--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_02
16
(Tue)00:50

気が付きゃもう大手術

皆さんもうご覧になったでしょか…
何をって、matさんのVガンダムと・hiponさんのPGゼータを!
まだの方はこんなトコ見てる場合ではないw→matさんサイト・hiponさんHP

Vガンは~ひしひしと感じますね、「キングが還ってきたんだ」と。
何なんでしょうねこの“違い”は。
ひとつひとつの手仕事を丁寧に・愛情と哲学を込めてゆけば…いや、それだけじゃない。魅せ方というか・勘所というか。
作品の質感・発する空気が別モノ。
こうして再びmatさんの作品を拝めるのは本当に嬉しいのですが、果たしてその“何か”は盗めるものなのか…うにゅにゅ(袋小路w)

ゼータはまずボリュームと密度に圧倒され・そこから見れば見るほどスタイルが格好いい。PGにありがちな、大造り・骨太すぎ感は皆無。
…と思ったら胸部フレームはほぼ新造なのか…って何気に胸外装は“逆折れ”だし!
物質としてこれだけ大きいと、バランスを整える眼力はMG・HGの比ではなく求められるワケで~
その労力・全身くまなく精緻なクォリティーを維持する気力を思うと寒気が…
ゾゾツ



…と、おもむろにサザビーを片付け始める私。
いやいや、もちろんプから逃亡する気なんてありませぬ、
それはそれで(依頼者サマの鉄槌を思うと)寒気ww

前回コジマ塾で行われた撮影講習会。
そこで習ったノウハウを忘れないうちに復習するため、いろいろと写真撮影をしとりました(私は作業スペースが撮影場所なので、いったん机から全て引き払わないといけない)。
「聞いた・帰った・すぐ忘れた」じゃ講師陣もキレるってものでw

ちなみに撮影担当だったブラック塾長が『わかりやすいまとめ』を上げてはります→コチラ
コンデジで「何となく初期設定のまま」「漫然と・フィーリングだけで」撮影してるよな―、
という方は必読デス


…さて、どうかな?
我が“写真ジャ伝ワラナイシスターズ”の再挑戦w

satuei01satuei02
え? 大して変わらん?
まぁ「何をすればどうなるか。因果関係が少し判った」だけ大進歩ですw


kojimajuku
このように、コジマ塾では何かしら技術向上・模型ライフ充実の試みも為されてます。
次の開催は今月の21日。現在参加者募集中です。
今回は皆で不良在庫やジャンクパーツを持ち寄る『不要キット交換会』も行われます。→詳しくはコジマ塾ブログまで



さて、枕話はこのへんで。サザビーもっぺん出してきて…と。
本体プロポ、そろそろケリを付けたいところ。
残る牙城は~

1:肩のフレキシブルバーニヤ
mi-sz114  
“肩アーマーを4ミリも切り詰めた以上、このままじゃバランス的に不釣り合い”というのもあります、が
「…どうも他にも納得ゆかないなぁ、いろいろと」(コレが苦労の始まり)

厚みがあって・“ハコ”的なフォルムが「工業製品的」に見えてきだしたら仕方ない。サザビーのような超ワンオフスペシャル機からは、出来るだけ「大量生産臭」は消し去りたいところです。

mi-sz151 ピンクが旧キット
旧キットの同パーツと。正直、旧キットの方が「絞り」と「うねり」が効いてて魅力的。素直にコンバートも企んだのですが、この絞りが強すぎて上腕と干渉。腕が真横に上がらなくなることが判明…!

ん―
依頼者さんと相談
「可能な限り、HGUCキット改修で目指すラインに近付ける(可動を殺さない)。どうしてもダメなら旧キットコンバートに」という結論に…
要は「AかBかじゃない、未知のCを切り拓くべく頑張んなさいZIGGY」てことでw

ハイ、叩かれ奮起!です↓つづく

こんな形に落ち着きました…落ち着くまで3日かかったww
mi-sz116  mi-sz117 末広がり

中央にクサビ状に切り込みを入れて曲げ、奥へゆくにつれ絞り込むラインに。
このとき、上腕との干渉せぬよう、「最小幅・12ミリ」を厳守!

ゆるい「コ」の字型の断面は、どうしても「型抜き=生産」を思わせます。
ここは半円形に近付けるべく両端をカット・角度を変え接着。
mi-sz118mi-sz119
内側に沿う3本のバーニヤも、角度も屈曲も合わなくなっちったので切り離し→放射状にズラして再接着。コレが地味に超タイヘンw

肩アーマーとの接続。
細かいとこですが、全体を斜めに絞ったため(真横を向いてるべき)肩アーマーとの接続ピンの角度がズレちゃいました。
ピンの根元にノコを入れ、まっすぐ修正…
んー この接続もなぁ、プラ同士の擦れ合いでは先々ヘタりそう。
せっかくここまで改修したんだ、もうちょい踏ん張ってポリキャップ可動にしてみます。

mi-sz152 mi-sz120
左:内径3ミリのポリキャップをプラ板囲い。
コレを薄く切ったものが、右写真の針が指す箇所に入ってます。

mi-sz122 痛ましや
手術痕。上記ポリがどうにも入らなかったのでここで切開→ポリキャップ埋め込み→再び塞ぐ。
うーん 徒労だねぇw

全体を削って「末広がり」のアウトラインに整え、最後に両端を切り落とし小型化。でもって何とか見れる型に着地!してくれました。

フレキシブルバーニヤに関しての結論は~
一見容易そう、でも結構な覚悟が無いと手を付けちゃいかん箇所でしたね。
しかし文章にしちゃうと何とも呆気ないw…次!


2:メガ粒子砲&動力パイプ
出来るならS字立ちがキレイに決まって欲しいところ。
ボディを前かがみさせたいのですが、メガ粒子砲が邪魔なんだなぁ

mi-sz123 mi-sz124 バネ
ハイ、スプリング接続に変更。前かがみ姿勢になると上へ逃げます

※あくまで個人的な意見。
可動改修のときなんですが、願わくばポリキャップ&プラ板で関節を作って仕込みたい私。
何かスプリング接続にしちゃうと「負けた(=スペースを探せなかった)」気が(悔)
まぁ今回は「前かがみをやめるとメガ粒子砲が勝手に真っ直ぐに戻る」ことが望ましかったので、
スプリングでヨシとするか…


メガ粒子砲が動いても、そこに刺さる動力パイプが動かなかったら木阿弥。
とりあえず動力パイプをビニールのチューブ(電気コードの芯を抜いたもの)に替えます。
mi-sz125 3.5ミリ径
今は味気ないラインですね。
ゆくゆくは中に針金通して、力感ある“曲げ・うねり”を再現してあげないと。

横から。こんな立ち姿に。
mi-sz126



3:シールド
ようやく本体プロポは決定してきました。最後はシールドです。
(シールドもこれだけデカいとプロポバランスを左右するファクターにw)

①側面ライン
最初は、前々から…それこそMGサザビーの頃からw気になってた案件。
「ナゼにサザビーのシールドは、ああもオモチャ臭が抜けないのか」

…個人的にはコレが引っかかって仕方ないのですよ。
平たい場所に置くと~
mi-sz127 mi-sz128
mi-sz129 底面が真っ平ら
いかにも「射出成形のモナカ金型で作りました」丸出しな気が…
(ガンダムのシールドetc,と較べ、抑揚の強いシルエットなので、余計にこの平面が目立つんだと思います)

独特のフォルムを崩さぬよに気をつけながら、シールド底面にも曲面構成を取り入れていきます。


改修後
mi-sz131

まず目を引くのはセンターの幅増しですが、順序はこちらが先。
mi-sz132 逆Vの字
微妙に色の薄い直線が縦に2本走ってます。
これは深く深くスジ彫りをして→そこで「エイヤッ」とシールドを折り曲げる!
ただし、完全に割ってしまわないように。
浅いV字に曲げ→その折れ角を維持するため、溝に伸ばしランナーを貼り込んで埋めたものです。
赤のシールド本体にも、同じ部分で同じ工程を行います。

※極端にV字角を大きく折ると、ポリゴン的に「あ、ここでカクカクと折れてるよ」丸判りに。
面倒でもスジ彫り・折り曲げる場所を増やした方が自然なラインに仕上がります。
後でV字角をヤスリやナイフで緩いカーブに整えます


さて、これで平らな底面は解消されたんですが、平たい板を曲げた結果→
当然ながら正面から見たら小さく(=細く)なっちゃいました。
前面投影面積が減った、ってヤツで。
その辻褄を合わせるべく、センターで割っての幅増しでした。
ここも緩いV角をつけつつ接着、正面シルエットは元(の幅)に戻ります。

この結果、水平面に置くと~
mi-sz143 mi-sz144
mi-sz145 やや上がる。下に隙間が


②次はシールドのジョイント。
mi-sz130 キット状態

これを切り取り、プラ板・ポリキャップ2個・エポパテetc,で新造。
mi-sz136 mi-sz133
(赤パーツ上端の)四角いグレーのブロックが、ジョイントが上にすっぽ抜けるのを防止。
ジョイントが奥まったため、シールドと腕の隙間も2ミリほど詰まりました。

※この工作で、キットのビームトマホークがハマるスペースが無くなっちゃいました。
『トマホークをMGのよに伸縮可能に』なーんて無茶は避けw、旧キットのトマホーク(短い形態)をコンバートする予定


前後スイング
mi-sz137 mi-sz138
上へ
mi-sz139


この可動により
前後スイング
mi-sz140 mi-sz141

上に跳ね上げ
mi-sz142
が出来るよになりました。
(現実に下写真のよなポーズとることはありませんが、動く範囲のデモンストレーションとして)


③腕に付けるパーツ
キットはプラ同士の摺り合わせで固定。
こりゃどう考えても塗装がハゲる&先々ヘタるの目に見えてるので~

mi-sz134 mi-sz135
左:腕に刺さる板状の部分をネオジム磁石に交換
右:腕側の穴は、両サイドに同じくネオジム磁石を埋め込み

横からスライドさせてくっつけるので、正面からパチッ!と貼り付く気持ちよさは薄いですが、まぁコレで落っこちることは無いでしょう



さて、これにてようやくプロポーション改修、終了~!

先週のファーストエイジミーティングにて(トヲルさんによるレポはコチラ)、
まるにょんさんが素のサザビーを持って来てはったので
「コレは絶好のタイミング」
並べて撮らせてもらいましたパチリ

mi-sz146
何が違うって…私のん、白い!!w

どちらのプロポが好みかは人それぞれとは思いますが、
私がどうしても譲れなかったポイント
“腕が真っ直ぐ降りている”
“スネに柔らかいエッジが立ってる”
のはお判り頂けると思います。

ちょっと腰高・線は細めなのは(過去作品と共通する)私が心地良く感じるバランス。「ズーン」じゃなく「スゥッ」と立ってる感じですね。

《現状》
mi-sz147

mi-sz148

いやはや、気が付けばプロポ関連で手が入らなかったのは…
ファンネルコンテナと・お尻アーマーと・足の甲だけとはw
なんでいつも、もっとアッサリ片付けられないんだか…

次回からはようやくディテール工作に入る予定です。
まずはプロポ改修でメチャメチャにしちゃった装甲裏をキレイにしてやんないとなぁ(痛)





そうそう、コレ書くん忘れたらアカンのやった

もう2週間も前のハナシで恐縮ですが、先月末(1/30)をもちまして、当ブログ『Life on AXIS?』は開設4周年を迎えました。
ありがとうございます。
これもひとえに皆さんの御支援・御指導の賜物で云々~
…てな言葉を(画家として売れ出した途端に)並べる夫に失望する妻を描いたのは『きりぎりす』だっけ太宰治(無関係w)

とりあえずウチは
「よく続いたなぁ」と
「いつまで続けていいのかなぁ」ない交ぜになった心境で。
まぁ純粋にいま作りたいものを・作りたいように。
それが結果的に皆さんに喜んでもらえたら、そんな喜ばしいこと無いよね。
んなことを願いつつ・のんびりやっていければなと思ってます。
のんびり宜しくお願いしますー。



オリンピック〉
いつから日本人はこうも四六時中・血眼でバッシングの標的を探すよになっちゃったんでしょね。
滑る前から服装だけであそこまで袋叩きにしなくても…
はみ出し者がいたってイイじゃないさ、
もともと既成の枠を壊すことで人気が出た競技を、後から「ショーアップ性が高い」とオリンピック側が取り込んだんだから。

コレで結果出したらメディアは(自分で叩いておいて)「逆境を乗り越え感動のドラマ」と持ち上げ・
アカンかったら「それ見たことか」ともうひと叩き、で、放っぽり出すんでしょねー(虚)




スポンサーサイト

COMMENT - 2

yaku89  2010, 02. 18 (Thu) 14:12

4周年、おめでとうございます!

「おめでとうございます!」というより、楽しませてもらっている一人なんで、「ありがとうございます!」ですね^^


今回は、ZIGGYさんの記事のボリュームもさることながら、のっけから、すんごいお二方の作品とブラック塾長さんの、ほんとわかりやすい撮影の記事もあって、二日にわたって楽しませてもらいました(^^;


モデラーの端くれとして、すばらしい作品を見れるのは嬉しい限りです!
ご紹介、ありがとうございました!

そして、ZIGGYさんのサザビーも溜息がでるような、すばらしいプロポーション!!!
いやはや、さすがです!

大手術が終わられたことなので、次のディテアップも楽しみにしています!!!


『スポーツ』のZIGGY評も楽しみ^^
とりあえず、明日のMステですね! では~

Edit | Reply | 

ZIGGY  2010, 02. 20 (Sat) 01:26

>yaku89さん
こんばんは、でもって祝コメありがとうございますーw
いやいや、こちらこそ日々ご来訪&コメ下さる皆さんいなかったら「間違いなく」4年も続いちゃいませんから、有難い限りですヨv-433

…まずは今回記事が「やたらとw」長いの、スンマセン。
ある程度プ進む→更新しようとするがPC不調→仕方ない、プに戻るか…の繰り返しで、どんどん報告すべき作業済み箇所が溜まってゆくループでして。
外付けHD買ったんですが、やっぱPCがもう買い替え時なんでしょね。

ご紹介させていただいたお二方は~
今の私のモデリングに影響多大!なモデラーさんの、それこそ筆頭も筆頭。
本当に(画面を通して)多くのことを教えてくれた達人でして…凄すぎですよねv-263
*未だ、追いつける気がしないw

塾長の記事もよかったですね。
漫然と・ただ何となくやってたことの意味・結果・原因を明らかにしてくれました。
…かくいう塾長自身も、2~3年前までは「とにかく大きく画像を撮ればキレイに見える」と信じてた派だったそうで。
向上心・向学心って忘れちゃイカンです。

サザビー:いやー、結構手強かったですわここまで。
今回はあんまり冒険せず・「サザビーをサザビーらしく魅せる」ディテアップに専心したいと思ってます今のところ。
プロポ改修の中で切除しちゃったディテールも多いので、その復活が第一、でしょか。
…いや、違うv-356
幸いにも写真には写ってないですが、まずは表面のガタガタ・左右まちまち・クラックとキズと穴ぼこだらけの表面をキレイにしてあげないとイカンみたいでww
また少々あくかもしれませんが、
「ZIGGYは今頃、継ぎはぎしまくったことを後悔してんだろなぁ」と気長にお待ちください~


*Mステ:ありがとうございますー危うく見逃すとこだった!(録画してまだ観てませんが)
『スポーツ』もいよいよ来週ですね。
通常のCD(シングル盤)ではリリース無かった『閃光少女』も収録されてるそで、いまから楽しみ!

…て、そんな我々の“ありがちな期待”に正面から応える林檎サンじゃない、ってのは重々承知v-378
さて、どう気持ちよく裏切ってくれるんでしょかw

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。