--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_05
01
(Sat)21:58

五月病サザビーw

いかんいかん、気が付いたら5月じゃないさ(汗)
プも休まずやってますが、いろいろバタバタで更新延び延びになってました。
にしても未だファンヒーター活躍してる5月って…何だか地球が壊れ始めの電気製品みたく思えてきて不安

えー、とりあえず4月後半は~
模型関連の出来事は他所様サイトで詳しいでしょし、
「こんなの書くの、ウチくらいだと思ふw」てなことに絞って。

〈美術館ハシゴin京都!〉
まずは『長谷川等伯展』
2010touhaku    
おそらく今年の美術関連では最大の注目!
桃山時代、立身出世を志し能登から京へ~
最高権力者・秀吉、最大の支援者・利休、そして最強のライバル・狩野永徳。
乱世を駆け登り・その実力で一代にして狩野派の対抗勢力となった等伯、
没後400年を記して開かれた大規模回顧展です。

見せ場は何つっても国宝『松林図屏風』(上画像)。
“描かずして描く”、余白と引き算の極致、日本水墨画の最高傑作です。
絵の前に立つだけで朝靄の松林に迷い込んだような…
正直、「カンドーした!!」と言いたいところですが、余りの奥深さに「まだ消化しきれてない」現状ww

※等伯が最初から『松林図』を描いてたら、あれほど心震わすものにはなってなかったかも。
ひたすら精緻で繊細な初期作品から始まり~
狩野派と覇権を競った、豪華絢爛・巨大な金壁障壁画へと~
しかし果てのない権力闘争・息子の死。
多くの無常をを経て、最後に辿り着いたのが『松林図』だってストーリーに惹かれますね。
「際限のない足し算は虚しい。最終的には引き算に行き着く」
“ものづくり”をする者の端くれとして肝に命じたいところ。
但し、その適正な“引き算度合い”は、一度足し算を限界まで積み上げてからでないと見えないワケでw


会期は残りわずか&上海万博並みの行列(○時間待ち)必至ですが、
見といて損は無いデス

つづいて『柴田是真の漆絵展』
2010zeshin
近頃の日本美術人気の中でもジワジワ“キテる”、明治の超絶職人技ブーム。漆芸家・是真もそんな一人です。
上の等伯が「マインド・創造性の面で」オススメなら、こちらはズバリ「テクニック面で」モデラー必見!スッゴイよー

是真を唯一無二の存在にしているのが『だまし漆器』です。
どう見たって金属だったり・陶器だったり・はたまた紫壇だったりするのに~
実は竹や和紙、普通の木!
鋳造のザラ付き・釉薬の溜まり・木目や年輪、ヒビ割れまでぜ-んぶ、本物と判別つかぬ質感まで描いてるんですよ…それも漆で!!
そもそも「漆で絵を描く」こと自体、考えられんほど難しいというのに!
「ウ、ウソでしょ!?」連発。
何度ショーケースに額ブツけたか判りゃしねぇww

以前ギャンを宝玉ぽく塗ったとき「誰もこんなの思いつかない」とか言われて喜んでたけど~
とんでもない!!この国にはもっと前から・遥かに凄い代物を・圧倒的な技量で作ってた人がいはったんだなぁ…

いやー先生、おみそれしやしたと、私淑の思いで帰ってきたのでした

うーん、凄い作品をを鑑賞するのって大事。
でも、ここまでえげつないと模型のモチベを燃やすようで…

燃やし尽くして灰にしちゃうねw


さて、コテンパンな心身にムチ打ってサザビーです。
正直なとこ、ちょっと一休みして自分の模型作りetc,見直したい…と思う近頃なのですが、全てはコレにケリ付けてから!
ええい、サザビー終わったら思いっきり休むぞー!!w

mi-sz194

①肩やスネなど、サザビーのアイデンティティ・甲丸リブを付けました。
定石通り、エバグリの半円棒を貼り付けています。

mi-sz197mi-sz196

1ミリ・1.5ミリ・2ミリ幅3種類揃えてたんですが~HGUCに2ミリ幅は不要でしたねw(スネ左右のみ1.5ミリ。あとは1)
うん、リブがついてサザビーらしさアップ!
だだっ広い面も、密度が締まった感じ。

②お次は手首(ソデ)。
サザビーの前腕外装は、ソデが丸く繋がった独特の構造。
mi-sz104
いつまでもマスキングテープ仮止めなワケにもw

キットでは段落ちモールドで処理された合わせ目ですが…
以前、手首基部が独立して動く工作をしたとき(コチラ)ここ一帯をゴッソリ削ってしまい、もはやダボもピンも無い・作り直す場所も無いんすよねー

無いなら仕方ない、接着だ↓つづく
ただ貼るだけでは接着面積が少なすぎ。
加えて“依頼品ならではの懸念”、ここは「手首を交換する際、ついウッカリ押してしまい→バキッと壊しそな」箇所なので、少々押してもビクともしないくらい頑丈に接着します。

mi-sz198
これじゃ心許ないので~

mi-sz199  mi-sz200
左:四角く切り欠き →  右:同じ形状に切ったプラ材を埋め込み、接着
mi-sz201
さらにこっち側も切り欠き~接着。
硬化後、さらにシアノンパテ盛って・削ります。

できあがり。コレで簡単に折れたりしないでしょう。
前腕の黒いパーツは後ハメ。斜め後方から滑り込むよにハマります
mi-sz202  mi-sz203

※手首に収納されてるべきサーベルが見当たりませんが、コレは依頼者さんから
 「見栄えを良くする為ならオミット可」という許可を頂いてます


③バックパック
mi-sz204

一発デカいバーニア入れてみました。
キットのではボリューム不足に感じたので、旧キット・ヤクトから拝借

④機体各所の四角いバーニヤ。
mi-sz205mi-sz206
左:黒く塗ったフチが分厚いですね。地道に削って無くします。
右:赤いフチも薄くした状態。センターには金属パーツでも入れよう
股間の四角バーニヤも新造したのですが…いけね、写真撮るの忘れてるw

今回はこんなところです。手がかかった割には文章にしちゃうと呆気ない。
しかし~実際いつになったら終わるんだろなぁ。
(今回書いた箇所以外も)やっても次から次から改修箇所が出てくる。
武器だけ取ってもライフル・シールド・サーベルにトマホーク、そしてファンネル。メガ粒子砲もあったな…
うーん、『サザビーというMSを構成する要素』がやたらめったら多すぎ!(今さら言うw)

ま、いつもの如く
「挫けず投げず、続けてたらいつかは終わる」。一番しんどいときが頑張りどころ!デス

mi-sz207



…あ、そろそろ静岡ホビーショー用に名刺も刷らないと。
今年も楽しみだなぁ(お会いする皆さん、ヨロシクー)



F1・中国GP。
いっやー、新世代の若手らに抜かれまくったなーミハエル
と言ってもフジ地上波的に「世代交代を象徴的に」「かつてのファンは目を覆いたくなる光景」…てな情動に流された感傷は無く。
「そりゃクルマが決まってなけりゃミハエルだってやられますって」

本人談「忘れたい日」…ウン、悔しい感情を覚えてるうちは大丈夫。
てゆっかロス・ブラウン!とにかくもうちょいマシンをミハエル好み(方向にもセッティング出来るよう)にしてもらわないと、ハナシになんないよ!

それにしてもバトン、鮮やかでしたねー。
正直、バトンがマクラーレン移籍と聞いたとき「ハミルトンに歯が立たず終わる」と予想したんですよ。
伝統的にフロント荷重・叩き込むよに走らないとタイムの出ないマクラーレンの車。スムーズで優しい走りが持ち味のバトンには不向き(ハミルトン向き)ではないのかと…
まさかその「ずっと不安定で信頼性低いマシンを壊れないように操ってきた」経験で培われたドライビングでもって2つ勝ってしまうとは!

ますます面白くなってきたF1、いよいよヨーロッパラウンド。

*ちなみに今日、5月1日はアイルトン・セナの命日ですね。もう16年か…


〈そうそう私信〉
にょにょにょサン、ありがとうございます。
パラス・アテネは近頃のキットにしては珍しく「手を入れた分だけカッコよくなる」ので(それだけスタートラインが低いとも言えw)、是非挑戦してみてください!

○○○○サン、コレでOK?



〈私信その②〉
ゆらゆら帝国が、解散って!?
…まこりんサン、寂しくなるねぇ

スポンサーサイト

COMMENT - 10

にょにょにょ  2010, 05. 01 (Sat) 23:51

申し訳ありませんでした!

初めまして。にょにょにょですー。

○○○。○さんがとんでもないことをお願いしたみたいで申し訳ありません(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ
以前、ZIGGYさんの作られたHGUCパラスアテネにヒトメボレしてしまいまして、うっかり口を滑らせたのが運の尽きでした・・・・゚・(つД`)・゚・
パラスアテネは大好きなMSなのであそこまでかっこよくして貰えて嬉しいです!今製作されているサザビーもすごくかっこいい!これからも応援しております。頑張ってくださいね!

Edit | Reply | 

謎のねこ使い  2010, 05. 02 (Sun) 00:03

|ω・`)・・・なんか上の人は普通の人のフリしてるなぁ~

|ω・`)・・・で、ZIGGYちゃん明日プラザに集合だからよろしく!

Edit | Reply | 

ZIGGY  2010, 05. 03 (Mon) 21:19

>にょにょにょサン
はじめまして!&まさかおいでいだだけるとは予想してませんでしたw、ありがとうございます!!
こちらこそ、いろいろお世話になってますし&ネコ使いにょんライガーさんwからパラスの件伺ったときは可笑しかった!デス

実際、あのパラスは個人的にも過去作品の中で「表現したいテーマをバランスよく・美麗に込めれた一品」と思うので、かなり気に入ってるんですよv-354
…まぁ元デザインが元デザインだし・加えてキットが“アレ”ですんで尚更w
それだけにお眼に留まったと聞いて、私も素直に嬉しかったです。
重ねて感謝ですー

サザビーは~結構長丁場でヘタってきてますwが、
パラスと同じよな“空気”を持たせられたらなぁ、と地道作業を続けてます。
再び琴線に触れるよな作品になりますように…これからも応援etc,宜しくお願いしますー

>謎のブラックエビス使いサンw
え!? 普通のにとじゃないの??
普通の人じゃないのに、普通の人のフリしてるの?


v-219まるにょんサンと一緒だね!!www

模型プラザ:ごめんよー
昨日はラブラブデートv-238だったのさ
ではなく。自宅で静養しつつサザビーのキズ消しですた
終わりませんわぁ…

Edit | Reply | 

すろー  2010, 05. 05 (Wed) 23:41

こんばんは、すろーです。

サザビー全体像見えてきましたねぇ。
完成が楽しみだ。

F1

ミハエルさんとハミルトンのバトル面白かったですよね。
かなり頑張ってましたよ。抜かれちゃいましたが。でもまだまだ現役でやれるんだってとこ見せてましたね。車が仕上がってきたら面白いぞ。

Edit | Reply | 

ラッコ  2010, 05. 06 (Thu) 00:27

こんばんみ~

ラッコです。

あいかわらず修行僧のようなMっ気

たっぷりの工作量!!すげ~(゜ロ)ギョェ

しかし、プのブログで長谷川等伯なんて

なんてしぶい選択じゃ~

京都いくなら河井 寛次郎記念館

なんかもおもしろいかも~

Edit | Reply | 

ZIGGY  2010, 05. 07 (Fri) 01:25

>すろーサン
どんもー
サザビー、やっぱこの甲丸リブ入れると「らしく」見えますやねーv-218
しかし厄介なことにキズが多い・パーツもユニットも多い多い・改めてサザビーって、MSの一つの“極”なんだなと実感ですわ。
(キズの多さは単に私の作業精度の問題ww)

ミハエル。
「だって本人が開幕前から“まだ勝てない”って言ってたじゃん!騒ぎすぎだよ」
…とは思うものの、ニコに負け慣れてたらアカン!ですねー。
よほど今のクルマ&タイヤが合わせづらいのか…
→浜島さんの説明に納得
「そもそも06年までのタイヤは、ミハエルが開発をしてましたから」
…そりゃ合ってて当然だわねw

このまま終わられちゃタマらん、スペインからジワジワでいいんで巻き返し見せて欲しい!

*「応援やーめた」と言いながらつい肩入れしちゃうのがフェラーリw。
アロンソは相変わらず凄いけど、①思ったほど圧倒的じゃないマシン②第一何だ、あのポンコツエンジンはw③やっぱレース荒れるとマネジメントのポカが出るねぇ…v-15

>ラッコさん
おばんでやす!
相変わらず聞こえるのよー、耳元で
「やいZIGGY、その程度でギブアップかい?」と問う声がw。
ラッコさん言うてはった
『そもそもSは自分を追い込まない』
を痛感するのでありやすw

等伯!うん、「どこぞの珍獣ブログテンプレに使われてた鳥獣戯画」よりは渋いけどwwカッコイイよー!
で、河井寛次郎記念館は行った去年!
…ただ、あそこは「帰り時間を気にする観光客が慌ただしく1回訪れて満足」なとこじゃなく、「京都在住人が年間パスを買って・日々に疲れたときフラリと“還る”」癒しのv-78場所な気がしたなぁ。
京都、いつか住もっと

…あ、でもあそこの庭にラッコさん超似合いそうw
普通にろくろ回して・一服v-365してそうだもん

*寛次郎サンの名言
『美を追わない仕事。仕事の後から追ってくる美。』
…アチキのプも早くその境地に達したいッス

Edit | Reply | 

hide  2010, 05. 07 (Fri) 23:41

こんばんは、しばらくご無沙汰でした。

さてさて、F1ヨーロッパラウンド開幕しましたね。ここまでは荒れた天気でレースマネージメント勝負みたいな感じでしたから。にしてもバトンはさすがでした。
んで、バトン仕様のマシンで勝負してきたシューミ。新シャーシでの反撃開始、楽しみですね。

Edit | Reply | 

ZIGGY  2010, 05. 08 (Sat) 23:06

>hideさん
こんばんは~!
あ、ひょっとしてhideさんまで今季は
「メルセデスに寝返り」?
(というか、失策エンドレスな跳ね馬に見切り??ww)

さっきまで予選見てたけど、少ーしずつだけど
ミハエル好みにも振れるマシンになってきたみたいッスね。
やれ「復帰は失敗だ」「もう衰えた」だヌカしてた連中に一泡吹かせて欲しい!

バトン:ホント、見事なレースマネジメントでしたね!
と同時に「チームの人心を掌握する」マネジメント能力も冴えてるみたい。
今まで能力を正当に評価される機会が少なかったバトンだけど、
厳しい環境で戦い続けてる間に(マクラーレン温室培養の)ルイスと較べても全くヒケをとらないドライバーになってたんだなぁ、と実感。

長いシーズンですが、また楽しみたいですね!
さーて明日は…v-279雨でも降ってくんなきゃ退屈レースになりそw

Edit | Reply | 

-  2010, 05. 11 (Tue) 23:10

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

ZIGGY  2010, 05. 14 (Fri) 00:44

>非公開サン
ラジャー!v-218

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。