろしくですw

Edit | Reply | 

 Mr.  2010, 01. 09 (Sat) 01:51

ラジコン化
ボタン一つで回転

手首が。


た~の~し~み~

Edit | Reply | 

ZIGGY  2010, 01. 10 (Sun) 20:49

>かめちーさん
こんばんは&宜しくお願いします。

いますもんね、「サフ前画像が一番燃える」て人も。
私も昔は「塗って判らなくしちゃうの勿体無い」と、本末転倒なことよぎったことも…当然塗りましたけどね、「裏地や下着に凝る粋」に近い感覚でw

*作例の話は同感ですねー。てゆっか、途中画像の無い作例って不親切極まりない(そういうの作例って言うの?)なんて感じたり

サザビー:決して駄作キットじゃないと思うんですが~少ーしの「ズレ」「コレジャナイ」感が積み重なって、気が付けば…という感覚でしょか。
世に溢れる“MG大改修作例”に私が引っ張られている、というのもあるかもしれません。
「そもそもサザビーって、立体化したらそんなにカッコいいMSじゃないのかも」なんて魔の声も聞こえたり~あながちハズレとも思えなかったりw
まぁそんな中ですが最大公約数のカッコ良さはあるはず。
引き続き頑張りますー

>keitaさん
どーも、明けましておめでとデス!
こちらこそ(例年ですがw)年末年始挨拶スッぽかしでスマネです

*てゆっか、フロントスカート裏のフタ作ってて「よくこのトラスとか、別パーツで作れる人いるもんだな…例えばkeitaさん」と半ば呆れてたときにコメくれたんで「呼んだかオイ?」みたいでビックリww

サザビー、この娘は依頼者サンから
「普通にカッコ良くしてね(=アンタの自己表現作じゃないんだから、バカな塗装はしないで宜しい)」てな“圧”かかってるv-26wんで、ただキレイな赤で塗る予定。
(…てゆっかあんな無茶塗装、そんなに立て続けにやってたら脳割れるわー!!w)

だからパパッと仕上がるかな…と思ったら、意外な難物だねーコレ。
各パーツ単位ではキッチリ「サザビーしてる」分、どうそれを壊してプロポバランスを取るのかが非常に見えづらい!
“こやつ”の苦闘ぶり、お楽しみくらはいー

keitaさんこそ『逆シャア』ジャンキーだからwいつか作るかと思うけど~その前にノコ新調しとくの薦めまっす!(斬)

>Mr,
よーし
依頼者サンに相談してみよう



「…ハイ?」
だってさ

語尾にかすかな殺意が臭ったんで、
ヤメた方が長生き出来そうだよウンwv-282

Edit | Reply | 

黒猫  2010, 01. 13 (Wed) 01:05

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。。

ドッシリ美人(?)を目指す感じで・・・・・
やはり計画だてた改修が必要なんですね。
自分にたりなかった要素が一つ追加された気がしますよ
というのも、改修して収拾つかなくなった作品がいくつか・・・・(´д`)

実は私、本塗装前のサフのグレー 一色の状態好きだったりします。
あのディティールやエッジが異様に冴え渡る感じが・・・・・・(・∀・)

Edit | Reply | 

ZIGGY  2010, 01. 14 (Thu) 22:47

>黒猫クン
あけましてオメデト!&今年は去年抑えてた分、プラモに傾注出来るね、お手柔らかに宜しく!

サザビー:要は「ZIGGYが改修すると、どんなMSもほぼ同じ手脚比・頭身になってる」気がw。
だからって固定された『美人方程式v-238』があるワケじゃなくて~
そこはそのMSの特徴・キャラ性を鑑みて調整してるよ。
今回は実際の(物理的な)ボリュームだけに頼らず、それぞれのパーツバランスから“重厚感”を導き出せれば、“量感”と“美人”を両立できると思う
(くれぐれも「気が付けばマツコ・デラックス」にならないようにww)

やっぱ「自分がイイと感じられる“型”」を持っておくことが大事なんじゃないかな。
(私の場合、その美意識が一つしかないことが問題でw。
いくつかスタイルがあれば、作風の引き出しもグッと広がるハズ)

…それにしても黒猫クンが以前、あの旧キットからあそこまでサザビー仕上げたことを思うと…いやスッゲスッゲ(大汗)

サフ画像:早くも脳に“毒”回っとるなぁw
確かにサフ画はモノクロ写真にも似た・化粧もごまかしもきかない「緊張感」があるよね。
「おーしっ!ここから折り返し、気合い充填じゃぁ!v-91
…とかいいつつ現実は
「サフったらキズ・気泡の無間地獄に心折れまくる」んだなw

Edit | Reply | 

エグチヒロカズ  2010, 01. 15 (Fri) 02:21

>嵐を裂いてゆけ
『ジェニー』ですね。

どうも、はじめましてです。
でもはじめましてでない気がするのは、
『モデサミ』で遠巻きに拝見してたからだと思います(苦笑)。
ケンプやギャン、キュベレイは至近距離でガン見しましたが(笑)。

『モデサミ』ってTMGEラストライブからちょうど6年なんですよね。
なんというか「最果ては音の無い世界」って、
そんなとこに行ってしまった感じですよ、ミッシェルの解散は。
アベフトシの死は、昨年最も動揺した一件でした。
ホントに、『THE END』なんだなって否応なく思わされたので。

プラモと音楽とF1と、勝手にシンパシー感じてます(笑)。
これからたまに顔を出すかもしれませんが、
ヨロシクお願いいたします。

Edit | Reply | 

ZIGGY  2010, 01. 17 (Sun) 16:57

>エグチヒロカズさん
どうも、こんばんは&はじめまして!
お越しいただきありがとうございます。
モデサミでも「遠巻き」と言わずお声かけていただいて良かったのにw
(何か最近「隠れファンです」と言われることが多いのに気付いて
「…表立ってファンとか言い辛いモデラーなのかな、私」と作品眺めて自問w)

そう、あれは03年の10/11でしたよね。
中継を見終え、「今日はJロックの命日」と放心してたのですが~
「何があってももう見られない」て意味では、解散よりメンバーが亡くなってしまう方が衝撃は大きくて。
今はただ、同じ時代に生き・リアルタイムでミッシェルを追えたことに感謝するしかないんですかね。
しかし今観てもホントに満点。カッコ悪いところが一つも無い!です。

ガンダム&プラモの知識が無いのを他の話題(F1・音楽・美術・ファッションetc,)で水増ししてるw、でもってソレをマズいとか全く思ってないww奇矯モデラーのブログですが、
何か「ここにしかなさそなもの」を感じ取っていただいてるなら幸いです、またいつでもおいで下さいー

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。