--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006_06
15
(Thu)20:54

曲線が踊る

それっ!キュベレイよ、ミラノまで飛んでけぇ~!
…ムリか。実際見ていただくには一時帰国を待つか・向こうでオフ会するしかないですねw

yumoさんのGMスナイパーⅡがアップ!かぁっこえぇ~!!HGUCなんて、ウソだろ??http://www.geocities.jp/a2crafts/こういう方こそMSVコンペの雄に相応しいw

さて、昨日ZIGGYはFirst Ageのミーティングを見学に行ってきました。
みなさん、お疲れ様でした。
何かブツがあった方がヨロシイとのことで→「じゃ、THE-Oを」(手元にある最新作ってアレなんですよね未だ)思ってたら→かいん判事から「過去作品でお茶濁すでねぇ」「作りかけ持ってこんかいぃ」との判決。しかしかいんサンは電話参加w
THE-Oの梱包を解き、ディアスを連れて行きました。
結果、「コレ絶対おかしい方向行ってるってー」と不安で不安で仕方なかったディテ“尖った丸”は「アリ。」とのこと。安心して無茶やれます。
トヲルさんの「ZIGGYさんは既存のガンプラのどのカテゴリー・グループにもハマってないスタンスがイイわぁ~」て言葉は嬉しかったです、免罪符と治外法権とジョーカーをいっぺんにもらっちまったよぉー(暴走の予感)。

*でもホント、新参のネットモデラーとしてはありえない、恵まれた環境をひしひしと感じます。
プロの目から見た私の可能性を示してくれる人・海の向こうから感想を下さる人・私をパシリに使っただけでは飽き足らず希少キットを掠め取ろうと画策する人(爆)
前回の続き。「勢いあるうちにやっちまおー」は作業と同じ。
「百鬼キュベレイに持ち込んだモチーフは主にアール・ヌーヴォーだ」てのはお話しましたね。

ここで簡単に「アール・ヌーヴォーってなんじょ」
私は専門の美術教育は受けてない・全て独学の知識なので間違いあったらご勘弁を。
アール・ヌーヴォーとは19世紀末~20世紀初頭、ヨーロッパで大流行した芸術の一様式のことです。主な特徴は「曲線美」。
絵画・彫刻のみならず、鉄やガラスで出来た無機質な工業製品に植物や動物(昆虫など)のモチーフを持ち込み・融合させることで生活空間の美をも生み出しました。
映画『アメリ』ご覧になった方、多いかな?
あそこに出てきたパリのメトロ(地下鉄)出入り口はエクトル・ギマールというアール・ヌーヴォーを代表する建築家の手になるものです。
guimard01 コレね

ギマールの「官能的」な鋼材のうねり。
ご覧になれば「あぁ、ZIGGYはコレ見て彫ったのか」と判るかと。
guimard02 ギマール設計のアパルトマンの門扉
う~ん何というセクシー&クレイジー。
ロビー・階段・部屋もこの有様。ここに居を移した老婦人は眩暈がしてすぐ引越したそうで。
2006年の現在も日常生活の中にこういう風景がある。ホント、ヨーロッパってイイですねぇ→それに引き換え何だ日本の高層マンションと・電柱と・壊しては作る土木工事ばかりの惨景は。この国にも美しい風景はあったろに。

↓泣き言を言うな続く
ハナシを戻します。
アール・ヌーヴォーは大流行はしたのですが、すぐに直線基調の「アール・デコ」(NYのクライスラービルなどがそう)に取って代わられ、戦後は虚飾を廃した「モダニズム」が全盛に。
言わば時代のあだ花として短い命を終えたのです…が、日本人にはやたら人気あるんですよね。
それはアール・ヌーヴォーのルーツの一つが「ジャポニズム」ブームにあるからかもしれません。開国~維新の折に日本から輸出された浮世絵・屏風絵・扇子などが大流行したんですわ。輪郭線をキッチリ描き・花鳥風月を愛でた日本の美術はどれほど衝撃的だったんでしょね。
我々の根底に流れる美意識がこもってるなら、しっくりくるのも判りますハイ。

ハナシが戻ってないw。
好きな話はすぐ脱線しますスイマセン。ここは美術史の授業じゃない。
てなわけで、アール・ヌーヴォーとは「無機質な工業製品に曲線デザインを持ち込み、美しく仕立てる」ものっちゅーワケです。
もうピンときました?それってまさにキュベのイメージそのまんま!!
ただの「キレイな飾り」じゃない、「実用と美しさの共存」。

様々なデザイン・モチーフを見聞。
その上で今から作るMSの特徴やイメージを考える考える。アレでもないコレでもないと散々悩み抜いて「コレが合う!」が見つかったときは嬉しいですね。私はただ“常に耳をすませて・目をキョロキョロさせてるだけの人”です。
しっかし見つかってからが大変。よく言う「ここが地獄の一丁目」w
MSに当てはめてゆく作業が始まります~

「美術・アートって一部の高尚な人らのたしなみ」って発想はナシね。
美しいものは多くの人の目に触れ・身の周りにあってこそ価値があるんですよ。
んだから「この絵は専門家が見れば違うと判る(=テメェら素人に判るか)」って言い方をするあの盗作画家が大嫌い。
またも脱線。ビビらずいろいろ見てみましょう~

アルフォンス・ミュシャ―アール・ヌーヴォー・スタイルを確立した華麗なる装飾 アルフォンス・ミュシャ―アール・ヌーヴォー・スタイルを確立した華麗なる装飾
島田 紀夫 (1999/11)
六耀社

この商品の詳細を見る


その他、アール・ヌーヴォーで超代表的な作家というと
アルフォンス・ミュシャ(ポスター画)
エミール・ガレ(ガラス工芸~家具)
ルネ・ラリック(宝飾)
などがいます。
ネットで検索しただけでもいろんな作品が見られます、
とてもキレイですよ。

<余談>
ウチのバナーは2種類。うち私デザイン(セピアの方)のはミュシャ字のアレンジです。
*ポスター作家だった彼はレタリングも激カコイイ
→という意味では両方とも「キュベは出さずともキュベのイメージを投影」してたのでした。
あんまり露骨に丸出しするのは好みじゃないZIGGYぽいっすw
スポンサーサイト

COMMENT - 9

KAZ  2006, 06. 15 (Thu) 22:09

はじめましてKAZと申します。
高校の美術の教科書なんかよりよっぽどためになるブログありがとうございます(笑)。
そして日本の風景に対するZIGGYさんの意見に共感!変な看板とか無駄にでかい無粋なコンクリビルとかいい加減どうにかしようや~。京都みたいな景観を守る規制ってもっと全国的にできないモンでしょうか?私は横浜とかお台場のビル群は嫌いじゃないんですけど日本の風景ってなんかメリハリが無いような気がするんですよね。
と、そんなことを考えながら今日も私はνガンにメリハリの無いディテールを入れてるんですけど・・・。
長文失礼しました。それでは。

Edit | Reply | 

トヲル  2006, 06. 16 (Fri) 02:30

ミーティングではどもでしたー
あんな感じでやってますので、また気楽に来てちょ。

やっぱ色んな意味で”生”はいいよね!
おろ?俺が言うとエロいですかそうですかw

直接会って会話することによって、新たな面も見れるし、作品に関しては生で見たら、さらに凄いと思いました。

しかし、いい大人がそろいも揃って夜中のファミレスで大騒ぎってww
楽しすぎるよね!コレだからガンプラはやめられないんだw
お盆にはおそらくかいんさん、さたまみくんも帰ってくるので、そのあたりでまた会いましょう!

Edit | Reply | 

ZIGGY  2006, 06. 16 (Fri) 21:12

>KAZさん
はじめまして。話のテーマを広げると人脈も広がる、面白いですね。
美術の教科書は…いま思えば何だったんでしょね。ゴッホの生没年を知ったってそれが何の創造の役に立つのやら(音楽も同じ)。
まぁ私のはヒジョーにパーソナルな考察。好きなCD聴くのと感覚的には変わらんです。今後ともよろしくー。
*昔住んでたことありますが、京都も決して守られてはいない…ですよ。古都を分断するよなJR駅ビルを筆頭に、横暴がまかり通ってます。
礼節・斟酌を知る日本人の内面が崩れてきてる、その顕れなんでしょね。

>トヲルさん
どもども、ポテトとドリンクバーで粘った新記録かもw  改めてオモロかったですアリガトでした。
「これは独り善がりじゃないか」と自分を脅迫しながらモデリングはいつものこと、だから外の意見にはすっごい勇気付けられるんですよ。
“天才と狂気は紙一重”。どこまでそのゾーンに近づけるかの挑戦。その繰り返しですわ。
ホルス!!どーりでアタシの胸元をHな眼でチラチラ見てたのネww 

Edit | Reply | 

yumo  2006, 06. 17 (Sat) 00:02

ども、ども^^
ジムスナⅡの宣伝ありがとうございますm(_ _)m
でも、MSVの雄はガンダムとザクを作るみなさんですから(^^;

アール・ヌーヴォーの話、おもしろかったですよ。
ギマールやワーグナー、ガウディといった偉大な建築家の作品はとても魅力的です。
建築家の端くれとしては、日本の街づくりには疑問に思うことが多いですが・・・。

Edit | Reply | 

suu  2006, 06. 17 (Sat) 00:24

こんばんは、
W杯にうつつをぬかして(笑)
プラが全く進まないダメモデラーです。(--;

アールヌーヴォーってば、
やっぱりトンボとか蝶なんか多いし、花のモチーフも多いので
やっぱキュベレイには、うってつけの美術様式ですねぇ。

美術館に行くのは大好きで
美術館などでエミール・ガレの作品なんかも観てましたが
考えれば、あの怪しい曲線、、、艶めかしさは、、、まさに!!!
子供の頃はちょっと怖かったっすけど・・・(爆)

しかし、まさかそれが、
ガンプラには結びつくとは。。。

ZIGGYさん、、、深っっっっ!!!! (驚爆)

Edit | Reply | 

平助  2006, 06. 17 (Sat) 08:08

おはようございます。
先日はありがとうございましたm(_ _)m
駄マラ、めっちゃみたはりましたね?!
密かに期待してます(笑)

あ~それと今更ですがリンク貼らしてもらってもよろしいでしょうか?
是非ご一考くださいませ。
また遊びにきますm(_ _)m

Edit | Reply | 

ZIGGY  2006, 06. 17 (Sat) 22:05

>yumoさん
スナ“Ⅱ”だったんすネ直しときました。
そかー雄はザク&ガンダム作る人かぁ…じゃyumoさんも作る方向でw
建築:そだ、yumoさん専門家だもんね!
私なんざ最近やっと「ル・コルビュジェの良さ」が判ってきたとこ。でもやっぱ装飾美Love。
日本の街は都市設計から変なんでしょかね?画一的で・かといって効率的でもないのは。

>suuさん
ここにもW杯に一瞬気を取られて0.3バイス折ってしまったダメダメが一人(泣)
深いんじゃなくただの安直坊やかもしれんですよ、ホントあの曲線美には惹きこまれます~。
「怪しい」てゆっか「妖しい」。
何かイケナイものを見たよな感覚になりましたね最初は。

>平助さん
どもども、お疲れ様でした~。
マラはMSV用に「スパイク尖らすヒント」を探してたんですよ実は。でもアレは完成楽しみだウン。

リンクはどーじょ遠慮なく!お気に召した方のバナー持って帰って下さい~!
ついでに復活間近のn,兄に推薦状書いときますww「いー人いるヨ」って!

Edit | Reply | 

平助  2006, 06. 18 (Sun) 00:45

こんばんわ、リンクの件ありがとうございました。
工事完了しておりますので、お手すきな時にご確認下さい。
今後ともヨロシクお願い致しますm(_ _)m

スパイクっすか~富士Ⅱ号とかいっときませんか?
おいらはキャスト棒に変更決定ですけど・・・(^^;)
駄マラ壱号の完成は秋頃になりそうですが完成したらまた覗いて頂けると嬉しいです♪

>推薦状
いや、本間・・・締め切りとかが・・・カンベンして下さい(泣汗)

Edit | Reply | 

ZIGGY  2006, 06. 18 (Sun) 02:36

>平助さん
またまたご丁寧に、ありがとうございました!

スパイクはあんましピンピンに尖ったのは目指してないんすよ、あの長さに惹かれますハイ

推薦状:それはダチョウ倶楽部・上島竜平の「押すなよ、絶対押すなよ!」と同じと思っていいのかなー?w(ダイジョブですって)

Edit | Reply | 

TRACKBACK - 1

この記事へのトラックバック
  •  ミーティング
  • 本日は毎月恒例ファーストエイジミーティング。いつもながらの熱いトークで盛り上がりました。今回もゲストが3人いらしてまして、雰囲気はつかんでもらえたかな、と。作例の
  • 2006.06.15 (Thu) 23:09 | GAAさんのにっきみたいなの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。