--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006_05
08
(Mon)18:53

内なる眼と外の眼と

ニュルブルクリンク。気持ちいいレースでした。
決して「ミハエルが勝ったから」だけじゃなく→二人のチャンプによる息詰まる攻防。それも通せんぼ合戦じゃなく、立て続けに最速ラップを塗り替え、ひたすら速さを競う戦いが見られたから。
ハッキネンがいなくなっちゃって以降、内心腹立たしかったんですよ。「他の連中の体たらくは何だ!ミハエルの圧勝・快勝・楽勝ばかり。彼ほどのドッグファイトを演じられる天才のキャリアが無駄遣いされている!」と。決して全部勝たなくったってイイ・戦うミハエルが見たい私は大満足。
アロンソ、期待してるよ!

それにしてもマクラーレンは毎回毎回
予選後→「レース戦略に期待持てる」
決勝後→「過ぎたことを言う気は無い」
総括→「次戦は更にコンペティティブになる」「まだシーズンは長い」
…同じコメントを繰り返してる気がする。キミが愛想尽かすワケだ。
さて、せっかくのGWが結局カゼひいて→その療養で消尽しちゃったZIGGYです。確かに行楽の予定は無かったけど…何だったのよ。06年はGWあったって実感ゼロです。
で、相変わらず体は元気・アタマも回るがノドが痛くて声が出ない。自分の声を忘れそうです。
これってホンマにカゼなんでしょうか。

ディアスもボチボチ。気合が続きません。カゼ治ったら、少し体力つける為に何かしないとな。
ディアスの指って根元からグリンと回るんで→ふと気が付くと江頭みたいになってますw

nishiさんの即興(にしてはスゴすぎ)モデリング、カッコイイ!http://www.geocities.jp/nishizx7r/index.html
リアルさを左右するのがフチ厚であり、それはMAなどのデカモノの場合は特に。その意味では拳王さんのバーニヤは効きますねぇ。アレだけは真似したくても出来ない「素材の力」。何よりその素材を浮かせない・負けてない本体工作のシャープさ!
で、そのnishiさんも取り上げてらっしゃいましたが→オクにとんでもないジオング出てますね。hiponさんのですかぁいやはや。私に「キュベにスジ彫りを入れる光明」を見させて下さったのがあの方でした(もちろん直接のご面識は無いですが)。
今回のはジオング独特の「万人がカッコイイとは言わない」「でも間違いなく強力」感で統一されて…いやはや。私はあの般若っぽさ、好きです。

“自分の目を信じる”のは大切。
でも“自分の目に映る像しか想像できない”のは危険。
他の人から見たらどんなカンジに映ってるのかを想定しつつ~自分の感性を発揮してゆく。
この客観性と主観性のバランスが取れてないと『他者を唸らせる自分の作品』は出来ないんだな。
客観だけだと「どっかで見た作品のひとつ」に終わる。
主観だけだと「やりすぎ・独り善がりの暴走」で→コメントしづら~いw作品に。
そんなことを教えてくれるご両人です。学ぶとこ多いですね。
*あ、またここに感想書いてもた。nishiさんとこに書くことねぇぞ(汗)

さーて、ものの見事にGW中にスジ彫り終わらなかったディアス。
その分いろいろ面白いアプローチは浮かぶので~試してはボツを繰り返してます。
こりゃ“実験的作品”になるかもしれんですね。
スポンサーサイト

COMMENT - 5

haharu  2006, 05. 09 (Tue) 11:36

客観性と主観性のバランス・・。
なかなかズシッときますねぇ、私なんぞはたいした技術も持ち合わせておりませんので、後者でツッパシリ!!って感じばかり、まさに独りよがり的な発想になってしまいますし、まぁ、自分で格好いいと思えばそれでイイジャンとか考え勝ちなんですが、公共の場に公開をして、多少なりとも、そこに見にきてくれている人がいる、またコメントを残してくれる人がいる以上、前者は考えなくてはいけないことなのでしょうね、(特にコメントしずらーい・・・ってのは痛いっす)勉強になります。
ディアスは実験的とのこと、ますます期待度アップです。公開楽しみにしております。

Edit | Reply | 

大工の☆斉ちゃん  2006, 05. 09 (Tue) 22:16

ども!ゴブさたしておりますです。

うむむ・・・実験的・・・
そう聞いて寺山修二を連想するのはぼくだけ?
前衛的(?)な作品を期待してます。ウホ。

Edit | Reply | 

nishi  2006, 05. 10 (Wed) 02:06

拳王バーニアがなければ即死だった・・・

ご紹介有難う御座います!
あんまり褒めると照れまっさ

Edit | Reply | 

n.blood  2006, 05. 10 (Wed) 14:31

ようやく作業が完了し、遊びにこれたぁ!!
また、Ziggyさんむつかしい話してる、、、、
自分は、ひとりよがりでいたいなぁ、、、
「表現」は、やはりみずからの覚醒の場として
楽しみたいし、一人遊びは極上の快感!!

私もnishiさんのMAに惚れまくっておりました
「凄い」を一筆で描くとああいう「絵」になるんで
しょうねぇ、、、複眼複眼☆

Edit | Reply | 

ZIGGY  2006, 05. 10 (Wed) 17:32

>haharuさん
何をおっしゃる、繰り返しますがhaharuさんのMk-2。条件反射的に「フィンは薄ければ薄いほど良い」と決め付けてた私にガツーンと一発食らわしましたよ。ああいうのが“他者を唸らす独自性”かと。
このバランスはいつも難しいです。私に限って言えば「常に“やりすぎだぞ”と自分を脅しながら 抑制して作ってる」状態。客観性・他者の気持ちを忘れたらオシマイだって思ってます。
たまに手綱を緩めてみたい誘惑にも駆られますけどね(笑)。

>斉ちゃん
ご無沙汰ですがサイトは毎日行ってますよ→マヌケなウルトラマンもギタリストももーいいって(笑)

ハハハ、『白塗りディアスの天井桟敷』?
エログロナンセンスはZIGGYも大好きだけっどなぁ。→みんな「ドン引き」間違いナシ
スジ彫りしつつ、「ちょーっとメカニズム的には説得力乏しいかなぁ」「でもデザインとしては面白いんだよなぁ」と躊躇してます。
少ーし妥協をするか・このまま初志貫徹して皆さんに判断を委ねるか。ここも客観と主観のバランスだね。ウホ。

>nishiさん
「ぜ、全滅ぅ!?
12器の拳王バーニヤが…3機も作らずにか!
バ…化け物かぁ…」w

何かいつも個々の作品より“nishiモデリング全般の感想”になっててスマンです全く。
でもやっぱ一番の憧れです
*「アップしないかも」って、「ゼッテーする」って思ってましたよー

>n.bloodさん
n.さんのが独り善がりでも説得力持つのは→既にn.脳内に「機械かくあるべし」みたいな客観フィルターがあるからっすよ!だから好きにやってもリアルになるんだウラヤマスィィ。
ZIGGYは「好き放題」と「客観性・普遍性」の相反するギリッギリのとこ、ナイフエッジを捕らえた瞬間が快感。常に日本刀の上でコマを回すよな・Gヴィルヌーヴのアクセルワークのよな力加減を探ってます。
nishiさんのビグロさすがですよね~。n.さんがPeck氏を師と言うよに、ZIGGYの師もあの方デス(あくまで勝手に言ってるだけ、ね)。

*Mk-2、出来ましたの?公開はいつぞないつぞな

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。