--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006_05
10
(Wed)18:39

こんなディテ欲しい

『白鳥は 哀しからずや 空の色 水の色にも 染まず漂ふ』
寺山修司の歌。そう来るとは思わなかったよ。でも嬉しかったよ。
予想を覆し(失礼、笑)斉ちゃんも結構“詩情モデラー”のよーで。
『妹に 我が仔を孕めと 迫りたる 志那人町の 春の宵かな』
…「ドン引き」ってのは、こっちねw。

「コレ、ほんまにカゼですかね」
なんだか心配になってきたんで医者へ行くと、【頭痛→熱→咳】とピークの波が移るのは典型的カゼなんだそうです…てことはもう終盤?
未だちゃんと喋れません、“身内・近しい人なら何を言ってるか判る”レベル。
ここまで長引くってのも例が無いなぁ。
ディアス。
せっかくスジ彫りやってるんでその話でも、と思ったのですが→ちょうど今、かいんサンが
「ディテール論」なさってますね。*スジ彫りも所詮はディテのひとつ
http://www.asahi-net.or.jp/%7Eju3m-okmt/内、「ZAREGOTO」にて。ゴーゴー
私なんかがウダウダ言うよりよっぽど勉強になります。要は「漫然とやるな」ってことですね。まだまだ続くようなんで楽しみです。

さて、最近ちょい興味ある(やってみたいなぁ)のがこんなディテール。
deppari01FW18   deppari02B195

いずれも少し前のF1マシンのフロントサス周り。
左が96年のウイリアムズ・ルノーFW18。右は95年のベネトン・ルノーB195です。
メカ的な細かい説明はここでは避けますが、ウイリアムズは両端に・ベネトンは中央にボコッとコブ(ふくらみ)がありますよね。コレはその部分の内部メカに出っ張りがあり→その“逃げ”としてカウルも出っ張ってるのです。サス周り以外でもよく見る手法。
シーズン開幕当初は無かったのが、車体開発が進んで突然出っ張りが現れたりすることも。

その「対処療法っぽさ」「反スマート感」。でも「あからさまな現地改修・増加パーツってほど野暮でもない出来の良さ」が、“汎用機として製造された機体が特殊なチューンナップをされたり・戦争末期に一部アップグレードされた“っぽさを演出するのに適してるかな、と。
*ディアスだって最初の設計終わり!ではなく、グリプス戦役中も絶えず継続して開発はされてたでしょうし

具体的にはプラ板かエポパテ貼って~形を整えて~継ぎ目にパテ塗って~なだらかに慣らすのかな(今までは境を彫ってクッキリさせてた)。
やってみます。

スポンサーサイト

COMMENT - 4

hiro  2006, 05. 10 (Wed) 21:11

ほぅそういう考え方もありですね。
昔ガンダムインテグラルで小松原氏が「MSは現用兵器に当てはめるなら戦車でもあり戦闘機でもある~」みたいなことを言っていた事を思い出しましたよ。
まぁディアスもシュツルムディアスって後継機というか派生機が存在しますから、当然改修もされているでしょうし。

ところでF1といえば井出ライセンスが剥奪されましたけど、あれって明らかにおかしいですよね。
どこかの陰謀?

Edit | Reply | 

n.blood  2006, 05. 11 (Thu) 01:51

そうなんですか、、、nishiさんが師匠、、、
しかも勝手に言っている、って俺と同じじゃん!
でも、わかりますねぇ、そのおぼろげな感じ、
極論で言うと、「見える」と「見たい」の違いの
ようなもんで、これはアンテナの話だからねぇ
生まれつきの感覚は、教えたり伝えたりするの
は難しいねぇ、、、、ゆえに師匠なのだが、、

F-1の話おもしろかったよ!F-14やF-18
にも共通していて肯けるねぇ、必然と突発の
はざまって、えもいえぬ快感だねぇ、、、
エッジの効いたスケベだねぇ!!

Edit | Reply | 

とうりょう。  2006, 05. 11 (Thu) 19:18

同じくこういうディティって気に成りますよね?

いかんせんこの程度の盛りだと例えMS用とは
いえパテが剥がれそうで怖いですよね!?

シアノンDWってのがアルテコ以上のキメ細かさでいいらしいんで買ってみました。

Edit | Reply | 

ZIGGY  2006, 05. 12 (Fri) 18:28

>hiroさん
ディアスそのものの開発は止まってても百やZから何らかの技術的フィードバックはあって然るべき、かな。
スープアップされたユニットが収まりきらなくて突き出し→辻褄合わせで装甲もボコッと、な発想ですね。
井出!交代勧告はまだしも剥奪&金曜走行禁止はヤリすぎ…非・欧米人ドライバーに対する偏見はまだ消えてないよで。
しかしあのチームに「走行経験ゼロ・コース知らない・英語話せないルーキーを抱える余力なぞ無かった」のも事実。責任の半分は亜久里さんにあるよ。

>n.bloodさん
おーい、ここに酔っ払いがいるぞー(笑)
いえいえ、同じ苦労味わってますな、「感覚的なことを教えてって、どーやりゃいーのよ」。
結局はn.さんみたく「自分で調べてトライ&エラーして血となり肉となる」手法しかないんだよね(私もnishiさんの“静謐な緊張感”に憧れつつ・具体的な教えを請うたことは一切無いんだ)。
*n.さんこそエッジ激立ちのスケベ!私と違って酒とユンケルでドーピングしてっから手に負えないったらありゃしない

>とうりょうサン
さっそくトライ→パテ剥がれた。もっぺんトライ→ブ厚すぎたw。こりゃ意外に手ごわいかもしれんですぜ。
シアノン?へーぇ初耳。是非ノンタイトルにてレポを。あのアルテコ気泡から解放される日は近いのか…?

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。